借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

借金の相談

 

債務整理

 

無料で借金の相談が出来る主な6つの相談窓口

借金

 

借金の相談において、より的確なアドバイスを求めるなら、より具体的な現在の情報を用意してから相談することがポイント。

 

>>詳細を見る

 

どうして人は借金に陥るの?個人と法人の両ケースにて理由を考察

借金

 

人や企業が借金に陥ってしまうときは、ある傾向と共通点があります。それを事前に押さえておくことは、大きな財産となるでしょう。ここでは、極めて簡潔にその要点だけをまとめました。

 

>>詳細を見る

 

借金、弁護士費用、生活保護、違法な取り立て。知って得する8つの知識

借金

 

借金があっても生活保護を受ける裏技や、弁護士費用を半額以下に抑える方法等、借金に対する様々な裏技的マメ知識をご紹介しております。

 

>>詳細を見る

 

借金に陥りやすい人の10の特徴とその改善策を考察する

借金

 

お金の管理が雑な人に『お金に支配されたくない』という持論を持っている人がいますが、なぜそいう人は『気づいたらお金に支配されてしまっている』のでしょうか。その理由を根本から洗い直しましょう。

 

>>詳細を見る

 

全国の司法書士電話番号一覧

借金

 

北海道から沖縄県まで、全国津々浦々に存在する司法書士の電話番号の一覧です。困ったときはお近くの相談センターに相談しましょう。

 

>>詳細を見る

 

全国の弁護士会電話番号一覧

借金

 

北海道から沖縄県まで、全国津々浦々に存在する弁護士会電話番号の一覧です。困ったときはお近くの相談センターに相談しましょう。

 

>>詳細を見る

 

全国の法テラス(日本司法支援センター)電話番号一覧

借金

 

北海道から沖縄県まで、全国津々浦々に存在する法テラスの電話番号の一覧です。困ったときはお近くの相談センターに相談しましょう。

 

>>詳細を見る

 

借用書なしで友人にお金を貸した場合、契約は成立するか

借金

 

民法の規定によると、金銭消費貸借は『返還の約束』と『金銭の授受』だけで成立する。したがって、借用書などの書面がなくても、契約は成立するということになる。

 

>>詳細を見る

 

いつ返すか決めなかったお金は返ってこないのか

借金

 

通常の金銭消費貸借契約は、『確定期限の定め』をする必要がある。つまり、『いつまでの返すか』ということを決める必要がある。

 

>>詳細を見る

 

借金で利息を決めなかった場合でも利息を払う?

借金

 

通常、民法では無利息が原則とされている。つまり、借りたものと同種・同品質・同終了のものを返済期限に返せばいいため、利息を支払うことは原則として必要とされていない。

 

>>詳細を見る

 

お金の貸し借りにおいて公正証書を作る意味とそのメリット

借金

 

公正証書とは、公証人が法令に従って、法律行為や試験に関する事実について作成した証書を言う。

 

>>詳細を見る

 

友人に『名前だけ書く軽い保証人になってくれ』と頼まれたら

借金

 

保証契約とは、保証人となる人と債権者である貸主との間の契約であり、債務者である借主と保証人となる人の間の契約ではない。

 

>>詳細を見る

 

お金を貸して(借りて)いた人が死んだ場合の借金の行方

借金

 

借主の相続人に支払い義務が移る。遺産分割というのは相続人間の内部的な問題であり、これによって債権者の利益が害されないように、対外的な関係では法定相続分に応じて債務が各相続人に帰属していることになる。

 

>>詳細を見る

 

借金を、お金ではなく違う物で返すことはできるか

借金

 

お金を借りていたが、お金ではなく、違う物で返したいと思った場合、通用するだろうか。この場合、その債権者が承諾すれば返済として有効となる。これを『代物弁済』と言う(482条)。

 

>>詳細を見る

 

金融機関から借りたお金を期限前に返したい場合

借金

 

金融機関からの借りたお金を、あらかじめ決められた期限前に返すことは、できる。むしろ、利息を多く払わない為にも、長期返済を切り上げられるならそうしたほうがいい。

 

>>詳細を見る

 

借金を当人以外の人から何の前触れも無く請求された場合

借金

 

借金を違う人から何の前触れも無く請求された場合はどうすればいいだろうか。この場合、『前触れ』というところががポイントだ。前触れは、しなければならない。

 

>>詳細を見る

 

借金の返済を拒否され、後日損賠賠償金を請求された場合

借金

 

お金を返そうと思ってお金を用意した。返済期限も守って、後は支払うだけだった。だが、債権者が『明らかな居留守』を使って受け取りを拒否した。そして後日、『遅れたな』などと言って難癖をつけ、損害賠償金を請求してきた。

 

>>詳細を見る

 

友人の(自分ではない誰か)借金を肩代わりできるか

借金

 

友人の借金を肩代わりしたい場合がある。それはできるだろうか。答えは、できる。債権者からすれば誰にお金を返してもらっても経済的効果は同じなので、第三者でもお金を返すことができる。

 

>>詳細を見る

 

連帯保証人になったから支払った。そのお金の請求は誰に出来る?

借金

 

連帯保証人になったから支払った。しかし、支払うのは支払ったが、そのお金は主債務者、つまり『実際に借りていた人』に請求できるだろうか。

 

>>詳細を見る

 

借金をしてギャンブルを繰り返す夫や妻に規制をかける

借金

 

借金をしてギャンブルを繰り返す夫や妻に困った場合、その対象者に規制をかけることはできるだろうか。この場合、日本貸金業協会が設けた貸付自粛制度を利用する。

 

>>詳細を見る

 

お金に困ったら税金の控除を上手く利用して節税を考えよう

借金

 

私たちは「教育の義務」、「勤労の義務」に加えて、もう一つ「納税の義務」を負っています。仕事をして給料をもらう時、税も一緒に納めています。

 

>>詳細を見る

 

総量規制の抜け道はある?年収の3分の1以上のお金を借りるための裏技

借金

 

借金の額が膨らむと毎月の支払いに苦労することになりますので、できれば避けたいものです。しかし毎日の生活もありますので、ある程度のお金も必要です。

 

>>詳細を見る

 

名義貸し、名義変更、他人名義それぞれの法律行為について

借金

 

借金の額が膨らみ、自己破産の道を選択する人も少なくありません。そうならないためにも、日頃から注意しておく必要があります。

 

>>詳細を見る

 

パスポート申請料金の詳細や、取得手順、注意事項について

借金

 

海外への旅行を計画している方も、多いのではないでしょうか?海外に旅行する場合、様々な準備を行う必要があります。

 

>>詳細を見る

 

手軽な借金の王道!クレジットカードのメリット、デメリットについて

借金

 

お金が必要な時、すぐに融資をしてくれるのがクレジットカードです。キャッシング会社によって様々なサービスを提供していますので、利用する時はその内容をしっかり確認してください。

 

>>詳細を見る

 

借金には様々な形がある!クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

借金

 

私たちがよく使うものの中に、キャッシングとカードローンがあります。ともに似たように見えますが、それぞれ違いがありますのでしっかり把握しておく必要があります。

 

>>詳細を見る

 

金融機関でのお金の借り方を知り、お金による人間関係のトラブル予防しよう!

借金

 

毎日の生活の中で、急な出費でお金が必要になることも多いのではないでしょうか。貯金など、お金に余裕があれば良いのですが、余裕がないと他人から貸してもらうなどの手段を取る必要があります。

 

>>詳細を見る

 

借金問題の相談相手はやっぱり弁護士や司法書士がいい?家族や親友はダメ?

借金

 

借金の問題で悩んでいる人も、多いのではないでしょうか。借金が膨らむと日常生活はもちろんのこと、仕事にも影響が出てきますので早めに対処する必要があります。

 

>>詳細を見る

 

借金の悩みを相談できる公的機関って、どういうものがある?

借金

 

お金の問題で困った時、一人で悩む人も少なくありません。誰かに悩みを打ち明けることができれば良いのですが、お金のことなので言いづらいものもあります。そのため、このような場合は公的機関がおすすめです。

 

>>詳細を見る

 

弁護士はそれぞれ得意分野がある。事前に弁護人の得意分野をリサーチ

借金

 

法律問題は素人では対応できないことが多いので、法律の専門家に任せる人も少なくありません。法律の専門家であれば、皆様に合った方法でしっかり対処してくれます。

 

>>詳細を見る

 

弁護士の電話相談の費用はいくら?無料相談の場合の注意点とは

借金

 

法律問題で悩む方も少なくありませんが、一人ではどうしても解決できないこともあります。その場合、法律の専門家である弁護士への相談をおすすめします

 

>>詳細を見る

 

司法書士を雇って借金を債務整理する際の注意点とは?

借金

 

借金の支払いに困り、法律の専門家に相談する人もいるでしょう。法律事務所の中には無料相談に対応したところもありますので、利用しやすいのではないかと思います。

 

>>詳細を見る

 

病気で入院費や治療費がかさみ、お金に困った場合の対処法

借金

 

大きな病気にかかって、病院に入院する人もいるでしょう。病気の種類にもよりますが、治療が長引くと入院費や治療費がかさみ、支払えなくなる場合もあります。

 

>>詳細を見る

 

自動車ローンも任意整理の対象にできる?しないほうがいい?

任意整理

 

住宅ローンも自動車ローンをも任意整理の対象内だという意見がネット上にいくつか書かれています。しかし、私が参考にしている弁護士が書いた本には、『原則として住宅ローンは任意整理が出来ない』と記載してあります。

 

 

>>詳細を見る

 

住宅ローンを任意整理の対象から外すことはできる?

任意整理

 

持ち家を処分されたら困りますよね。住宅ローンを任意整理すると、抵当権によって持ち家を処分されてしまうことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を弁護士に依頼して拒否される場合や、応じない貸金業者への対応策とは?

任意整理

 

任意整理を弁護士に依頼したのにそれを拒否される場合があるとしたら、それはどんなケースでしょうか。債務整理は弁護士にとってもお金になりますからね。それをわざわざ突っぱねるなんて、よほどの理由があると考えることができます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理ができない場合はどうしたらいい?貸金業者との和解について

任意整理

 

事情によって任意整理が出来ない場合があります。しかし、これらのことを考えた上で見えて来るのは、業者が任意整理での和解に応じないのは、単純に『損をするから』ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

一部の債権者だけを任意整理することは出来る?

任意整理

 

そもそも借金の一部を免除にしてもらう債務整理が、『任意整理』の特徴です。自己破産となるとそれが出来ないのです。自己破産は『債権者平等の原則』に重きを置きますから、それは許されません。

 

 

>>詳細を見る

 

生活保護受給中に任意整理はできる?

任意整理

 

生活保護のお金で借金を返済することはできません。生活保護は、大勢の生活に困っている人のためにある制度ですので、一人に割り振られるお金はなるべく少ない方がいいわけです。

 

 

>>詳細を見る

 

家族・友人・同僚などに内緒で任意整理できる?

任意整理

 

家族や身内に内緒で任意整理は出来ます。まずはこれが基本的な考え方です。しかし、状況によってはばれてしまうこともあるので、一つ一つ考えていきましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をすると賃貸物件から追い出される?引っ越しはできる?

任意整理

 

任意整理をしても基本的にはそれが原因で賃貸物件から追い出されることはありませんし、引っ越しも出来ます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をして弁護士が受任通知を債権者に送付すると、督促は停止する?

任意整理

 

任意整理をして弁護士が受任通知を債権者に送付すると、督促は停止します。法律で定められているんですね。それ以降の督促は出来ないことになっています。

 

 

>>詳細を見る

 

クレジットカードのショッピングリボ払いを任意整理できる?

任意整理

 

クレジットカードのショッピングリボ払いを任意整理することはできます。というか、任意整理は全ての借金が対応ですからね。ショッピングリボ払いだろうが闇金融だろうが、全ての債務を整理することができます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理にかかる弁護士費用の支払いを延滞するとどうなる?

任意整理

 

任意整理をする際には弁護士費用がかかります。タダでやってくれるわけではありませんからね。しかし、お金がないから債務整理をするのに、そこでお金がかかってしまうのは、普通に考えるとちょっとヘンですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で借金が減らない場合はある?

任意整理

 

任意整理をしても借金が減らないなら、任意整理をしても意味がありません。借金を減らすために債務整理をしたいわけですからね。その場合はこういう理由が考えられます。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で強制執行は止められる?

任意整理

 

まず、強制執行について考えてみましょう。以下で考えるのは債権者側から見た強制執行の存在。『お金を貸した人が借りた人からお金を返してもらえない場合、訴訟を起こして勝訴判決を貰ったのに、相手がお金を払ってくれない場合』です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理は無職や無収入の人でもできる?

任意整理

 

任意整理は無職、無収入の人に向いているでしょうか。答えは、Noです。任意整理は基本的に、収入がある人しかできない債務整理です。次を見れば一発でわかります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理はアルバイトやパートでもできる?

任意整理

 

任意整理はアルバイトやパートでも出来るでしょうか。答えは、Yesです。任意整理というのは一定の収入があれば出来る可能性が高い債務整理です。

 

 

>>詳細を見る

 

農家で働く人に適した債務整理は任意整理?

任意整理

 

農家で働く人が借金をしていて、その返済に困ったらどんな債務整理をすればいいでしょうか。債務整理は、任意整理、民事再生(個人再生)、特定調停、過払い金請求、自己破産とありますが、この中でどの債務整理が一番適しているか、ということですね。

 

 

>>詳細を見る

 

高齢者や年金受給者も任意整理が出来る?

任意整理

 

高齢者や年金受給者も任意整理が出来るでしょうか。答えは、Yesです。任意整理は、高齢者だから出来ないとか、年金受給者だから出来ないということではないんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で債権者を選ぶことは偏波弁済になる?ならない?

任意整理

 

例えば、A社:高利、B社:クレジットカード会社、C社:担保あり(自動車ローン)、D社、であった場合、A社だけが金利が高いので、これを整理したいと考えた時、任意整理をすればそれが可能になるということです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をすれば滞納している税金もカットできる?できない?

任意整理

 

任意整理では借金を整理することができます。主に、利息のカット、元金の3~5年の分割払い、をメインにした整理方法です。借金が全部なくなるわけではありませんし、元金だけはきちんと返していくということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

パチンコや競馬等のギャンブルが原因での借金は任意整理できる?

任意整理

 

パチンコや競馬等のギャンブルで借金をした場合、任意整理でそれを整理することはできるでしょうか。一見するとできなさそうですね。借金の動機が不純ですからね。しかしその答えは、Yesです。つまり、『任意整理できる』ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をすれば闇金融からの借金を解決できる?

任意整理

 

闇金融からの借金を任意整理で解決しようとしている人がいるのであれば、ご安心ください。闇金融の借金というのは、そもそも支払う必要がありません。闇金融は違法業者ですからね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で奨学金を対象にすることはできる?返済はどうなる?

任意整理

 

任意整理で奨学金を対象にすることはできます。しかし、奨学金を対象にすると、ブラックリストに載ります。奨学金という制度は、日本学生支援機構(JASSO)が貸付を行っていいます。

 

 

>>詳細を見る

 

主婦が家族に内緒で借金を整理したい?それなら自己破産よりも任意整理!

任意整理

 

そうなると任意整理が一番可能性があります。任意整理は、この債務整理の中で唯一『裁判所を通さない債務整理』ですから、手続きが簡単で、周囲の人にばれにくい特徴があります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の住宅ローン特則。不動産の時価評価額が高いなら任意売却をしたほうがいい?

民事再生

 

個人再生には、小規模個人再生、給与所得者等の再生、があり、いずれも債務の弁済率と分割払いの方法を定めた再生計画案を作成して裁判所の認可を得る手続きです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の住宅ローン特則(住宅資金特別条項)ならマイホームを残すことができる?

民事再生

 

個人再生は住宅を残したい人にとってはとても便利な債務整理となっているわけです。自己破産になると住宅を処分することになりますからね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすると連帯保証人はどうなる?同じように借金は減額される?

民事再生

 

債務者が個人再生をしても連帯保証人には支払い義務が残ります。基本的に、任意整理、特定調停、自己破産、どの債務整理でも主債務者が債務整理をしても、保証人の責任は何ら変わることはないので注意が必要です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生はアルバイトやパートでも申請できる?

民事再生

 

サラリーマンやパートタイマーのほか、年金生活者でも利用することができます。個人再生で求められるのは『継続的な収入』です。ですから、逆に正社員であっても継続的な収入がないなら個人再生は出来ないという考え方になります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすれば離婚後の慰謝料や養育費はどうなる?減額の対象?

民事再生

 

個人再生ではあらゆる『借金』を減額することができます。しかし、慰謝料や養育費は『借金』ではなく、『支払い義務』です。や慰謝料は、『共益債権』であり、『非減免責権』。つまり、減額されずに支払い義務は残ります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で団体信用生命保険はどうなる?

民事再生

 

団体信用生命保険(団信)は、住宅ローンを借り入れている人が亡くなったり高度障害になった時に、生命保険会社がローン残高を保障してくれる保険です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生なら生命保険は解約?自動車・火災保険の解約返戻金は?

民事再生

 

任意整理や個人再生になると、換価20万円以下の財産を売る必要があるとか、そういう強制はありません。ですから保険を解約しなければならないということはありません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生でのリフォームローンの扱いは?住宅ローンと同じ?

民事再生

 

文字通りリフォームするためのお金をローンで支払うということですね。家をリフォームするということはよくあることです。それを一括で支払うならいいのですが、ローンを組んで支払うなら、それはリフォームローンと呼ぶことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で『異議の留保』にチェックが必要!?一般異議申述期間とは?

民事再生

 

債権者一覧表に、異議の留保についてのチェックボックスがありますので、ここにチェックをすると、債務者は『債権者からの異議に対する異議の申し立て』が出来ます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の評価申立てとは?

民事再生

 

債務者は個人再生の際、申立書と同時に債権者一覧表を提出します。債権者はそこに記載された『支払う金額』に不満があれば、債権届出期間の間に再生債権届出書を提出して異議を申し立てることができます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすると決めた場合、手続き前に借入をしてはいけないのか

民事再生

 

個人再生の直前に借り入れをすることは基本的には認められません。最悪の場合詐欺再生罪となり、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をする前に車や不動産を譲渡したり名義変更をするとどうなる?

民事再生

 

そもそも、なぜ個人再生前にそれを行う必要があったのか。ということが追及されます。もし、資産隠しの意味合いでそれをしていた場合は詐欺再生罪となり、そうなると最悪の場合、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の書面決議で債権者に反対された場合の対処法とは?

民事再生

 

個人再生をしようとしたとき、まともな再生計画案を立てれば普通は同意を得られます。もし通らない場合は、小規模個人再生から給与所得者等再生手続きに切り替えた方がいいということもあります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生後に再生計画の支払いが遅れたらどうなる?

民事再生

 

個人再生をすると、借金を大幅に減額できます。例えば500万円なら100万円になります。これはざっと計算し過ぎですけどね。しかし、大体そうなります。更に詳しく考える場合は以下の記事を見る必要があります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生は無職や生活保護の受給者でも申請できる?

民事再生

 

個人再生は支払いをしていく債務整理です。したがって無職であっても『年金生活者』であれば受けることは可能ですが、収入がなければ個人再生はできません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で減免されない非減免債権とは?減額されない支払いがある?

民事再生

 

非減免債権とは、減額されない債権のことです。例えば、養育費や損害賠償請求権(慰謝料)等は、『非減免責権』として扱われることになり、個人再生が認められても、これらの支払いを減額することはできません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人事業主の個人再生基本知識!売掛金と買掛金の扱いはどうなる?

民事再生

 

売掛金は財産ですから、清算価値に計上します。買掛金はその逆で債権ですから、他の債権者の債権と同様に計算していくことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生手続きで給与差押えを中止させる方法は?取り消し以外の選択肢

民事再生

 

個人再生をすると、給与の差押を中止にしたり取り消したりすることができます。個人再生でも任意整理でも、弁護士が介入して、そしてその受任通知を債権者に送った場合は債権者は督促や取り立て行為を行ってはならないということになっています。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で家賃の滞納や水道光熱費の支払いは減額される?

民事再生

 

個人再生における家賃の滞納は減額の対象になります。しかし、そうなることによって、賃貸物件の契約を解約させられることになる可能性があります。また、水道光熱費は一般優先債権となりますので、減額されません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で裁判所から担保権消滅の許可を得るとどうなる?

民事再生

 

個人再生では、住宅ローン特則と同じような考え方で、担保となっている物件を守れるような配慮がなされています。その財産相当の金額を裁判所に納付して裁判所の許可を得れば、その財産に付いた抵当権を抹消することができます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生では相続放棄と分割協議のどちらが有効?

民事再生

 

『相続放棄のような身分行為については否認対象にはならない』という最高裁の判決が出ています。 しかし、遺産分割協議は『相続することを受け入れた』と判断されるため、これは相続放棄ではなく、身分行為ではないと判断されます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生での詐害行為取消権は行使できないが、否認権なら行使できる?

民事再生

 

債務整理における詐害行為とは、『債権者を害する(損をさせる)目的で自分の財産などを不当に減らす行為』のことを言います。例えば自己破産における詐害行為は、下記のようなものが挙げられます。

 

 

>>詳細を見る

 

借金(債務額)が5,000万円以上ある場合は個人再生できないのか

民事再生

 

できません。住宅ローンを除いた負債額が5,000万円を超えないことが個人再生の条件です。債務額が5,000万円を超えている場合は、通常の民事再生か自己破産を検討しましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

警備員は個人再生や任意整理で借金が減らせる?

民事再生

 

減らせます。自己破産と違って資格制限はなく、警備員であっても個人再生や任意整理は受けられますし、仕事も続けられますので安心です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で滞納している税金や保険料も減額される?

民事再生

 

減額されません。税金や保険料は一般優先債権として数えられます。一般優先債権や非減免責権は個人再生によって減額されません。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生後に支払い期間を延長したり再生計画を変更することはできる?

民事再生

 

もし、再生計画の認可決定後に、やむを得ない理由でその再生計画通りに返済が出来そうもないと判断された場合は、その旨を裁判所に申し立てることで再生計画の変更が可能です。

 

 

>>詳細を見る

 

借金していた消費者金融が倒産・吸収合併した場合、過払金は返還されない?

過払い金請求

 

債権というものは『財産』と考えますので、それを相続する人がいたり、権利の移譲が行われたりするので、金融会社が倒産しても同じように、誰かに債権の権利が移っている場合は、引き続きその人に支払いを続けていくことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金の請求は業者によって対応や返還状況が異なる?

過払い金請求

 

過払い金の返還は、業者によって対応が違います。それはまず第一に、業者の規模や経営方針が違うからですね。それぞれ各社は、『金融業者』というだけの共通点しかありませんので、この過払い金に対する対応も、各社で違ってきます。

 

 

>>詳細を見る

 

ショッピング枠の借金は過払い金請求できないの?キャッシングだけ?

過払い金請求

 

過払い金というのは、キャッシング機能で行われた借金にしか発生しません。ですから、ショッピング機能を利用していて過払い金を期待している場合は、諦める必要があります。

 

 

>>詳細を見る

 

過払金返還請求権の消滅時効を過ぎたら過払い金が戻ってこない?その他にはどんな例がある?

過払い金請求

 

2006年に最高裁判所において、『グレーゾーン金利』による過払いの返金を求める判決が出てから2018年現在で12年。今やほとんどの債権において、過払い金は発生していないか、時効が過ぎているということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

二重ローンの問題を解決する被災ローン減免制度は特定調停が推奨!

特定調停

 

この国は震災大国であり、大陸はあまり地震がありません。それは陸の構造が関係していて、島国である日本は、周りの海底にあるプレートがずれたりすることで地震が発生しやすい場所にあるのです。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後にクレジットカードの審査は通らない?

特定調停

 

クレジットカードを作るときには審査をします。審査をして、その顧客情報が真っ白であれば審査に通る可能性は高いといえます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後に支払いができなくなった(返済不能になった)場合はどうなる?

特定調停

 

『支払いをしていく債務整理』で支払いができなくなった場合は、基本的には強制執行となります。期限の利益喪失をし、一括請求を余儀なくされます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後は住宅ローンや車のローンの審査は通らない?

特定調停

 

特定調停の後、住宅ローンや自動車ローンの審査は一定期間通りません。その理由は、特定調停をすることで信用情報機関にブラックリスト登録されるからですね。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停をすれば強制執行を停止できるか?裁判所を通す債務整理

特定調停

 

できます。特定調停には強制執行停止制度があります。これは、特定調停の申し立てとは別で申し立てをする必要があります。『執行停止の申し立て』です。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停が成立するまでにかかる期間とは?裁判所に出向く必要がある?

特定調停

 

東京の裁判所と地方の裁判所では忙しさが違います。したがって、特定調停の手続きにかかる時間は、東京の簡易裁判所:3~5カ月、地方の簡易裁判所:2~3カ月、ということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停で調停委員が取り下げを勧めることがある?そのタイミングとは

特定調停

 

債務者にその支払い能力がないと判断された場合は、その他の債務整理を勧めるために、調停委員から特定調停の取り下げを勧められる可能性があります。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理をすると借金の保証人にはどういう影響がある?

特定調停

 

借金をしている人が債務整理をすると、原則として保証人や連帯保証人に影響を及ぼすことになります。ですから場合によっては、保証人も個人再生や自己破産をすることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停後にローン(支払い)の繰り上げ返済は可能?

特定調停

 

特定調停後にローンの繰り上げ返済をすることは可能です。任意整理後でも可能ですし、個人再生でも可能です。繰り上げ返済は債務者としてもメリットがあります。元金を減らしていけば、払う利息も減っていくのです。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停はどこの裁判所に申し立てる?管轄裁判所はある?

特定調停

 

特別の定めがある場合を除き、簡易裁判所は『債権者の住所から最も近い簡易裁判所』に申し立てをします。『自分の家から最も近い簡易裁判所』と間違えやすいのですが、原則は債権者の住所を優先します。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停で期限の利益喪失をすると一括請求を余儀なくされる?

特定調停

 

特定調停で作成された調停調書の支払い計画に従えず、支払いを怠ることがあった場合、債務者は期限の利益を喪失します。往々にして遅滞約款には、2回の延滞があった場合において、期限の利益を喪失して一括請求を余儀なくされる旨が記載されます。

 

 

>>詳細を見る

 

多重債務者は借金の一本化と任意整理のどっちがいい?

債務整理

 

一本化をすることは、デメリットもあります。『借金を減らす』ことができるのは、債務整理だけです。債務整理の中で最も簡単で人気があるのは、任意整理です。

 

 

>>詳細を見る

 

借金がある人の結婚。借金を整理するのは結婚をする前?後?どっちがいい?

債務整理

 

借金がある人が結婚をするとき、借金の整理をするのは結婚の前にすればいいのか、それとも後にすればいいのか、考えていきましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

生活保護で支給されたお金で借金を支払ってもいい?

債務整理

 

生活保護で支給されたお金で借金を支払ってはいけません。それを許してしまうと、結局ただ『国が債権者にお金を渡している』ことになってしまいますからね。

 

 

>>詳細を見る

 

クレジットカード料金の支払いができない場合はどうすればいい?どこに相談すればいい?

債務整理

 

一括で支払えない場合は分割払いかリボ払いにすればいいでしょう。そうすると結果的に利息をつけて支払うことになり、支払総額は増えてしまいますが、『クレジットカードの料金が払えない』状況にあるわけですからね。

 

 

>>詳細を見る

 

ヤミ金問題に強いおすすめの弁護士や司法書士とは?

債務整理

 

闇金融対策として弁護士を選ぶ際は、『闇金融に強い弁護士』を選ぶことを前提とすることがポイントです。

 

 

>>詳細を見る

 

借金の取立てや闇金融とのトラブルは公的機関に相談できる?

債務整理

 

全国にある借金の相談や、闇金融業者のトラブル等において相談できる公的機関と、司法書士会、弁護士会、法テラスの電話番号の一覧を下記に記載しました。これらの基本的な情報を押さえておけば、まずは心強いはずです。

 

 

>>詳細を見る

 

借金していると会社にバレる?職場への借金取立てはある?

債務整理

 

借金をしていることが会社にばれることはあるでしょうか。それはケースバイケースですね。借金といっても色々なケースがあり、人間には色々な人がいますから。答えは一つではありません。会社にばれてしまうケースを挙げてみましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

連帯保証人や身元保証人を頼まれた場合の対処法とは?

債務整理

 

連帯保証人はほぼ債務者に等しいんです。ですから、それを頼むその人の人間性をまず疑うべきですね。友人だったら人をトラブルに巻き込みません。

 

 

>>詳細を見る

 

未成年の子供がした借金は返済義務がある?契約の取消はできる?

債務整理

 

未成年者は基本的に借金が出来ません。未成年者の契約は、法定代理人の同意を得ない場合は取り消すことができます。親に内緒で勝手に未成年が借金をしても、それは取り消すことができるんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

家族や友人が、知らぬ間に自分の名義で借金していたらどうなる?

債務整理

 

勝手に自分名義で借金をされた場合はどうしたらいいでしょうか。その場合は、まず勝手に自分の名義が使われたことを証明する必要があります。それが証明できた場合は、その支払い義務を免れることができるというのが、原則的な考え方です。

 

 

>>詳細を見る

 

債権者から給料を差し押さえられたときにはどうすればいい?

債務整理

 

借金をして、その借金を返さなければ債権者は損をしてしまいます。そして債務者だけが得をします。100万円貸して、50万円返してもらった場合、債権者はまだ50万円損しています。そして、債務者は50万円分使っているので、得をしています。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理で車を手元に残す方法はある?

債務整理

 

債務整理で車を手元に残す方法はあります。過払い請求をすれば、車を保有しておくことができます。車には何の影響も及ぼさない債務整理ですからね。

 

 

>>詳細を見る

 

 

違法な取り立てをする闇金融の5つの種類と3つの特徴+対策法

十日で一割の『トイチ』などまだやさしい。中には十日で五割、十割の『トゴ、トジュウ』が存在する。いうまでもなく、これは法律違反であり、こういうことを堂々とやる神経を考えると、こういう業者とは一切関わらない方がいい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

カテゴリー

↑ PAGE TOP