借金のノウハウを自分のものにする

>  >

 

借用書なしで友人にお金を貸した場合、契約は成立するか

 

質問

借用書なしで友人にお金を貸した場合、契約は成立する?

 

答え

民法の規定によると、金銭消費貸借契約は『返還の約束』と『金銭の授受』だけで成立しまう。したがって、借用書などの書面がなくても、契約は成立するということになります。

 

債務整理の無料相談はこちら

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

借用書を交わして友人と借金の取引というか、約束事をしても、それは法的に認められてしまうんだね!つまり、口頭だけでの口約束のような形でも、契約は成立してしまうんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

民法の規定によると、金銭消費貸借契約は『返還の約束』と『金銭の授受』だけで成立する。したがって、借用書などの書面がなくても、契約は成立するということになる。

 

借金

そもそも借用書等の契約書が存在するのは、以下の事実が挙げられる。

 

借用書等の契約書が存在する理由
  • 1)後々のトラブルを避ける為
  • 2)トラブルとなった場合に証拠としての価値があるため
  • 3)作成することでお互いの意志が明確に確認できる
  •  

    口約束で行われた金銭の貸し借りの場合、『貸した、借りてない』の水掛け論が行われる可能性があり、だとしたら借用書のような書面があることでそのような事後のラブルを避けることができるわけだ。また、もし争いが発展して裁判となった場合、それら、双方の押印・署名のある書面は有効な証拠となる。

     

    また、借用書があった場合、そこに印鑑を押さなかったら無効になるかというと、そうではない。署名と捺印をするのが基本的な契約書の常識だが、その捺印がなされていなかったとしても、署名さえあれば問題はない。それは、法律上では、『署名』と『記名・捺印』が同等の効力を持っているとみなされているからである。

     

    印紙も同じ。印紙は印紙税法という税法上の義務から貼り付けが義務付けられているものであり、私人間の契約には影響を及ぼさない。しかし、貼っていないよりは貼ってある方がいい。それは捺印に関しても同じことである。

     

    借金

    友人から借金返済を迫られて困る?借用書(契約書)を作成しておこう!

     

    借金

    借金のトラブルに巻き込まれないためにやれること!適切な対処法とは

     

    借金

    借金を踏み倒しても詐欺罪にはならずに逮捕されない?

     

    借金

    借金を踏み倒すよりも任意整理で解決することを考えよう!

     

     

     

    ニワトリ

    とにかく、口約束だけでも契約は成立してしまうんだね!契約成立については、『コンビニでの買い物』をイメージするとわかりやすいよ!あそこで買い物をするとき、別にいちいち契約書を交わさないで、『これください』『ありがとうございました』だけで成立しているよね!

    ぴよ(たしかに)!

    だからそれだけで契約は成立するものなんだけど、やっぱり書面にして取引をした方が何かと『確実』にそれを進められるからね!後々のトラブル防止にもつながってくるし!

    ぴよぴよ(基本は必要ないけど、書面があった方が確実ってことっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 金銭消費貸借契約は借用書などの書面がなくても、契約は成立する。
  • 借用書等の契約書が存在する主な理由は、後々のトラブルを避ける為。
  • 署名と捺印をするのが基本的な契約書の常識だが、その捺印がなされていなかったとしても、署名さえあれば問題はない。
  •  

     

    街角法律相談所│無料借金減額シミュレーター無料相談・申し込み

    街角法律相談所

    街角法律相談所

     

    無料借金減額シミューレーターで全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出し、各社の減額見積もりをサイト上で確認します。

     

    シミューレーター利用者には個々にID/PASSを付与し、マイページにて各事務所とのメッセージのやり取りを含めて自身に最も最適と思われる事務所を選ぶことができます。

     

    エリアに関係なく全国の相談を受け付けており、無料で減額の見積もりを複数社から受け取れるので、サイト訪問者の相談利用は高確率で見込めます。

     

    街角法律相談所

    全国対応。無料相談。匿名相談可能。

     

     

     

    弁護士法人サンク総合法律事務所│債務整理のWEB無料相談・申し込み

    サンク総合法律事務所

     

    借金解決は専門家へ。借金返済や債務整理などは一人で悩んでいてもなかなか答えが見つかりません。

     

    法律的にどのような対応できるかは個人ではなかなかわかりません。一人で抱え込むより法律のプロに相談しましょう。メールで債務整理・借金の相談ができる弁護士法人サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)です。

     

    24h借金に関する無料相談を受け付けています。全国対応で、初期費用も¥0なので、お手持ちがなくても安心してご相談頂けます。

     

    サンク総合法律事務所

    全国対応。24時間無料相談。初期費用0円。

     

     

     

    債務整理・任意整理のWEB無料相談、申し込みなら【弁護士法人天音法律事務所】

    天音法律事務所

    天音法律事務所

    多額の借入れに悩む相談者があとをたたない現状、経験豊富な弁護士の先生が債務案件をご対応頂けます。

     

    何冊も本を出版されるほどのたくさんの知識を持った人見勝行先生だからこそ、言葉巧みに相談者の解決策へと結びつけ高い精度での成果へとつながるようにご対応頂けます。

     

    天音法律事務所

    全国対応。無料相談。初期費用0円。24時間365日受付対応。

     

     

    関連記事

    借金

    どうして人は借金に陥るの?個人と法人の両ケースにて理由を考察

     

    借金

    借金、弁護士費用、生活保護、違法な取り立て。知って得する8つの知識

     

    借金

    借金に陥りやすい人の10の特徴とその改善策を考察する

     

    借金

    全国の司法書士電話番号一覧

     

    借金

    全国の弁護士会電話番号一覧

     

    借金

    全国の法テラス(日本司法支援センター)電話番号一覧

     

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP