借金のノウハウを自分のものにする

> >

 

借金の債務整理(特定調停)

 

債務整理

 

二重ローンの問題を解決する被災ローン減免制度は特定調停が推奨!

特定調停

 

この国は震災大国であり、大陸はあまり地震がありません。それは陸の構造が関係していて、島国である日本は、周りの海底にあるプレートがずれたりすることで地震が発生しやすい場所にあるのです。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の注意点とは?『払い過ぎを戻してもらう場ではない』

特定調停

 

特定調停は手続きと調停本番とを含めて、簡易裁判所に計3、4回は足を運ぶ必要があり、債権者の合意を得られないと調停が不成立となるので、手間と負担がかかります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停のメリットとデメリット(完全版)!

特定調停

 

メリットには、コストが安い、返済をしばらくストップできる。デメリットには、過払い金を必ずしも取り戻すことはできない、などが挙げられることになります。またその他にもメリットとデメリットも、下記に記載しました。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の基礎知識!任意整理との違いは『裁判所を通す』か『通さない』か

特定調停

 

特定調停と任意整理の最も大きな違いは、『裁判所を通す』か『通さない』かにあります。任意整理は文字通り債務者と債権者が任意で行う話し合い。特定調停は、間に裁判所が用意した調停委員を入れて、半ば強制的に交渉をします。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の流れ!(手続や交渉を自分で行う債務整理)

特定調停

 

まず、特定調停の申し立てをすると、取り立てがストップします。その後、第1回調停が行われます。そして、第2回調停が行われます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後にクレジットカードの審査は通らない?

特定調停

 

クレジットカードを作るときには審査をします。審査をして、その顧客情報が真っ白であれば審査に通る可能性は高いといえます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後に支払いができなくなった(返済不能になった)場合はどうなる?

特定調停

 

『支払いをしていく債務整理』で支払いができなくなった場合は、基本的には強制執行となります。期限の利益喪失をし、一括請求を余儀なくされます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後は住宅ローンや車のローンの審査は通らない?

特定調停

 

特定調停の後、住宅ローンや自動車ローンの審査は一定期間通りません。その理由は、特定調停をすることで信用情報機関にブラックリスト登録されるからですね。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停をすれば強制執行を停止できるか?裁判所を通す債務整理

特定調停

 

できます。特定調停には強制執行停止制度があります。これは、特定調停の申し立てとは別で申し立てをする必要があります。『執行停止の申し立て』です。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停が成立するまでにかかる期間とは?裁判所に出向く必要がある?

特定調停

 

東京の裁判所と地方の裁判所では忙しさが違います。したがって、特定調停の手続きにかかる時間は、東京の簡易裁判所:3~5カ月、地方の簡易裁判所:2~3カ月、ということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停はブラックリストに登録される?信用情報機関への影響とは

特定調停

 

特定調停はブラックリストに登録されます。特定調停は、『5年』が平均登録期間だといえます。実際にこの情報が消えるのは『特定調停の申し立てをしてから』ではなく、『弁済額を完済してから5年経ってから消える』のです。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の申し立て書類と手続きの流れのまとめ!

特定調停

 

必要な書類は、申立書(債権者一社ごとに作成)、債権者の商業登記簿謄本、借り入れ明細(契約書、領収書、残高証明書、振込金受領書など)、資産一覧表(不動産、預金通帳など)、などその他にも複数あります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停で出てくる『調停委員会』の役割を解説します!

特定調停

 

調停委員会とは、調停委員が2人と、裁判官という構成が基本ですが、決まりはありません。特定調停を申し立てると、この調停委員会が発足され、彼らが債務者と債権者の間に入って、交渉や書類作成など、様々な仕事をしてくれます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停で調停委員が取り下げを勧めることがある?そのタイミングとは

特定調停

 

債務者にその支払い能力がないと判断された場合は、その他の債務整理を勧めるために、調停委員から特定調停の取り下げを勧められる可能性があります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の必要書類と申し立て費用のまとめ!

特定調停

 

費用は、相手方(債権者)1社なら印紙代500円、切手代420円で済みます。任意整理ならおよそ20万円以上しますから、格安で手続きができます。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理を弁護士に依頼して断られる理由とは?拒否や辞任の実情

特定調停

 

任意整理に限らず、自己破産手続きにおいても弁護士や司法書士に依頼したとき、途中で相手がその仕事を辞任することがあります。それは、債務者が弁護士に非協力的である場合ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理をすると借金の保証人にはどういう影響がある?

特定調停

 

借金をしている人が債務整理をすると、原則として保証人や連帯保証人に影響を及ぼすことになります。ですから場合によっては、保証人も個人再生や自己破産をすることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後にローン(支払い)の繰り上げ返済は可能?

特定調停

 

特定調停後にローンの繰り上げ返済をすることは可能です。任意整理後でも可能ですし、個人再生でも可能です。繰り上げ返済は債務者としてもメリットがあります。元金を減らしていけば、払う利息も減っていくのです。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停はどこの裁判所に申し立てる?管轄裁判所はある?

特定調停

 

特別の定めがある場合を除き、簡易裁判所は『債権者の住所から最も近い簡易裁判所』に申し立てをします。『自分の家から最も近い簡易裁判所』と間違えやすいのですが、原則は債権者の住所を優先します。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停で期限の利益喪失をすると一括請求を余儀なくされる?

特定調停

 

特定調停で作成された調停調書の支払い計画に従えず、支払いを怠ることがあった場合、債務者は期限の利益を喪失します。往々にして遅滞約款には、2回の延滞があった場合において、期限の利益を喪失して一括請求を余儀なくされる旨が記載されます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停スキームとは?~中小企業が利用できる特定調停~

特定調停

 

『特定調停スキーム』とは、概ね『年商20億円以下、負債総額10億円以下の企業』の中小企業の再生を応援する対策として策定されたものです。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停で決定した支払い義務(債務)に時効はある?

特定調停

 

特定調停で決定した支払い義務(債務)に時効はあります。特定調停をした後、その返済義務がなくなるまでにかかる時効は、10年です。この場合、消滅時効が元々5年だった場合でも、特定調停をすれば時効は『そこから数えて10年』になります。

 

 

>>詳細を見る

 

 

 

その他の債務整理

任意整理

任意整理『裁判所を通さずにお互いの話し合いで解決する。利息をカットし、3~5年の分割払いで返済する』

 

民事再生(個人再生)

民事再生(個人再生)『借金を5分の1以上に減額し、住宅ローンがある場合は住宅を処分しないで済む』

 

過払い金請求

過払い金請求『払いすぎた利息がある場合は、それを貸金業者に返金請求できる』

 

自己破産

自己破産『財産のほとんどを処分する代わりに、借金を帳消しにする』

 

お金に関するその他の情報

お金/資産

お金

お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP