借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

治安は良くても人が借金苦に陥れば強盗犯罪は起きる。その予防と対策は

 

一般的に、日本は治安の良い国といわれています。そのため安心して、毎日暮らしている方も多いのではないでしょうか。しかし諸外国と同じように毎日のように犯罪は起こっていますので、いつも頭に中に入れておく必要があります。

 

借金

 

目次

 

  • 1:交通事故
  • 2:身近な事件です
  • 3:住宅への侵入
  • 4:住宅への侵入対策
  •  

    目次

     

     

    交通事故

    毎日様々な犯罪が起こっていますが、罪が軽いもの、重いもの様々です。罪が重いと最悪刑務所へ入る可能性もありますので、十分注意する必要があります。私たちの日常生活でも、毎日様々なことが起こっています。身近なこととしてすぐに思いつくのが、交通事故ではないでしょうか。

     

    借金

     

    車同士の事故、車と人との接触事故、バイクと自転車、バイクと人など、交通事故はいつ起きても不思議ではありません。これだけ多く車やバイクがあれば、私たちも事故に巻き込まれる可能性は十分にあります。交通事故の場合でも交通刑務所に入る可能性がありますので、日頃から注意しておきたいものです。

     

    このような交通事故は自分がいくら注意していても、相手の事故に巻き込まれることがあります。そのため外出する時は、その点についても十分考慮しておくことが大切です。自分が注意することはもちろん、相手の事故に巻き込まれないよう、常に周囲を意識しておいてください。

     

    また毎日車を運転する方は、運転に注意することはもちろん周囲をいつも気遣うようにしてください。事故防止の意識をいつも持つことで、大きな事故を防ぐことができます。交通事故の防止も大切ですが、その他にも大きな犯罪があります。その中の一つが強盗です。

     

     

    身近な事件です

    重大な犯罪の一つとして、刑法には236条、238条、239条に強盗の規定をしています。

     

    暴行や脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、5年以上の有期懲役に処する

     

    旨の規定があります。その他にも、窃盗で財物を取り返されるのを防止するため、また逮捕を免れたり罪跡を隠滅したりするために暴行や脅迫を行った者、そして人を昏酔させて財物を盗取した者も同様に規定があります。その他にも類似の規定がありますが、暴行や脅迫すると罪に問われますので気を付けてください。

     

    借金

     

    警察庁の犯罪情勢資料を見てみると、民家侵入の認知件数は平成10年以降急激に増加しています。そして平成15年には2,865件に達し、平成9年と比べて約2.9倍増加しました。それ以後5年連続して数は減少しましたが、平成21年の世界恐慌以来、失業者の増加などによってさらに急増してきています。それ以降も増減はありましたが、最近の認知件数は多い時と比べて減ってきているようです。

     

    また日本人だけでなく、来日外国人の検挙件数が多いのも特徴です。実際に刑務所に収監される人も増えています。日本には毎年多くの外国人が訪れていますが、それに伴って警察での検挙数が増えているのも見逃せません。この傾向は最近も同じで、予断を許さない状況が続いているといえます。被害を防ぐには戸締りをしっかり行い、危ないところには出歩かないようにすることです。

     

    借金

     

    また単独行動は避け、家族や友人など、なるべく多くの人たちと外出するようにしてください。特に女性は、深夜など暗い夜道を一人で歩いていると、被害に遭う可能性がありますので注意してください。様々なところで事件は起きていますが、ニュースなどで報道されるのがコンビニエンスストアです。コンビニエンスストアでの事件は深夜によくありますが、最近は日中にも起こっています。コンビニエンスストアで仕事をしている方、またお客として訪れた時にトラブルに巻き込まれることがあります。

     

    借金

     

    そしてコンビニ以外でよく耳にするのが銀行です。銀行には毎日多くの人たちが訪れていますので、用事で出かける時はいつも頭の中に入れておくと良いでしょう。そして何かあったらすぐに警察に連絡して、対処してもらうようにしてください。

     

     

    住宅への侵入

    強盗で多いのは、住宅への侵入です。住宅への侵入は、全体件数のおよそ22%にもなります。自宅に多額のお金を置いていたり、金庫などを設置していたりすると、すぐに狙われます。またそのことを外部に漏らすと、知らないうちに犯罪者の耳に伝わることがありますので注意してください。

     

    借金

     

    住宅への侵入は、大きく分けて次の3つに分類できます。まず「上がり込み」です。上がり込みは昼間、また夜間、被害者が起きている時に起こる事件です。特に夏場などは家を開けっ放しにするところも多いので、気を付けてもらいたいものです。また夜も狙われやすいので、戸締りを忘れないようにしてください。事件に巻き込まれたら、早急に警察に連絡して指示を仰いでください。

     

    次に「押入り」です。押入りは夜間に家人が就寝している時などに侵入して、金品を強奪する事件です。夜中に寝ている時に起こりますので、被害が大きくなる可能性があります。また家族が多いとさらに被害者が増えますので、こちらも家の戸締りをしっかり行うようにしてください。押入りはとっさのことでパニック状態に陥りやすいので、冷静に判断することが大切です。

     

    そして「居直り」です。居直りは、留守宅に金品強奪目的で侵入した後、帰宅者と鉢合わせになって起こる事件です。居直りに鉢合わせると、被害が膨らむことも考えられます。この場合、最初は窃盗の目的だったのが、徐々に強奪に変わりますので慎重に対処する必要があります。当初の計画が突然に変わってしまうことで、侵入者は極度の緊張状態に変わります。

     

    そのため当初の目的であった金品以外に、家人の身体にまで危害を加えられる可能性がありとても危険です。特に最近多い侵入窃盗犯は凶悪で、武器も持っていますので注意してください。

     

    借金

     

     

    住宅への侵入対策

    強盗は住宅への侵入が多いですが、住宅へ侵入されると家族の命も危険にさらされます。そのため、家族全員がさらされる危害を未然に防ぐ必要が出てきます。危害を未然に防ぐためには、夜間はもちろんのことですが、日中たとえ在宅していてもしっかり施錠するなど、厳重な戸締りが必要です。

     

    また可能であれば、セキュリティを強化してください。簡単に家の中に侵入されないことが大切ですので、ホームセキュリティ導入するのも一つの方法です。警備会社などでは最新のホームセキュリティを用意していますので、一度確認しておくと良いでしょう。様々なセキュリティがありますが、「在宅警備」が可能なホームセキュリティがおすすめです。部分警戒や部分解除が可能なホームセキュリティであれば、たとえ家族が在宅していても、侵入者を検知してすぐに警備会社に連絡してくれます。

     

    借金

     

    また外出していても、家の様子をスマートフォンやタブレット端末などで簡単に把握できますので、安心して生活できます。一戸建て、マンション、アパートなどによってホームセキュリティの種類は異なりますので、一度警備会社などに確認しておくと良いでしょう。

     

    そして、ワイヤレス非常遠隔通報システムもおすすめです。ワイヤレスタイプであれば、在宅中の来訪者をどこにいても確認できます。インターホン越しで対応したり、ドアを開ける前にドアスコープで確認したりなど、侵入者を事前に防ぐことができます。最近は宅配業者などを装った侵入も増えていますので、簡単にドアを開けずに、まず社員証などで確認するようにしてください。

     

    借金

     

    日本も諸外国と同じように、毎日多くの事件が発生しています。このような事件を未然に防止するには、日頃からの心がけも必要です。事件に巻き込まれることがないよう、しっかり対策を行ってください。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    借金体質は改善できる!借金苦で悩む人が観るべき4つの肝心な話

     

    借金

    借金がらみで人はいつでも加害者・被害者になるリスクを持っている

     

    借金

    安易な転職で給料が下がり、借金生活をするようになった人もいる

     

    借金

    借金返済のための臓器売買の実態!腎臓一つが2000万円?

     

    借金

    臓器売買は可能だが日本では違法行為。借金問題はやはり債務整理で解決

     

    借金

    自殺して生命保険の保険金で借金を支払うことはできるのか?また、していいのか?

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP