借金のノウハウを自分のものにする

> >

 

借金の債務整理(民事再生・個人再生)

 

債務整理

 

個人再生にかかる費用はいくら?弁護士報酬や裁判費用の相場

民事再生

 

そんな個人再生にかかる費用は、相場があります。しかし、自動販売機のドリンクのように、一律150円という風に決まっているわけではありません。それぞれの弁護士事務所によって料金体制は異なってくるということですね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の住宅ローン特則。不動産の時価評価額が高いなら任意売却をしたほうがいい?

民事再生

 

個人再生には、小規模個人再生、給与所得者等の再生、があり、いずれも債務の弁済率と分割払いの方法を定めた再生計画案を作成して裁判所の認可を得る手続きです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生における住宅ローン特則の返済方法!住宅ローンの巻き戻しでリセット

民事再生

 

住宅ローンを3ヶ月以上滞納すると、通常、保証会社に代位弁済されて債権者が保証会社に移行します。しかし、個人再生の住宅ローン特則を利用すれば、保証会社の代位弁済前の状態にまで『巻き戻す』ことができます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の対象から外せる別除権協定!合意がない場合は担保権消滅!

民事再生

 

まず考えるのは自己破産における『偏頗弁済』と『債権者平等の原則』です。偏頗弁済(へんぱべんさい)というのは、『えこひいき』のようなものです。自己破産の際に出て来る考え方です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の住宅ローン特則(住宅資金特別条項)ならマイホームを残すことができる?

民事再生

 

個人再生は住宅を残したい人にとってはとても便利な債務整理となっているわけです。自己破産になると住宅を処分することになりますからね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生は棄却・廃止・不認可・取消によって失敗することもある

民事再生

 

個人再生を申し立てても棄却される。つまり、個人再生が失敗してしまう理由はいくつかあります。それはまず、個人再生の基礎を押さえていないことが原因であることがほとんどです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生委員への報酬はいくら?何をする人なの?

民事再生

 

大阪地裁や横浜地裁は弁護士に依頼した場合には、個人再生委員が選任されませんが、基本的には個人再生委員は自己破産における『破産管財人』のような立ち位置に居る人であり、『いたほうがいい人』ということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生のメリットとデメリットとは?

民事再生

 

個人再生のメリットやデメリットについては、下記の記事と合わせて確認していきましょう。基本的な部分はすべて下記の記事にわかりやすく簡潔に書きました。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生手続きの流れ(弁護士に委任し個人再生委員を選任する)

民事再生

 

個人再生手続きの流れを簡潔にまとめます。このページではあれこれと複雑に書くよりも、簡潔に書いた方がいいはずです。またここでは、弁護士に依頼する場合で考えてみます。

 

 

>>詳細を見る

 

小規模個人再生で再生計画案が否決される理由は?債権者の同意を得よ!

民事再生

 

再生計画案は、債権者の同意が得られるような再生計画案を考えることが大前提となります。債権者寄りの計画案が立てられてない場合、否決される可能性があります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の最低弁済額、清算価値保障、可処分所得の算出について

民事再生

 

清算価値の保証は、『売ってお金になる物』がある場合は、それを全て売ったときにできるお金よりも、高いお金を債権者に支払う必要があるというルールです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の基礎知識を知ろう!借金が大幅に減額でき資産も残せるのが特徴!

民事再生

 

個人再生なら借金を大幅に減額でき、資産も残せる可能性が高いと言えます。何しろ、『そういう債務整理』だからです。それでは、その他の債務整理の特徴を見てみましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

『小規模個人再生』と『給与所得者等再生』。それぞれのやり方とは

民事再生

 

小規模個人再生の場合、最低弁済額基準、清算価値、のうちどちらか高い金額を支払う必要があり、債権者の過半数以上、あるいは債権額の過半数の借入先が反対した場合は不認可となります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の平均返済期間と最長弁済期間はどれくらい?

民事再生

 

個人再生の返済期間は3年が原則です。そして特例として、2年の延長が認められ、5年が最長弁済期間ということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすると連帯保証人はどうなる?同じように借金は減額される?

民事再生

 

債務者が個人再生をしても連帯保証人には支払い義務が残ります。基本的に、任意整理、特定調停、自己破産、どの債務整理でも主債務者が債務整理をしても、保証人の責任は何ら変わることはないので注意が必要です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生はアルバイトやパートでも申請できる?

民事再生

 

サラリーマンやパートタイマーのほか、年金生活者でも利用することができます。個人再生で求められるのは『継続的な収入』です。ですから、逆に正社員であっても継続的な収入がないなら個人再生は出来ないという考え方になります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすれば離婚後の慰謝料や養育費はどうなる?減額の対象?

民事再生

 

個人再生ではあらゆる『借金』を減額することができます。しかし、慰謝料や養育費は『借金』ではなく、『支払い義務』です。や慰謝料は、『共益債権』であり、『非減免責権』。つまり、減額されずに支払い義務は残ります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の開始決定前に提起された訴訟の中断について

民事再生

 

個人再生を行うと、債権者はもう取り立て行為は出来ません。督促をしてしまうことは違反行為となります。弁護士からの受任通知が送られれば、もう債権者はその様な行為が出来ないんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生に必要な書類、提出書類一覧

民事再生

 

個人再生に必要な書類については、様々なサイトに掲載されていますが、それぞれで指定している内容が違います。ですから、ここでまた違うことを書いても、見ている人からすれば、一体どれが正しい情報なの?と思ってしまうことでしょう。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で団体信用生命保険はどうなる?

民事再生

 

団体信用生命保険(団信)は、住宅ローンを借り入れている人が亡くなったり高度障害になった時に、生命保険会社がローン残高を保障してくれる保険です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生なら生命保険は解約?自動車・火災保険の解約返戻金は?

民事再生

 

任意整理や個人再生になると、換価20万円以下の財産を売る必要があるとか、そういう強制はありません。ですから保険を解約しなければならないということはありません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生でのリフォームローンの扱いは?住宅ローンと同じ?

民事再生

 

文字通りリフォームするためのお金をローンで支払うということですね。家をリフォームするということはよくあることです。それを一括で支払うならいいのですが、ローンを組んで支払うなら、それはリフォームローンと呼ぶことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすると官報に掲載される?

民事再生

 

個人再生をすることはメリットがあります。大きく分けると、借金を大幅に減額できる、住宅を手放さずに借金を返済できる、住宅以外の財産も処分しないで済む、ということが挙げられます。これはその他の債務整理である、

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の申立書・陳述書の書き方

民事再生

 

大事なのは、もう二度と個人再生をしないことです。誠実な人間には結果が伴います。ここまで考えたあと、陳述書と向き合ってみてください。きっと素晴らしい陳述書を書くことができます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で減額できない共益債権や一般優先債権とは?

民事再生

 

慰謝料や養育費などがこの共益債権にあたる債権ということになりますね。その記事にも書いた様に、例えば自己破産には『非免責債権』、つまり『それは自己破産後も支払い続ける必要があるよ』というものがあり、

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生に必要な財産目録の作り方

民事再生

 

財産目録とは、所有する財産の一覧表です。この財産目録があれば、債務者がどれくらいの財産を持っていて、どれくらいこの個人再生で支払っていけばいいかがわかるわけです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生に必要な印紙は?手数料はいくらかかる?

民事再生

 

申し立て手数料(貼付印紙額)1万円が必要です。また、裁判所予納金 11,928円がかかります。その他、郵便切手や個人再生委員への報酬などがあります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で『異議の留保』にチェックが必要!?一般異議申述期間とは?

民事再生

 

債権者一覧表に、異議の留保についてのチェックボックスがありますので、ここにチェックをすると、債務者は『債権者からの異議に対する異議の申し立て』が出来ます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の評価申立てとは?

民事再生

 

債務者は個人再生の際、申立書と同時に債権者一覧表を提出します。債権者はそこに記載された『支払う金額』に不満があれば、債権届出期間の間に再生債権届出書を提出して異議を申し立てることができます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすると決めた場合、手続き前に借入をしてはいけないのか

民事再生

 

個人再生の直前に借り入れをすることは基本的には認められません。最悪の場合詐欺再生罪となり、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をする前に車や不動産を譲渡したり名義変更をするとどうなる?

民事再生

 

そもそも、なぜ個人再生前にそれを行う必要があったのか。ということが追及されます。もし、資産隠しの意味合いでそれをしていた場合は詐欺再生罪となり、そうなると最悪の場合、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生後に支払い期間を延長したり再生計画を変更することはできる?

民事再生

 

もし、再生計画の認可決定後に、やむを得ない理由でその再生計画通りに返済が出来そうもないと判断された場合は、その旨を裁判所に申し立てることで再生計画の変更が可能です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の債権者一覧表で債権者漏れが発覚した場合はどうなる?

民事再生

 

もし故意に『債権者隠し』をしてしまった場合、『虚偽の申告』に該当するため、最悪の場合、詐欺再生罪として十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生におけるハードシップ免責とは?

民事再生

 

個人再生の支払いで返済不能になった場合、すでに4分の3を支払っていた場合なら、わざわざ自己破産をしなくても、残りの4分の1を免除してもらえる制度です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の書面決議で債権者に反対された場合の対処法とは?

民事再生

 

個人再生をしようとしたとき、まともな再生計画案を立てれば普通は同意を得られます。もし通らない場合は、小規模個人再生から給与所得者等再生手続きに切り替えた方がいいということもあります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生後に再生計画の支払いが遅れたらどうなる?

民事再生

 

個人再生をすると、借金を大幅に減額できます。例えば500万円なら100万円になります。これはざっと計算し過ぎですけどね。しかし、大体そうなります。更に詳しく考える場合は以下の記事を見る必要があります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の再生計画認可後に2回目の再申立てはできる?

民事再生

 

個人再生の二度目の再申し立てはできるでしょうか。つまり、個人再生を申し立てる、手続きが無事に終了し、支払っている途中でもう一度申し立てる、ということですね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生手続きの後にお金ができたら一括返済や繰り上げ返済はできる?

民事再生

 

個人再生で手続きを進めるとなると、往々にして3年で返済していく形になるわけですが、では、もし途中で『お金が用意出来た』として、一括返済や繰り上げ返済をすることはできるのでしょうか。

 

 

>>詳細を見る

 

給与所得者等再生では『可処分所得』を考慮!その計算方法とは

民事再生

 

給与所得者等再生手続きの場合は、最低弁済額基準、清算価値、可処分所得の2年分、の3つの内で、最も高い金額を返済しなければなりません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をした後に自己破産手続きへ移行することはできる?

民事再生

 

可能です。個人再生が失敗したら、むしろ自己破産しかありません。ただし、もし支払いが4分の3終わっていた場合は、自己破産をせずとも、ハードシップ免責によって残りの4分の1の借金を免責にすることができる可能性があります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生は無職や生活保護の受給者でも申請できる?

民事再生

 

個人再生は支払いをしていく債務整理です。したがって無職であっても『年金生活者』であれば受けることは可能ですが、収入がなければ個人再生はできません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で減免されない非減免債権とは?減額されない支払いがある?

民事再生

 

非減免債権とは、減額されない債権のことです。例えば、養育費や損害賠償請求権(慰謝料)等は、『非減免責権』として扱われることになり、個人再生が認められても、これらの支払いを減額することはできません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人事業主の個人再生基本知識!売掛金と買掛金の扱いはどうなる?

民事再生

 

売掛金は財産ですから、清算価値に計上します。買掛金はその逆で債権ですから、他の債権者の債権と同様に計算していくことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生手続きで給与差押えを中止させる方法は?取り消し以外の選択肢

民事再生

 

個人再生をすると、給与の差押を中止にしたり取り消したりすることができます。個人再生でも任意整理でも、弁護士が介入して、そしてその受任通知を債権者に送った場合は債権者は督促や取り立て行為を行ってはならないということになっています。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で家賃の滞納や水道光熱費の支払いは減額される?

民事再生

 

個人再生における家賃の滞納は減額の対象になります。しかし、そうなることによって、賃貸物件の契約を解約させられることになる可能性があります。また、水道光熱費は一般優先債権となりますので、減額されません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で裁判所から担保権消滅の許可を得るとどうなる?

民事再生

 

個人再生では、住宅ローン特則と同じような考え方で、担保となっている物件を守れるような配慮がなされています。その財産相当の金額を裁判所に納付して裁判所の許可を得れば、その財産に付いた抵当権を抹消することができます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生では相続放棄と分割協議のどちらが有効?

民事再生

 

『相続放棄のような身分行為については否認対象にはならない』という最高裁の判決が出ています。 しかし、遺産分割協議は『相続することを受け入れた』と判断されるため、これは相続放棄ではなく、身分行為ではないと判断されます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生での詐害行為取消権は行使できないが、否認権なら行使できる?

民事再生

 

債務整理における詐害行為とは、『債権者を害する(損をさせる)目的で自分の財産などを不当に減らす行為』のことを言います。例えば自己破産における詐害行為は、下記のようなものが挙げられます。

 

 

>>詳細を見る

 

借金(債務額)が5,000万円以上ある場合は個人再生できないのか

民事再生

 

できません。住宅ローンを除いた負債額が5,000万円を超えないことが個人再生の条件です。債務額が5,000万円を超えている場合は、通常の民事再生か自己破産を検討しましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

警備員は個人再生や任意整理で借金が減らせる?

民事再生

 

減らせます。自己破産と違って資格制限はなく、警備員であっても個人再生や任意整理は受けられますし、仕事も続けられますので安心です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で滞納している税金や保険料も減額される?

民事再生

 

減額されません。税金や保険料は一般優先債権として数えられます。一般優先債権や非減免責権は個人再生によって減額されません。

 

 

>>詳細を見る

 

 

 

その他の債務整理

任意整理

任意整理『裁判所を通さずにお互いの話し合いで解決する。利息をカットし、3~5年の分割払いで返済する』

 

特定調停

特定調停『裁判所を通した任意整理。費用が格安で、手続きに負担がかかる』

 

過払い金請求

過払い金請求『払いすぎた利息がある場合は、それを貸金業者に返金請求できる』

 

自己破産

自己破産『財産のほとんどを処分する代わりに、借金を帳消しにする』

 

お金に関するその他の情報

お金/資産

お金

お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP