借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

手軽な借金の王道!クレジットカードのメリット、デメリットについて

 

質問

クレジットカードのメリットとデメリットってなに?

 

答え

気軽にショッピングやキャッシングができるし、カード会社と提携するショップ等で使えば、ポイントが2倍等の特典があります。デメリットは、使い過ぎてしまう可能性があるということです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

クレジットカードはあると便利だね!っていうか、『ないと不便』な世の中になってきているね!カード決済しかしてないサービスとかあるしね!そんなクレジットカードのメリットやデメリットについて、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

お金が必要な時、すぐに融資をしてくれるのがクレジットカードです。キャッシング会社によって様々なサービスを提供していますので、利用する時はその内容をしっかり確認してください。クレジットカードはとても便利な反面、使い過ぎると支払いに苦労することもあります。そのため使用する前は、返済計画をしっかり立てておくと良いでしょう。クレジットカードのメリット、デメリットを紹介します。

 

 

目次

 

  • 1:盗難補償
  • 2:ポイント
  • 3:キャッシング会社の商品を割安で購入できます
  • 4:使い過ぎに注意
  •  

    目次

     

     

    盗難補償

    お金が必要な時にすぐに融資してくれたり、欲しい物があればすぐに購入できたりと、クレジットカードはとても便利です。18歳以上になれば、原則誰でもクレジットカードを保有することが可能です。クレジットカードかあれば、現金がなくてもすぐに利用できます。

     

    クレジットカードには様々な利点がありますが、その中の一つが「盗難補償」です。クレジットカードは小さいので、落としたり無くしたりすることがよくあります。大切なカードを落としたり盗まれたりすると、心配になって仕事などにも影響が出てくるかもしれません。

     

    しかし、そのような時でも盗難補償が付いていれば安心です。どのようなクレジットカードにも盗難保険が付いていますので、クレジットカードを落としたり盗まれたりしても、カードの利用停止をすればすぐに利用できなくなります。

     

    借金

     

    また、たとえ不正に利用された場合であっても、クレジットカード会社が使われた額を補償してくれます。クレジットカードの場合、常に確認しておかないと落としたり盗まれたりしたことに気が付かないことがあります。そのため盗難保証があるからといって安心することなく、クレジットカードがあるかどうかをいつも確認しておいてください。

     

    クレジットカードの盗難補償は、年会費の有料や無料に関係なく、どのクレジットカードにも付帯しています。クレジットカードを新規で作成する時は、事前に盗難保証のことを確認しておくと良いでしょう。また盗難補償については、インターネット上のまとめサイトなどにも詳しく記載されていますので参照してみてください。

     

     

    ニワトリ

    クレジットカードを作るときに、わざわざ落としたこと、盗まれたときのことを考える人はあまりいないから、盗難補償のことを考えるっていうことは少なくて、見落としがちなんだけど、実際にはこれはあった方がいいよね!こうして考えてみると!

    ぴよぴよ(特にこの時代は必要っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • クレジットカードの盗難補償は、年会費の有料や無料に関係なく、どのクレジットカードにも付帯している。
  • 盗難補償が付いていればクレジットカードを落としたり盗まれたりしても、カードの利用停止をすればすぐに利用できなくなる。
  • また、たとえ不正に利用された場合であっても、クレジットカード会社が使われた額を補償してくれる。
  •  

     

    ポイント

    クレジットカードを利用すると、ポイントや特典がもらえることも少なくありません。これも大きな利点といえます。クレジットカードの種類やキャッシング会社によって、ポイントや特典の内容は異なりますので一度確認しておくと良いでしょう。

     

    通常、クレジットカードを利用することで、毎回ポイントが貯まります。貯まったポイントを現金に換えたり、好きな商品に交換したりなど、それぞれ好きな方法で利用できます。クレジットカードでは、そのほとんどのカードにこのようなポイントや特典があります。

     

    最近はインターネットを利用する人が増えていますが、その中にはネットショッピングを行う人も少なくありません。ネットショッピングではクレジットカードを利用することが多いので、カードを利用すればその都度ポイントや特典をもらえます。

     

    借金

     

    様々なポイントがありますが、その中にはマイルもあります。仕事で海外に行く機会が多い方、また趣味で海外旅行に行く人たちは、その都度飛行機を利用すればマイルが貯まります。マイルが貯まれば、飛行機を安く利用できますのでとても便利です。

     

    借金

     

    ポイントについては様々な商品と交換できるシステムになっており、場合によっては現金で購入するよりもお得なケースがあります。ポイントのサービスについてはそれぞれのキャッシング会社で異なりますが、その全てがお得なサービスといえます。

     

    現金を始め、商品券やカタログギフト商品などと交換できますので、ポイントを貯める楽しみも出てきます。キャッシング会社の中には、会社が直接運営を行っている専用ショップで、安く利用できるサービスを提供しているところもあるようです。

     

    このようにクレジットカードには様々なポイントサービスがありますが、前述のようにポイントサービスの内容はそれぞれのキャッシング会社によって異なりますので、前もって確認しておくと良いでしょう。

     

     

    ニワトリ

    クレジットカードによって、ポイントが何%還元されるとかいう決まりがあるから、それをチェックしてみてね!また、カードによって、『西部デパートでの買い物の場合ポイント2倍』とか、そういう特定の条件があるよ!

    ぴよぴよ(2倍)!

    つまり、自分がよく使うデパートや飛行機なんかの情報をまとめ、カスタマイズするんだ!

    ぴよぴよ(事前に自分の情報をまとめておくっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • クレジットカードを利用すると、ポイントや特典がもらえる。
  • 貯まったポイントを現金に換えたり、好きな商品に交換したりなど、それぞれ好きな方法で利用できる。
  • ネットショッピングではクレジットカードを利用することが多いので、カードを利用すればその都度ポイントや特典をもらえる。
  • その中にはマイルもあり、マイルが貯まれば、飛行機を安く利用できる。
  • ポイントサービスの内容はそれぞれのキャッシング会社によって異なる。
  • キャッシング会社の中には、会社が直接運営を行っている専用ショップで、安く利用できるサービスを提供しているところもある。
  •  

     

    キャッシング会社の商品を割安で購入できます

    キャッシング会社が発行したクレジットカードを使って決済をすれば、クレジットカードを発行しているオリジナル商品を割安価格で購入できます。またクレジットカードの中には、会社にクレジットカードを提示するだけで割引を受けれるカードもあります。キャッシング会社が定めた特定の日に会社のカードを保有していれば、5%OFFなどで購入できるものなど、その種類も様々です。

     

    借金

     

    テレビコマーシャルや新聞広告などでもおなじみですので、ご存知の方も多いかもしれません。他のお店よりも、商品を安く利用できますのでとてもお得といえます。クレジットカードの使い方は色々あり、利用法によっては多くのポイントが貯まることもあります。

     

    例えば、毎月支払いがある光熱費などにもクレジットカードを利用できますので、その分ポイントが貯まります。クレジットカードの賢い利用法などをまとめた本やホームページなどがありますので、参考にしてみると良いでしょう。

     

    借金

     

    クレジットカードでポイントを受け取るには、カードの支払い依頼書を提出するだけでOKです。今までのお金の流れについては特に変わりありませんので、光熱費などを利用する場合は早めに提出すると良いでしょう。あとは支払い期日までに、必要な額を口座の方に入金しておいてください。

     

     

    ニワトリ

    さっきの説明同様、クレジットカードには提携している会社やショップなどがあるから、その提携店舗で使用すれば、お得なサービスがあるよ!だから、クレジットカードは500種類以上もあるから、先に自分の情報をまとめてからどのカードにするのかを決めるのがいいね!

    ぴよぴよ(光熱費でポイントが貯まるのはいいっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • キャッシング会社が発行したクレジットカードを使って決済をすれば、オリジナル商品を割安価格で購入できる。
  • クレジットカードの中には、会社にクレジットカードを提示するだけで割引を受けれるカードもある。
  • 光熱費などにもクレジットカードを利用できますので、その分ポイントが貯まる。
  •  

     

    使い過ぎに注意

    クレジットカードを利用すると様々な特典を受けることができますので、実際に利用する方はたくさんいます。しかしクレジットカードには利点ばかりでなく、デメリットも存在していますので、しっかり確認しておいてください。

     

    借金

     

    クレジットカードで注意する点は、やはり使い過ぎではないでしょうか。カード1枚あればお金を融資してもらえ、欲しい物を購入できます。またインターネット環境が整っていれば、自宅だけでなく外出先でもすぐに利用できます。

     

    そのため、知らない間につい使い過ぎてしまうことがよくあります。クレジットカードは一人で何枚も持つことができますので、複数のキャッシング会社からお金を借りることもできます。

     

    クレジットカードを利用している人の中には、毎月の支払いに困って、債務整理自己破産の申請をする人もいます。知らない間に借入残高が増えてしまうと、一人では対応できない事態に陥ることがあります。このような事態を避けるためにも、クレジットカードを利用する時は、日頃から資金管理をしっかり行うことが大切です。

     

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

     

    資金管理をしていれば資金の流れを把握できますので、返済不能を回避できます。また支払いが困難になったからといって、安易に自己破産などをしないようにしてください。自己破産を行うと、今後の生活にも大きな影響が出てきます。クレジットカードの利用制限、またクレジットカード自体の作成ができなくなることもあります。

     

    カードの使い過ぎで悩んでいる方は、一度弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。弁護士や司法書士は法律の専門家ですので、皆さんに合った解決法を提示してくれるはずです。相談が無料のところもありますので、一度利用してみると良いでしょう。

     

    クレジットカードを利用すれば、必要な時にお金を融資してもらえ、欲しい物をすぐに購入できます。しかし、クレジットカードにはメリットやデメリットがありますので、利用する前にしっかり確認しておく必要があります。カードの利点を上手く利用すれば、お得になることも多いようです。

     

    68.クレジットカード料金 支払い できない時 返済相談
    124.カードローン クレジットカード 借金 早く返済する方法
    136.借金 返済できない カードローン 払えない 対処法
    144.クレジットカードの支払い 任意整理 自己破産 方法

     

    ニワトリ

    クレジットカードは便利が故に、つい使い過ぎちゃうことがあるね!キャッシング機能なんかもついているから、それでつい気軽に借金をしちゃうっていうこともあるからね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

    自分の貯金と錯覚しちゃうところがあるんだ!扱い方にさえ注意すればとても便利だけど、使い方を間違えると自分の身を危険にさらすよ!

    ぴよぴよ(火と同じっすね)!

    おっ、うまいこというね!

     

     

    この章のまとめ
  • クレジットカードは使い過ぎる点に注意。
  • クレジットカードは一人で何枚も持つことができるので、複数のキャッシング会社からお金を借りることが出来てしまうので注意。
  • 自己破産を行うと、クレジットカードの利用制限、またクレジットカード自体の作成ができなくなることもある。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    金融機関でのお金の借り方を知り、人間関係の金銭トラブル予防しよう!

     

    借金

    借金問題の相談相手の相場は弁護士や司法書士。では、家族や親友の場合は?

     

    借金

    借金の悩みを相談できる公的機関。法テラスや弁護士連合会とは

     

    借金

    弁護士はそれぞれ得意分野がある。事前に弁護人の得意分野をリサーチ

     

    借金

    弁護士の電話相談の費用はいくら?無料相談の場合の注意点とは

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP