借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

金融機関でのお金の借り方を知り、お金による人間関係のトラブル予防しよう!

 

質問

お金ってやっぱり、安易に友人や知人に借りない方がいいの?

 

答え

お金は人間を変えます。いや、お金は人間の本性を浮きだたせます。トラブルを防止するために、金融機関での借金の仕方を覚えましょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

世界一の投資家ウォーレン・バフェットは、

『金は人を変えない。金は人の本性を浮きだたせるだけだ。』

と言ったけど、お金のトラブルで、時には人は命の危機を思い知ることもあるよ!

ぴよぴよ(人の命)!

安易に人に借りるのはやめよう!金融機関からの借金を覚えて上手にお金をやりくりしよう!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

毎日の生活の中で、急な出費でお金が必要になることも多いのではないでしょうか。貯金など、お金に余裕があれば良いのですが、余裕がないと他人から貸してもらうなどの手段を取る必要があります。

 

友人や家族、会社の上司、先輩、同僚など対象者はいますが、お金の問題は関係がギクシャクしやすいので、知り合いはなるべく避けたいものです。そうなると、やはり消費者金融などの金融機関が対象になります。お金の借り方について紹介します。

 

消費者金融

消費者金融

消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

 

 

 

目次

 

  • 1:申込条件の確認
  • 2:必要書類の準備
  • 3:申込書の記入
  • 4:契約方法
  • 5:ネットの専用サイトの利用
  •  

    目次

     

     

    申込条件の確認

    急な出費があった方など、すぐにお金が必要な方も多いことでしょう。すぐにお金を融資してもらいたい方の焦る気持ちは分かりますが、キャッシング会社に申込を行う前にまずはある程度の準備をしておいてください。このことを知っているだけで、審査に通る確率が少し高くなります。

     

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

     

    まず申込条件をしっかり確認してください。あなたが融資してもらえる条件を満たしているのか、最初に確認しておきましょう。

     

    融資条件の確認はキャッシングでの基本的な行為です。基本的な行為ですが、見落とす人が多いのも事実です。キャッシング会社の融資条件を満たしていないと、どんなに審査が甘いキャッシング会社でもお金を融資してもらうことはできません。申込書は受理してもらえますが、その後の審査で落とされる可能性が高いといえます。

     

    しかし、心配することはありません。お金を融資してもらえる条件は、そんなに難しいことではありません。基本的なことばかりなので、普通は問題ないと思います。キャッシング会社からお金を融資してもらえる基本的な条件は、

     

  • 「20歳以上、かつ安定収入のある方」
  •  

    になります。キャッシング会社のホームページや広告、パンフレットなどにもこの基本的事項を書いています。実際に目にした方も多いことでしょう。20歳以上なので学生でも大丈夫ですが、その中で20歳に満たない方は対象外になりますので、条件を満たすまで待ってください。

     

    借金

     

    このように融資条件は20歳以上になりますので、未成年の方は基本的にカードローンの申込はできません。しかし未成年で学生の方は、他のサービスの中に学生ローンなどもありますので確認してみてください。20歳以上の方はOKということは分かりましたが、問題は「安定した収入」の件です。安定した収入には様々な解釈が考えられますが、この要項を見落とす人が多いようです。

     

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介カードローン。>>詳細を見る

     

     

     

    例えばアルバイトで毎月8万円程度の収入しか見込めなかったとしても、毎月安定していれば安定した収入に該当します。

     

    中には低収入のアルバイトなので、カードローンの申請を諦める人もいるようです。しかしアルバイトやパートの方であっても、毎月一定の収入があれば基本的な条件を満たしていることになります。このように「20歳以上、かつ安定収入のある方」の条件を満たしていれば、主婦や学生でもアルバイトやパートなどの安定収入があれば申請できます。

     

    ニワトリ

    アルバイトであっても、月に9万円いかないくらいのお金しかもらっていなくても、それを安定してもらっているのであれば、審査にとって有利な方向に働くよ!やっぱり堅実で誠実な人が最も信頼できるってことになるね!そもそも『クレジット』っていうのは『信頼』っていう意味なんだ!

    ぴよぴよ(だから何より信頼性が重んじられるっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 融資してもらえる条件を満たしているのか、最初に確認しておく。
  • キャッシング会社からお金を融資してもらえる基本的な条件は、「20歳以上、かつ安定収入のある方」。
  • 未成年で学生の方は、他のサービスの中に学生ローンなどもある。
  • アルバイトで毎月8万円程度の収入しか見込めなかったとしても、毎月安定していれば安定した収入に該当する。
  •  

     

    必要書類の準備

    前述の「20歳以上、かつ安定収入のある方」の条件をクリアできれば、次は必要書類を用意してください。キャッシングの申込を行う時は、必要書類の提出を求められます。そのため、申込に必要な書類を事前にしっかりと確認しておいてください。

     

    キャッシング会社によって必要な種類は異なりますが、共通しているのは次の書類になります。「身分証明書」、これは本人確認書類になります。例としては、

     

    身分証明書の例
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  •  

    などになりますので、事前に準備しておいてください。

     

    借金

     

    収入証明書」、これは、

     

    収入証明書の例
  • 源泉徴収書
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  •  

     

    などになります。

     

    借金

     

    収入証明書については、借入金額が少額である時は提出する必要がないこともあります。その他の書類については、キャッシング会社に問い合わせして確認しておいてください。

     

    ニワトリ

    これらの必要書類は必須だからね!準備を怠らないようしてね!こういう自分の身元情報をより鮮明に理解してもらうための準備を怠らない人は、業者側から見ても信用できる人ってことになるよ!逆に用意してない人は、ちょっと信頼できそうもないよね!

    ぴよぴよ(たしかにそうっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 身分証明書、収入証明書、その他の必要書類を用意する。
  •  

     

    申込書の記入

    キャッシングの申込を行う場合、申込用紙に記入します。申込用紙はキャッシング会社で用意しますが、結構不備が多いようです。キャッシング会社ではクレジットカードの申込があると審査を行いますが、実は申込書の記入ミスや、添付書類の不備などによって審査に落ちることが結構多いです。

     

    申請種類の記入は基本的な行為になりますが、油断すると記入漏れなどを起こすことがありますので注意してください。基本的なことを守ることが大切ですが、申請者の中には虚偽申告をする方もいるようです。審査を有利にするために、収入を高めに記入したり、職業を偽ったりする人も少なくありません。

     

    借金

     

    気持ちは分かりますが、虚偽申告は後で分かりますので絶対にしないでください。全ての事項を正直に書くこと、また記入漏れや不備、入力漏れがないかをしっかりチェックしましょう。

     

    また最近は、スマートフォンで身分証明書などを送る人が増えていますが、スマートフォンで書類を送る時に、不鮮明な画像であることが原因で審査に落ちる場合もあります。スマートフォンを使って身分証明書を送信する時は、書類に名前や住所を記入して、顔写真が確認できるよう鮮明な画像データを送るようにしてください。

     

    借金

     

    身分証明書などを送る時は、友達のスマートフォンやパソコンなどに一度送るなどして、確認してみると良いでしょう。他の要件はクリアしているのに、写真の鮮明度で落ちるのはもったいないです。書類を送る時は今一度確認してください。

     

    ニワトリ

    わざと虚偽申告することはもちろん、画像が不鮮明であったり、書き忘れなんかがあるだけでも『書類不備』となって、審査にとって不利な方向に傾いてしまうよ!

    ぴよぴよ(うーむ)!

    あっちとしては、『字もきれいに書けず、書き忘れを見逃してしまうほど自己管理ができないのか』っていう評価をするしかないってことなんだね!

    ぴよぴよ(全部見られてるっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 申込書の記入ミスや、添付書類の不備などによって審査に落ちることが結構多い。
  • 虚偽申告は後で分かるので絶対にしない。
  • 不鮮明な画像であることが原因で審査に落ちる場合もある。
  • スマートフォンを使って身分証明書を送信する時は、書類に名前や住所を記入して、顔写真が確認できるよう鮮明な画像データを送る。
  •  

     

    契約方法

    キャッシング会社と契約する場合、店頭での申込とWEBでの契約に分かれます。WEBの場合、契約書類やクレジットカードが直接自宅に郵送されます。また来店契約の場合は、店頭に来店して契約書類を作成し、その後にクレジットカードを発行してくれます。カードを発行された後は、すぐにお金を借りることができます。

     

     

    ネットの専用サイトの利用

    「すぐにでもお金を融資してもらいたい」、このようにすぐにお金が必要な人もいます。人によって必要な額は異なりますが、必要額が多くなればそれだけ融資条件は厳しくなります。銀行や消費者金融なとの金融機関でもお金の融資を行っていますが、融資額が大きくなればなるほど審査も厳しくなるところが多いようです。

     

    そのため、自分が金融機関の審査に受かる可能性があるのかどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。最近はお金を融資してくれる金融機関の数も増えていますので、リサーチしやすくなっています。インターネット上にはキャッシング会社のホームページがあり、専用サイトでキャッシングサービスを行っているところも少なくありません。

     

    借金

     

    専用サイトで年齢、職業、年齢、借入の有無など、必要事項を入力するだけですぐ審査の結果が分かります。すぐにお金が必要な方は、このようにすぐに審査の結果が分かると助かります。OKの審査結果が出ると、その後に本申込を行い、融資できるかどうかの最終結果が出ます。

     

    融資額にもよりますが、大きな額でなければ初回の申請でOKが出れば、認められる可能性が高いようです。しかし初回の申請は、あくまでも参考程度と見ておいた方が良いでしょう。最終的には現在の年収、職業、家族構成など、様々な要素を考慮して決まります。

     

    ネットでの申請は、早くお金を融資してもらい方におすすめの方法といえます。様々な事情で、お金がすぐに必要な方も多いことでしょう。上記でお金を借りる方法を紹介しました。人から借りる方法もありますが、やはりキャッシング会社を利用する方法がおすすめです。

     

    ニワトリ

    ネットでも融資してもらえる便利な時代だね!でも、融資額が大きいとさすがにネットだけでは難しくなってくるよ!お金っていうのはそもそもそんなに都合よく工面できてはいけないものなんだ!お金があって当たり前っていう愚かな発想に繋がりやすいよ!

    ぴよぴよ(確かに、簡単にお金を手に入れる馬鹿セレブが転落するのをよく見るっす!)!

    口が悪いぞ!ひよこ君!事実だけどな!

     

     

    この章のまとめ
  • キャッシング会社と契約する場合、店頭での申込とWEBでの契約に分かれる。
  • 融資額が大きくなればなるほど審査も厳しくなるところが多い。
  • 大きな額でなければ初回の申請でOKが出れば、認められる可能性が高い。
  • ネットでの申請は、早くお金を融資してもらい方におすすめの方法。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    借金問題の相談相手の相場は弁護士や司法書士。では、家族や親友の場合は?

     

    借金

    借金の悩みを相談できる公的機関。法テラスや弁護士連合会とは

     

    借金

    弁護士はそれぞれ得意分野がある。事前に弁護人の得意分野をリサーチ

     

    借金

    弁護士の電話相談の費用はいくら?無料相談の場合の注意点とは

     

    借金

    司法書士を頼って借金問題を家族に内緒で債務整理をする選択肢

     

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP