借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

病気で入院費や治療費がかさみ、お金に困った場合の対処法

 

質問

病気で入院費や治療費がかさんで、お金に困った場合の対処法ってある?

 

答え

高額療養費制度を使って医療費を抑え、カードローンでその他の生活資金を工面することを検討しましょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

お金がたっぷりある人ならいいけどさ、今回のテーマは『入院費や治療費がかさんで、お金に困った場合の対処法』だからね!お金に困っている人のケースなわけだ!そういう場合の対処法を、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

大きな病気にかかって、病院に入院する人もいるでしょう。病気の種類にもよりますが、治療が長引くと入院費や治療費がかさみ、支払えなくなる場合もあります。そのような時に便利なのが、高額医療費制度カードローンです。病院に入院した場合の、治療費の支払いについて紹介します。

 

 

目次

 

  • 1:治療費などの支払いについて
  • 2:高額療養費貸付制度
  • 3:高額療養費制度の活用
  • 4:即日融資に対応したローン
  •  

    目次

     

     

    治療費などの支払いについて

    高齢化社会の影響などもあり、病院を利用する人が増えて医療費も年々増加しています。中には医療費が高額になり、支払いに苦労している人もいるようです。しかし医療費が高額になったからといって、心配する必要はありません。医療費が高額になった時は、高額療養費制度やカードローンの利用もできます。

     

    借金

     

    このようにお金がなくて困っている時に入院した場合、手術費用などの支払いについては、カードローンなどを利用してピンチを乗り切ることができます。最近は様々なカードローンがありますので、上手く利用してみるのも一つの方法です。

     

    例えばクレジットカードを利用して、医療費を支払えるクリニックも増えています。そのため、突然の出費があっても慌てることなく支払えるようになりました。その他にも医療保険などに加入していれば、ある程度の治療費はカバーできます。しかしクレジットカードを保有していない方、また医療保険などに加入していない方はそれだけ負担が増えます。

     

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

     

    高額療養費制度はクリニックの治療費だけを対象にしていますので、その他の生活費は自分で負担する必要があるからです。そして働けない間でも、毎月のクレジットカードの請求や様々なローンの支払いは続きます。このような場合は、クリニックに通院しながら返済する必要が出てきます。

     

    住宅ローンの中には、重度のケガや事故の場合は支払いが免除される保険もあるようですが、軽度のケガなどについては日頃から準備しておく必要があります。このように高額療養費制度やクレジットカードなど、いつ何が起きても良いように普段から準備しておくことをおすすめします。

     

     

     

    ニワトリ

    高額療養費制度っていうのは『療養費』っていうくらいだから、こうした病院関係の費用にしか使えないけど、カードローンなんかの場合は何に使ってもいいわけだからね!

    ぴよぴよ(備たしかに)!

    だけどすぐには作れないから、先に審査をしておいて、あらかじめ枠を用意しておくっていう考え方を持ちたいね!保険と同じっで!

    ぴよぴよ(備えあれば患いなしっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 医療費が高額になった時は、高額療養費制度カードローンの利用もできる。
  • 高額療養費制度はクリニックの治療費だけを対象にしているので、その他の生活費は自分で負担する必要がある。
  •  

     

    高額療養費貸付制度

    クリニックで治療する期間が長くなればなるほど、医療費は高くなります。しかしこの場合は高額療養費制度を利用すれば、自己負担額を超える費用については、払い戻しを受けることができます。高額療養費制度というのは、以下などの公的保険に加入していれば、どなたでも利用できます。

     

    高額療養費制度を受けるために必要な公的保険
  • 共済組合
  • 社会保険
  • 国民健康保険
  •  

    借金

     

    一般的に医療費については自己が負担する額は3割になりますが、この分を超える医療費について、受診してから3ヶ月程度経過すれば払い戻してもらえます。このように高額療養費制度を利用すれば医療費を払い戻してくれますが、およそ3ヶ月間の待機機関があります。

     

    しかし、この待機期間中にもお金が必要になる場合があります。このような場合におすすめなのが、「高額療養費貸付制度」てす。高額療養費貸付制度を利用すれば、必要な分のお金を融資してもらえます。

     

    融資制度を申請すれば、高額療養費制度で払い戻しされる医療費の、およそ8~9割程度の費用を無利息で融資してくれます。貸付軽度を利用するには、申請用紙や添付書類などが必要ですが、実際に加入している保険などによって申請用紙や申込み方法が異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

     

    借金

     

    高額療養費貸付制度を利用する時は、加入予定の保険協会の公式ホームページにアクセスしてください。公式のホームページに必要な書類がありますので、ダウンロードして必要事項を記入してください。その後、医療機関からもらった領収書や請求書のコピーなどと一緒に申請してください。申請先は加入する保険組合になりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

     

    高額療養費貸付制度の申請が受理されれば、およそ2~3週間程度で融資してもらえます。しかし、この2~3週間程度の期間も待ちきれない方は、他のカードローンなどの利用をおすすめします。

     

     

    ニワトリ

    高額療養費と、高額療養費貸付制度ってのがあるんだね!それぞれ、入院費なんかの医療系の問題が発生したときに強みになる知識だから、覚えておいて損はないよ!

    ぴよぴよ(たしかに)!

    『無利子』で借りられるんだから、これはありがたいよね!アメリカでは破産の原因の第一位が『医療費問題』だよ!あたりまえじゃないんだ !

    ぴよぴよ(日本は恵まれてるっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 高額療養費制度を受けるために必要な公的保険を確認する。
  • 高額療養費貸付制度を利用すれば、必要な分のお金を融資してもらえる。
  • 高額療養費制度で払い戻しされる医療費の、およそ8~9割程度の費用を無利息で融資してくれる。
  • 高額療養費貸付制度の申請が受理されれば、およそ2~3週間程度で融資してもらえる。
  • この2~3週間程度の期間も待ちきれない人は、カードローンなどの利用を検討する。
  •  

     

    高額療養費制度の活用

    クリニックの治療費の支払いに便利な高額療養費制度ですが、この制度を最大限活用するには次の点に注意してください。

     

    まずクリニックで治療を行う時は、可能であれば月内で行うことです。高額療養費制度というのは、月の初めから終わりまでの医療費が対象になります。

     

    借金

     

    月の初めから終わりまでかかった医療費が高額になった際、自己負担額を超えた部分の払い戻しが行われます。そのためクリニックでの治療は、月をまたがない月内の治療が最適です。クリニックから治療についての提案があった時は、慌てることなく必ずおおよその治療期間を確認してから返答してください。

     

    そして治療の前に、限度額適用認定証を準備しておいてください。現在70歳未満の方で、クリニックでの治療費が高額になることが予想される時は、治療前に限度額適用認定証を入手しておくと良いでしょう。限度額適用認定証を保険証と一緒にクリニックの窓口に提示すれば、1ヶ月分の医療費を自己負担限度額に収めることができます。限度額適用認定証がないと、医療費の3割を最初にクリニックに支払うことになります。

     

    そして、その後に高額療養費制度の申請を行いますので、それだけ申請者の負担になります。自己負担額を超えた支払いはもちろん後で返ってきますが、その都度まとまったお金を準備しておくことになります。クリニックでの治療にかかる医療費を負担できれば問題ありませんが、用意できない時はクレジットカードやカードローンなどの利用を考えておくと良いでしょう。

     

    借金

     

    早めに準備するに越したことはありませんが、医療費の支払いについてある程度の知識があれば、いつでも対応できます。そのため、まずは知識だけでも身につけておくことをおすすめします。

     

     

    ニワトリ

    高額療養費制度は、『月の初めから終わりまでの医療費』が対象になるんだね!1~31日でも、30~31日でも同じ扱いになるよ!また、月内っていう言葉通り、月をまたいでしまうと対象外となるから注意が必要だね!だから治療の際には時期を見ることが大切さ!

    ぴよぴよ(なるへそ)!

    また、限度額適用認定証があれば、1ヶ月分の医療費を自己負担限度額に収めることができるよ!70歳未満の人が対象だから、これは皆持っておいたほうがいいね!保険証を発行しているところで取得することができるよ!保険証と一緒にクリニックの窓口に提示するんだよ!

    ぴよぴよ(限度額適用認定証は保険証を発行しているところで取得することができるっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 高額療養費制度というのは、月の初めから終わりまでの医療費が対象。
  • 従って、クリニックで治療を行う時は、可能であれば月内で行う。
  • 治療の前に、限度額適用認定証を準備する。
  • 限度額適用認定証を保険証と一緒にクリニックの窓口に提示すれば、1ヶ月分の医療費を自己負担限度額に収めることができる。
  • 限度額適用認定証がないと、医療費の3割を最初にクリニックに支払うことになる。
  •  

     

    即日融資に対応したローン

    クリニックの治療、その他日常生活の生活費がすぐに必要の方は、即日融資に対応したクレジットカードがおすすめです。即日融資に対応したクレジットカードであれば、その日に申請すればすぐにお金を貸してもらえます。即日融資については、下記などで利用できます。

     

    即日融資が可能な金融機関
  • 大手銀行
  • インターネットバンク
  • 地方銀行
  • 消費者金融
  •  

     

    借金

     

    しかし即日融資に対応しているのは全ての金融機関ではなく、一部の金融機関に限られますので注意してください。

     

    また即時融資に対応した銀行でもあっても、申請の時間などにも注意する必要があります。申請時間が遅くなれば、それだけ融資の時間も遅れます。そのため急いでいる場合は、午前中の申請をおすすめします。

     

    午前中の申請が難しい時は、遅くとも午後2時ぐらいまでの申請をおすすめします。申請時間、融資の時間についてはそれぞれの金融機関によって変わりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

     

    申込みについては、カード会社の店舗以外にも、インターネットからも申込みできます。カード会社のホームページであれば、パソコン以外にスマートフォンなどからも申請できますので便利です。即日融資を受ける場合はコンビニエンスなどのATMを利用しますが、クリニック内にコンビニがあるかも確認しておくと良いでしょう。

     

    大きなクリニックあればコンビニが併設されているところもあり、その場合は店内のATMを使ってお金を引き出せます。とても便利ですので利用してみるのも良いかもしれません。

     

    借金

     

    突然の病気、ケガなどで病院に入院する人もいるでしょう。治療が長引くとそれだけ治療費、生活費もかさみますので、高額療養費制度やカードローンなどの利用がおすすめです。利用方法などを事前に確認しておくと良いでしょう。

     

     

     

    ニワトリ

    高額療養費や医療保険で医療費を、また、カードローンでその他の生活資金を、っていう感じで、こういう緊急的な状況に対するお金の工面をしようっていうことだね!いざという時に調べてもいいし、全く入院の予定もないっていう人は調べる気にならないと思うけど、知っておいた方がお得だね!

    ぴよぴよ(人生何が起こるかわからないっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 即日融資が可能な金融機関を確認する。
  • 急いでいる場合は、午前中の申請がおすすめ。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    借金問題の相談相手の相場は弁護士や司法書士。では、家族や親友の場合は?

     

    借金

    借金の悩みを相談できる公的機関。法テラスや弁護士連合会とは

     

    借金

    弁護士はそれぞれ得意分野がある。事前に弁護人の得意分野をリサーチ

     

    借金

    弁護士の電話相談の費用はいくら?無料相談の場合の注意点とは

     

    借金

    司法書士を頼って借金問題を家族に内緒で債務整理をする選択肢

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP