借金のノウハウを自分のものにする

> >

 

 

借金の債務整理(任意整理)

 

債務整理

 

任意整理の手続きや流れとは?債務者が準備することや必要な心構え

任意整理

 

任意整理は、裁判所を介さずに行う債務整理です。裁判所を通すとそれだけ手間もかかりますから、それはメリットだと考えることが出来ますね。しかし、それだけに自力で債権者と交渉するのは難易度が高い為、弁護士に依頼して手続きをするのが相場です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理に必要な書類とは?(人によって違うので弁護士に聞くのが早い)

任意整理

 

任意整理には書類が必要になります。しかし、その書類はまず弁護士に依頼した段階で何を用意するかを教えてもらえますので、それに従った方が早いですね。事務所やそのケースによって、自分が何を用意するべきかということは変わってきますから。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で利息を免除してもらうための算出方法

任意整理

 

任意整理のメリットは、元本のみで支払いをすることが可能になること。遅延損害金や将来利息のカットが出来ることが挙げられます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で整理する対象から外す必要がある借金とは

任意整理

 

任意整理の対象になる借金は、全てです。どういうことかというと、債務者が総額で200万円借りていた場合、その200万円全ての借金が整理の対象になるということです。

 

 

>>詳細を見る

 

自動車ローンも任意整理の対象にできる?しないほうがいい?

任意整理

 

住宅ローンも自動車ローンをも任意整理の対象内だという意見がネット上にいくつか書かれています。しかし、私が参考にしている弁護士が書いた本には、『原則として住宅ローンは任意整理が出来ない』と記載してあります。

 

 

>>詳細を見る

 

住宅ローンを任意整理の対象から外すことはできる?

任意整理

 

持ち家を処分されたら困りますよね。住宅ローンを任意整理すると、抵当権によって持ち家を処分されてしまうことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を申し出た時の借入先の対応とは?

任意整理

 

任意整理とは例えば、A社:(低利)、B社:(低利)、C社:(低利)、D社:(高利)、とあった場合に、高金利のD社だけを整理して、全体的な支払いが楽になるようにする債務整理のことです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を弁護士に依頼して拒否される場合や、応じない貸金業者への対応策とは?

任意整理

 

任意整理を弁護士に依頼したのにそれを拒否される場合があるとしたら、それはどんなケースでしょうか。債務整理は弁護士にとってもお金になりますからね。それをわざわざ突っぱねるなんて、よほどの理由があると考えることができます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理ができない債務者とは返済能力がない人!その他の理由+5

任意整理

 

この最低条件に当てはまらない場合は任意整理は向いていないことになりますね。給料がなかったり、年収300万円の人が500万円の借金をしていた場合は、任意整理は出来ないことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理ができない場合はどうしたらいい?貸金業者との和解について

任意整理

 

事情によって任意整理が出来ない場合があります。しかし、これらのことを考えた上で見えて来るのは、業者が任意整理での和解に応じないのは、単純に『損をするから』ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を弁護士や司法書士に依頼する場合の費用の相場とは

任意整理

 

意整理を弁護士や司法書士に依頼する場合には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。まず最初に覚えたいのは、弁護士費用というものは基本的に3つあり、着手金、事務所経費、成功報酬、に分かれているということです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で利息をカットしてもらい分割払いをするためには和解書(合意書)が必要

任意整理

 

例えば、A社:100万円、B社:100万円、C社:100万円、D社:100万円(高利)、と借金があった場合、高利のD社だけ、交渉によって利息をカットしてもらいたいと考えて、弁護士等に依頼してそれをD社に交渉します。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理はブラックリストに載る?

任意整理

 

任意整理でブラックリストに載ることはありません。何しろ、『ブラックリスト』自体が存在しないからです。わかりづらいですね。他の人達はわかりやすくブラックリストの名前を使っていますので、ここでもそう記載しましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理後に一括返済の請求をされたらどう対応すればいい?

任意整理

 

任意整理後に一括返済の請求をされたら、どのように対応すればいいのでしょうか。それは、単純に、お金がある→応じる、お金がない→応じない、ということになりますね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の途中で一括返済する理由とは

任意整理

 

債権者にしてみると一括返済の方が安心だし都合がいいので、最初に一括返済を選ぶと負債額を1〜3割程度減額してくれることがあります。しかし後者の場合は注意が必要です。必ず弁護士に相談してから一括返済をしましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の返済期間を設定するときは条件を守る必要がある

任意整理

 

任意整理というのは大体3~5年で分割して返済していく債務整理です。36~60ヵ月ですね。そして、利息をカットしてもらうことになります。その利息というのは、経過利息、将来利息、損害遅延金(延滞利息)、の3つですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の支払いは領収証が発行される?

任意整理

 

任意整理をして分割払いにしてもらう約束をすれば、その後その支払いをしていきます。その際、支払う方法は様々です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の和解成立後、もう一回任意整理できる?

任意整理

 

任意整理をすると、債務者が債権者に対して3~5年ほどの分割払いを要求することになります。そして、往々にして利息をカットしてもらいます。それは結構債権者からしたら面倒なことですよね。

 

 

>>詳細を見る

 

一部の債権者だけを任意整理することは出来る?

任意整理

 

そもそも借金の一部を免除にしてもらう債務整理が、『任意整理』の特徴です。自己破産となるとそれが出来ないのです。自己破産は『債権者平等の原則』に重きを置きますから、それは許されません。

 

 

>>詳細を見る

 

生活保護受給中に任意整理はできる?

任意整理

 

生活保護のお金で借金を返済することはできません。生活保護は、大勢の生活に困っている人のためにある制度ですので、一人に割り振られるお金はなるべく少ない方がいいわけです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理ができるかできないかの判断基準とは?

任意整理

 

任意整理ができるかできないかの選択、判断基準を考える前に、まず第一に『今回のケースは他の債務整理と比べて任意整理が適しているかどうか』について考えることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理事件処理の規律を定める規程。過払金返還請求のつまみ食いについて

任意整理

 

過払い金返還請求は、利益が大きいビジネスです。そのため、弁護士の中に『過払い金だけを引き受ける』という、『つまみ食い』のようなことをする者が現れました。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の弁護士依頼費用の相場とは

任意整理

 

その過払い金ビジネスが間違った方向に向かってしまっていた動きがありました。そこで、日本弁護士連合会が報酬の規制を設けたんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

家族・友人・同僚などに内緒で任意整理できる?

任意整理

 

家族や身内に内緒で任意整理は出来ます。まずはこれが基本的な考え方です。しかし、状況によってはばれてしまうこともあるので、一つ一つ考えていきましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をすると賃貸物件から追い出される?引っ越しはできる?

任意整理

 

任意整理をしても基本的にはそれが原因で賃貸物件から追い出されることはありませんし、引っ越しも出来ます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理が債務整理の中で人気の選択肢である理由

任意整理

 

債務整理で一番人気があるのは何?任意整理です。一番最初に考える債務整理であり、裁判所を通さないため、色々と敷居が低いのが理由です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の返済計画作成ポイント

任意整理

 

任意整理を成立させるためには、和解案を作成する必要があります。その和解案を債権者に提出し、合意してもらえれば任意整理は成立するということです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で利息の引き直し計算をし、過払い金の有無を確認して返還請求!

任意整理

 

2006年に最高裁判所において、『グレーゾーン金利』による過払いの返金を求める判決が出て、『過払い請求』という債務整理が常識となりました。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をして弁護士が受任通知を債権者に送付すると、督促は停止する?

任意整理

 

任意整理をして弁護士が受任通知を債権者に送付すると、督促は停止します。法律で定められているんですね。それ以降の督促は出来ないことになっています。

 

 

>>詳細を見る

 

クレジットカードのショッピングリボ払いを任意整理できる?

任意整理

 

クレジットカードのショッピングリボ払いを任意整理することはできます。というか、任意整理は全ての借金が対応ですからね。ショッピングリボ払いだろうが闇金融だろうが、全ての債務を整理することができます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の後にお金に困ったら緊急小口融資が役に立つ

任意整理

 

任意整理をしたら、ブラック情報扱いされます。そうなると、5年以上は新たな借金が出来ないし、クレジットカードも作れません。それは当然ですね。債権者側になってみればわかることです。

 

 

>>詳細を見る

 

弁護士会が定めた任意整理の基準となる全国統一基準とは

任意整理

 

弁護士に依頼して任意整理をするといっても、様々な状況が考えられます。弁護士は山ほどいますからね。債務者も山ほどいます。債権者も山ほどいます。すると必然的に任意整理の数も山ほどあるということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で行える弁護士の積立金制度の仕組みとは

任意整理

 

弁護士や司法書士によっては、『積立金』といった保証システムのような制度を導入しています。これを利用することによって、様々なメリットが得られることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理にかかる弁護士費用の支払いを延滞するとどうなる?

任意整理

 

任意整理をする際には弁護士費用がかかります。タダでやってくれるわけではありませんからね。しかし、お金がないから債務整理をするのに、そこでお金がかかってしまうのは、普通に考えるとちょっとヘンですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の手続きにかかる時間・期間はどのくらい?

任意整理

 

任意整理の手続きにかかる時間は、3~6カ月くらいです。早ければ3か月というイメージですね。任意整理の手順はこうです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理における貸金業者への取引履歴の開示請求方法とは

任意整理

 

『業者への取引履歴の開示請求』についてですね。債務者が債権者から、いつ、いくら借りたのか、いつ、いくら返したのかなどの取引の経過のすべてを記録した、取引履歴です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の分割返済は何回まで可能?

任意整理

 

任意整理の分割返済は何回まで可能?原則は36回です。最大なら今まで、7年(84回払い)という分割払いが認められたことがあります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を依頼して弁護士に断られるケースとは?

任意整理

 

任意整理に限らず、自己破産手続きにおいても弁護士や司法書士に依頼したとき、途中で相手がその仕事を辞任することがあります。それは、債務者が弁護士に非協力的である場合ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で借金が減らない場合はある?

任意整理

 

任意整理をしても借金が減らないなら、任意整理をしても意味がありません。借金を減らすために債務整理をしたいわけですからね。その場合はこういう理由が考えられます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で強制執行は止められる?

任意整理

 

まず、強制執行について考えてみましょう。以下で考えるのは債権者側から見た強制執行の存在。『お金を貸した人が借りた人からお金を返してもらえない場合、訴訟を起こして勝訴判決を貰ったのに、相手がお金を払ってくれない場合』です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理は無職や無収入の人でもできる?

任意整理

 

任意整理は無職、無収入の人に向いているでしょうか。答えは、Noです。任意整理は基本的に、収入がある人しかできない債務整理です。次を見れば一発でわかります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理はアルバイトやパートでもできる?

任意整理

 

任意整理はアルバイトやパートでも出来るでしょうか。答えは、Yesです。任意整理というのは一定の収入があれば出来る可能性が高い債務整理です。

 

 

>>詳細を見る

 

農家で働く人に適した債務整理は任意整理?

任意整理

 

農家で働く人が借金をしていて、その返済に困ったらどんな債務整理をすればいいでしょうか。債務整理は、任意整理、民事再生(個人再生)、特定調停、過払い金請求、自己破産とありますが、この中でどの債務整理が一番適しているか、ということですね。

 

 

>>詳細を見る

 

高齢者や年金受給者も任意整理が出来る?

任意整理

 

高齢者や年金受給者も任意整理が出来るでしょうか。答えは、Yesです。任意整理は、高齢者だから出来ないとか、年金受給者だから出来ないということではないんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で債権者を選ぶことは偏波弁済になる?ならない?

任意整理

 

例えば、A社:高利、B社:クレジットカード会社、C社:担保あり(自動車ローン)、D社、であった場合、A社だけが金利が高いので、これを整理したいと考えた時、任意整理をすればそれが可能になるということです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理に年齢制限はある?

任意整理

 

年齢制限はありません。いくつであっても任意整理をすることができます。しかし、10歳の子供は借金をしませんからね。したとしても未成年の場合は保護者がその責任を負うことが多いですから、下は18歳、上は100歳ぐらいでしょうかね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をすれば滞納している税金もカットできる?できない?

任意整理

 

任意整理では借金を整理することができます。主に、利息のカット、元金の3~5年の分割払い、をメインにした整理方法です。借金が全部なくなるわけではありませんし、元金だけはきちんと返していくということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

パチンコや競馬等のギャンブルが原因での借金は任意整理できる?

任意整理

 

パチンコや競馬等のギャンブルで借金をした場合、任意整理でそれを整理することはできるでしょうか。一見するとできなさそうですね。借金の動機が不純ですからね。しかしその答えは、Yesです。つまり、『任意整理できる』ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をしても口座を新規開設することはできる?

任意整理

 

任意整理をしても口座を新規開設することはできます。ただし、その銀行口座が『任意整理の対象外』だった場合に限ります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を面談なしで引き受ける弁護士は危険!

任意整理

 

任意整理を含めた債務整理を弁護士や司法書士に依頼するとき、必ず面談をします。というか、しないのはおかしいですよね。しっかりとした話し合いをせずに取引してしまうなんて、どうかしてますね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をした後に起業することはできる?

任意整理

 

任意整理をした後でも起業は出来ます。『任意整理した人は起業できない』という法律はありません。その他の債務整理とて同じことです。ですから、たとえ自己破産をしたとしても起業は出来るんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をすれば闇金融からの借金を解決できる?

任意整理

 

闇金融からの借金を任意整理で解決しようとしている人がいるのであれば、ご安心ください。闇金融の借金というのは、そもそも支払う必要がありません。闇金融は違法業者ですからね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で奨学金を対象にすることはできる?返済はどうなる?

任意整理

 

任意整理で奨学金を対象にすることはできます。しかし、奨学金を対象にすると、ブラックリストに載ります。奨学金という制度は、日本学生支援機構(JASSO)が貸付を行っていいます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の返済期間中に新規借入はできる?

任意整理

 

任意整理の返済期間中に、新しく借り入れは出来ます。しかししない方がいいですし、しないことを原則として考えるべきですね。まず、任意整理をする際にたくさん考えたはずですからね。

 

 

>>詳細を見る

 

主婦が家族に内緒で借金を整理したい?それなら自己破産よりも任意整理!

任意整理

 

そうなると任意整理が一番可能性があります。任意整理は、この債務整理の中で唯一『裁判所を通さない債務整理』ですから、手続きが簡単で、周囲の人にばれにくい特徴があります。

 

 

>>詳細を見る

 

クレジットカードの支払いは任意整理できる?自己破産した方がいいケースとは

任意整理

 

クレジットカードにはリボ払いという少し複雑な支払方法があります。一見すると便利でお手軽なのですが、実は安易に考えてしまうのは危険であり、リスクもあることを知りましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理に免責はある?自己破産との違いは『支払う』かどうか

任意整理

 

少しでも借金が減るなら、それは免責であるということになってしまいます。そうすると、任意整理でもその他の債務整理でも、『免責がある』と表現することになってしまいますね。

 

 

>>詳細を見る

 

借金の督促を無視していても任意整理は可能?

任意整理

 

借金の支払いが滞ると、督促や取り立てが始まります。その際、違法な取り立ては通常ではありえませんので安心です。しかし、中にはそういうケースもあるでしょう。闇金融や暴力団から借りているケースも『借金』のひとくくりで考えますからね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の返済が困難になった!支払えないと無効になります…

任意整理

 

任意整理で利息カットと分割払いの約束をして和解をしたのに、その和解案通りに支払いができなくなると、任意整理は無効になります。無効になると、せっかく任意整理によって定めたことがすべて無駄になります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をしても借金を繰り返す人が読むべき記事!債務整理はその場しのぎ

任意整理

 

借金の返済が滞り、任意整理をする決意が固まり、依頼できる弁護士も見つかって、ようやく債権者と和解できて、督促も止まって、利息をカットしてもらって、3年の分割払いで元金だけを支払っていくことに決まった。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理は途中で取り消しできる!その場合、着手金や信用情報は?

任意整理

 

任意整理をすると決めて弁護士に依頼し、話を進めている中で、途中で任意整理をやめたくなった場合、それは可能です。しかし、進行具合によっては問題は複雑化するでしょう。それはどんなことでも同じですね。

 

 

>>詳細を見る

 

借金を踏み倒すよりも任意整理で解決することを考えよう!

任意整理

 

借金を踏み倒すことはできます。借金の踏み倒し行為は『民事事件』なので、借金の踏み倒し行為をすることで、逮捕されることはありません。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理は年収はいくらあればできる?低くても可能?

任意整理

 

毎月一定の収入がない人は任意整理はできません。3~5年の分割払いで返済していくわけですから、その間に収入が途絶えるなら、任意整理はできないということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

 

 

その他の債務整理

民事再生(個人再生)

民事再生(個人再生)『借金を5分の1以上に減額し、住宅ローンがある場合は住宅を処分しないで済む』

 

特定調停

特定調停『裁判所を通した任意整理。費用が格安で、手続きに負担がかかる』

 

過払い金請求

過払い金請求『払いすぎた利息がある場合は、それを貸金業者に返金請求できる』

 

自己破産

自己破産『財産のほとんどを処分する代わりに、借金を帳消しにする』

 

お金に関するその他の情報

お金/資産

お金

お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP