借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

5つの主要信用情報機関の登録内容!ブラックリストの実態とは?

 

質問

信用情報機関っていくつあるの?ブラックリストに登録されるとどうなる?

 

答え

主要な信用情報機関は5つあります。ブラックリストというリストは存在しませんが、ブラック扱いされると、およそ7年ほど事故情報が登録され、借金やクレジットカードの審査の際に影響します。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

今回は日本にある主要な信用情報機関について簡潔にまとめたよ!いわゆる、ブラックリストに登録されることについても、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

借金

 

目次

 

  • 1:5つの主要信用情報機関
  • 2:主な登録内容5つ
  • 3:ブラックリストに登録されることによる4つのデメリット
  •  

    目次

     

     

    5つの主要信用情報機関

     

    借金

     

    名称 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
    主な加盟企業 銀行(銀行、信用金庫、労働金庫など)

     

    名称 全国信用情報センター連合会(全情連)
    主な加盟企業 消費者金融、信販会社

     

    名称 株式会社シー・アイー・シー(CIC)
    主な加盟企業 主な加盟企業:信販会社、各種クレジットカード会社、リース会社

     

    名称 株式会社テラネット
    主な加盟企業 主な加盟企業:信販会社、流通系、銀行系クレジットカード会社

     

    名称 株式会社シーシービー(CCB)
    主な加盟企業 主な加盟企業:どの業界でも加盟可能

     

    ニワトリ

    この5つが主な信用情報機関だね!この中でも更に主要になるのは、上の3つになるよ!それぞれ、信販会社だったり、消費者金融だったり、専門として扱う情報が違うんだね!でも、これらの機関は繋がっていて、情報を共有しているよ!

    ぴよぴよ(一つに掲載されると、その情報が全部にシェアされるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 主な信用情報機関は5つあり、それぞれに管轄の金融機関違う。
  • これらの機関は繋がっていて、情報を共有している。
  •  

     

    主な登録内容5つ

  • 1)契約の内容に関する情報
  • 本人情報、借入金額、借入日、入金日、残高など

     

  • 2)返済の延滞情報
  • 延滞日、延滞期間、延滞金額など

     

  • 3)延滞の状況が解消した場合の情報
  • 延滞甲斐性日など

     

  • 4)債権回収、債務整理関係の情報
  • 債務整理手続きの種類など

     

  • 5)官報に掲載された情報
  • 民事再生や自己破産の開始決定日、免責決定日など

     

     

    ニワトリ

    登録される情報の内容は、主にこういう内容だね!借金に関係する情報がメインだね!このときに、支払いが全く滞りなく行われたなら、むしろそういう情報は消費者側にとってメリットになるね!実績になるわけだから!でも、逆に滞った経歴があると、デメリットになるね!

    ぴよぴよ(記録されているんすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 信用情報は、主に本人の金融事故の有無を調べるためにある。
  •  

     

    ブラックリストに登録されることによる4つのデメリット

     

    借金

     

    厳密に言うと『ブラックリスト』というリストは存在しないが、ほぼ『ある』と思って問題ないデータ管理のされ方がある為、『ブラックリスト』というのは通称という程度に考えておくべきである。

     

    ブラックリスト扱いされると
  • 1)銀行や貸金業者、クレジット会社から新規の融資を受けられなくなる
  • 2)返済が遅れるとカードが利用できなくなったり、新規のカードが創れなくなる
  • 3)自動車やマンションなどの購入でローンやクレジットが組めなくなる
  • 4)5~7年の間、リストから名前が消されることが無い
  •  

     

    ニワトリ

    通称ブラックリストに登録されれば、借金が出来にくくなるよ!扱い的に、『要注意人物』となるわけだから、貸す側だって、そういう人には貸したくないよね!

    ぴよぴよ(ブラックリスト)!

    お金がらみのトラブルって、結構ややこしいし、行くところまで行っちゃうから、そうなる前に、審査の段階でこうやって対応しているんだね!

    ぴよぴよ(怖いっす親分、お金って怖いっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 厳密に言うと『ブラックリスト』というリストは存在しない。
  • ブラックリスト扱いされると、5~7年の間カードを作れない等のデメリットを被る。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    借金の審査が通らない!審査の甘い金融機関は?住宅ローンがあると借金の審査はどうなる?

     

    借金

    借金の審査には借入状況が影響する!複数申し込みのデメリット

     

    借金

    相談しにくい借金の申込み。知り合い、彼氏、クレジットカードへの借金のケース

     

    借金

    住宅関係の借金ならAMSの不動産担保ローンで悩みが解決

     

    借金

    給料、持ち家はクレジットカード等の金融機関の審査対象になる

     

    借金

    在籍確認の電話が困るなら、電話確認無しのカード会社で契約すると良い

     

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

  • 株のノウハウ
  • FXのノウハウ
  • 融資のノウハウ
  • 税金のノウハウ
  • カテゴリー

    ↑ PAGE TOP