借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

借金の審査

 

債務整理

 

借金の審査が通らない!審査の甘い金融機関は?住宅ローンがあると借金の審査はどうなる?

借金

 

お金がどうしても必要で、覚悟を決めて借金を申込みに行ったとしても、必ずお金を貸してもらえるわけではありません。銀行系、消費者金融系などお金を借りるところはいくつも種類はありますが、どこも審査を行います。

 

>>詳細を見る

 

借金の審査には借入状況が影響する!複数申し込みのデメリット

借金

 

もしあなたが消費者金融や銀行カードローンで、借金をしようと考えていても必ず希望の金額を借入出来るとは限りません。返済能力があるかどうか審査され、審査に通らなければ、お金を貸してはもらえないからです。ではどのような状態であれば、審査に通る事が出来るのでしょう。

 

>>詳細を見る

 

相談しにくい借金の申込み。知り合い、彼氏、クレジットカードへの借金のケース

借金

 

金の切れ目が縁の切れ目なんて言葉もあります。どれだけ良好な関係を築いていても、借金を申込みするする事でトラブルが発生し、人間関係が壊れてしまう可能性もあります。だからこそ、借金の悩みは親しい関係であっても、相談しにくいと感じる人が多いでしょう。

 

>>詳細を見る

 

5つの主要信用情報機関の登録内容!ブラックリストの実態とは?

借金

 

厳密に言うと『ブラックリスト』というリストは存在しないが、ほぼ『ある』と思って問題ないデータ管理のされ方がある為、『ブラックリスト』というのは通称という程度に考えておくべきである。

 

>>詳細を見る

 

借金を考えているのならモビットがオススメ

借金

 

借金は極力しないに越した事はありませんが、どうしても借金をする必要がある状況になる事もあるでしょう。そんな時に、あなたはどこで借金をしようと考えていますか?同じ金額を借金する場合でも、借りたところによって、返済する総額は大きく異なってきます。

 

>>詳細を見る

 

プロミスで借金をすることについて

借金

 

借金をする必要がある時とは、せっぱつまった状況で、なかなか冷静な判断をするのは難しい状況かもしれません。ですが、そんな大変な状況だからこそ、どの消費者金融を選ぶのか選択を誤ってはいけません。

 

>>詳細を見る

 

アイシーローンで借金をする流れと注意点について

借金

 

アイシーローンは首都圏の大学生であれば、18歳から利用できる学生ローンがあったり、友達を紹介すると金利が下がるなど、お得にお金を借金したい学生にとって利便性の高い金融業者です。ではそんなアイシーローンを利用する流れと、利用の際の注意点について紹介します。

 

>>詳細を見る

 

借金に悩んでいるならAMSのおまとめローンに相談しよう

借金

 

住宅を購入し、維持しようと思ったら、たくさんのお金がかかってしまいます。購入の際に住宅ローンを組んで固定資産税を支払い、毎月の管理費などが発生していたら賃貸で家賃を支払っていた時よりも、生活が苦しくなったという人も少なくないでしょう。そして生活が苦しくなって生活費のために、ついつい消費者金融でキャッシングをしてしまう。

 

>>詳細を見る

 

首都圏の借金したい学生にオススメ・アイシーローン

借金

 

人生の中で、実は大学生が1番お金が足りないと感じる時期なのかもしれません。大学を機に一人暮らしを始め、親には学費と仕送りで大きな経済的負担がかかります。そのため、不景気の日本社会では、年々仕送りの金額が減少傾向にあると言われています。

 

>>詳細を見る

 

住宅関係の借金ならAMSの不動産担保ローンで悩みが解決

借金

 

借金をする必要があり、不動産担保ローンを考えている人にとって、どの金融機関の不動産担保ローンを利用すればいいのか分からないという人も多いでしょう。確かに、ローンの中でもメジャーな不動産担保ローンは、いろんな金融機関でさまざまな商品が用意されています。

 

>>詳細を見る

 

給料、持ち家はクレジットカード等の金融機関の審査対象になる

借金

 

急にお金が必要になる時ってありませんか?会社での付き合い、家庭サービス、趣味、毎日の生活など、様々なところで出費がかさみます。

 

>>詳細を見る

 

在籍確認の電話が困るなら、電話確認無しのカード会社で契約すると良い

借金

 

キャッシングやカードローンを利用する場合、気になるのが職場への在籍確認ではないでしょうか。お金を融資する金融機関側では、あなたが申請した会社で本当に働いているのか確認を行います。

 

>>詳細を見る

 

任意整理の手続きや流れとは?債務者が準備することや必要な心構え

任意整理

 

任意整理は、裁判所を介さずに行う債務整理です。裁判所を通すとそれだけ手間もかかりますから、それはメリットだと考えることが出来ますね。しかし、それだけに自力で債権者と交渉するのは難易度が高い為、弁護士に依頼して手続きをするのが相場です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理に必要な書類とは?(人によって違うので弁護士に聞くのが早い)

任意整理

 

任意整理には書類が必要になります。しかし、その書類はまず弁護士に依頼した段階で何を用意するかを教えてもらえますので、それに従った方が早いですね。事務所やそのケースによって、自分が何を用意するべきかということは変わってきますから。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理ができない債務者とは返済能力がない人!その他の理由+5

任意整理

 

この最低条件に当てはまらない場合は任意整理は向いていないことになりますね。給料がなかったり、年収300万円の人が500万円の借金をしていた場合は、任意整理は出来ないことになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で利息をカットしてもらい分割払いをするためには和解書(合意書)が必要

任意整理

 

例えば、A社:100万円、B社:100万円、C社:100万円、D社:100万円(高利)、と借金があった場合、高利のD社だけ、交渉によって利息をカットしてもらいたいと考えて、弁護士等に依頼してそれをD社に交渉します。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の和解成立後、もう一回任意整理できる?

任意整理

 

任意整理をすると、債務者が債権者に対して3~5年ほどの分割払いを要求することになります。そして、往々にして利息をカットしてもらいます。それは結構債権者からしたら面倒なことですよね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理ができるかできないかの判断基準とは?

任意整理

 

任意整理ができるかできないかの選択、判断基準を考える前に、まず第一に『今回のケースは他の債務整理と比べて任意整理が適しているかどうか』について考えることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の手続きにかかる時間・期間はどのくらい?

任意整理

 

任意整理の手続きにかかる時間は、3~6カ月くらいです。早ければ3か月というイメージですね。任意整理の手順はこうです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を依頼して弁護士に断られるケースとは?

任意整理

 

任意整理に限らず、自己破産手続きにおいても弁護士や司法書士に依頼したとき、途中で相手がその仕事を辞任することがあります。それは、債務者が弁護士に非協力的である場合ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理は途中で取り消しできる!その場合、着手金や信用情報は?

任意整理

 

任意整理をすると決めて弁護士に依頼し、話を進めている中で、途中で任意整理をやめたくなった場合、それは可能です。しかし、進行具合によっては問題は複雑化するでしょう。それはどんなことでも同じですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理は年収はいくらあればできる?低くても可能?

任意整理

 

毎月一定の収入がない人は任意整理はできません。3~5年の分割払いで返済していくわけですから、その間に収入が途絶えるなら、任意整理はできないということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生手続きの流れ(弁護士に委任し個人再生委員を選任する)

民事再生

 

個人再生手続きの流れを簡潔にまとめます。このページではあれこれと複雑に書くよりも、簡潔に書いた方がいいはずです。またここでは、弁護士に依頼する場合で考えてみます。

 

 

>>詳細を見る

 

小規模個人再生で再生計画案が否決される理由は?債権者の同意を得よ!

民事再生

 

再生計画案は、債権者の同意が得られるような再生計画案を考えることが大前提となります。債権者寄りの計画案が立てられてない場合、否決される可能性があります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生に必要な書類、提出書類一覧

民事再生

 

個人再生に必要な書類については、様々なサイトに掲載されていますが、それぞれで指定している内容が違います。ですから、ここでまた違うことを書いても、見ている人からすれば、一体どれが正しい情報なの?と思ってしまうことでしょう。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の申立書・陳述書の書き方

民事再生

 

大事なのは、もう二度と個人再生をしないことです。誠実な人間には結果が伴います。ここまで考えたあと、陳述書と向き合ってみてください。きっと素晴らしい陳述書を書くことができます。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生に必要な財産目録の作り方

民事再生

 

財産目録とは、所有する財産の一覧表です。この財産目録があれば、債務者がどれくらいの財産を持っていて、どれくらいこの個人再生で支払っていけばいいかがわかるわけです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生に必要な印紙は?手数料はいくらかかる?

民事再生

 

申し立て手数料(貼付印紙額)1万円が必要です。また、裁判所予納金 11,928円がかかります。その他、郵便切手や個人再生委員への報酬などがあります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の再生計画認可後に2回目の再申立てはできる?

民事再生

 

個人再生の二度目の再申し立てはできるでしょうか。つまり、個人再生を申し立てる、手続きが無事に終了し、支払っている途中でもう一度申し立てる、ということですね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をした後に自己破産手続きへ移行することはできる?

民事再生

 

可能です。個人再生が失敗したら、むしろ自己破産しかありません。ただし、もし支払いが4分の3終わっていた場合は、自己破産をせずとも、ハードシップ免責によって残りの4分の1の借金を免責にすることができる可能性があります。

 

 

>>詳細を見る

 

裁判をすれば借金の過払い金を少しでも多く取り戻せる?裁判の流れ

過払い金請求

 

いや、実際には裁判の費用の方が大きくなって、結果的に損をするということがあります。裁判になると費用も時間もかかります。通常は3か月程度で終わるところが、1年近くかかることもありますからね。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金の再計算の方法!債務者に有利な計算方式は利息充当方式?棚上げ方式?

過払い金請求

 

債務者に有利な過払い金の計算方式は利息充当方式です。利息充当方式の方がわずかに多い支払金額になります。従って、一部の貸金業者は、より過払い金の金額が小さくなる棚上げ方式で計算すべき、という主張をするようになりました。

 

 

>>詳細を見る

 

すでに完済した貸金業者に対しても過払い金返還請求はできる?

過払い金請求

 

過払い金請求は、基本的な考え方としては『現在進行形』で支払いを続けている業者に対して行うものと考えることが相場ですが、実際には完済し終わっても過払い金請求はできます。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金返還請求はいつまで可能?時効が過ぎたら請求できない?

過払い金請求

 

過払い金返還請求には時効があります。貸金業者がグレーゾーン金利を取っていたとして、そこから数えて10年が時効です。厳密に言うと『最後に取引をしてから10年』です。

 

 

>>詳細を見る

 

自己破産をした後に過払い金請求はできる?普通は『最中』にする

過払い金請求

 

自己破産後というよりは、自己破産の最中ということが多いはずです。自己破産後に請求をするということは、自己破産の前、最中に、自分に過払い金返還請求の権利があると理解していなかった、ということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の流れ!(手続や交渉を自分で行う債務整理)

特定調停

 

まず、特定調停の申し立てをすると、取り立てがストップします。その後、第1回調停が行われます。そして、第2回調停が行われます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の申し立て書類と手続きの流れのまとめ!

特定調停

 

必要な書類は、申立書(債権者一社ごとに作成)、債権者の商業登記簿謄本、借り入れ明細(契約書、領収書、残高証明書、振込金受領書など)、資産一覧表(不動産、預金通帳など)、などその他にも複数あります。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の必要書類と申し立て費用のまとめ!

特定調停

 

費用は、相手方(債権者)1社なら印紙代500円、切手代420円で済みます。任意整理ならおよそ20万円以上しますから、格安で手続きができます。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理を弁護士に依頼して断られる理由とは?拒否や辞任の実情

特定調停

 

任意整理に限らず、自己破産手続きにおいても弁護士や司法書士に依頼したとき、途中で相手がその仕事を辞任することがあります。それは、債務者が弁護士に非協力的である場合ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

多重債務は一本化したほうがいい?おまとめローンよりも債務整理!

債務整理

 

確かにおまとめローン等で、多重債務を一本化するという選択肢もあります。しかし、一本化は下手をしたら支払い額の合計が増える等の、様々なデメリットもあります。

 

 

>>詳細を見る

 

収入が減少して借金が返済できないときの対処法とは?

債務整理

 

借金をしたのはいいけれど、収入が減少して借金が返せなくなった場合はどうすればいいでしょうか。借金の返済というものは、そういうことがないように『早く返済する』べきでしたね。

 

 

>>詳細を見る

 

 

住宅ローン融資の審査や流れを確認。銀行や金融公庫で流れは違う?

マイホームの価格は、物件、立地条件によって大きく異なります。しかしそれでも数千万円の規模になりますから、現金で一括で購入するという人は一部のお金持ちを除いて存在しません。

 

 

融資審査のポイントをおさらい!審査に通らない人の特徴とは?

融資とは個人や法人が、銀行などの金融機関から必要な資金を調達する事です。個人の場合は住宅や自動車などの購入資金の不足を補うため、法人であれば、事業の拡大や設備投資を目的とした融資が一般的です。

 

 

プロミスの融資は便利だからこそ注意が必要

個人が融資を考えている場合、融資先に消費者金融を選ぶ人も多いでしょう。特にアコムやプロミスなど、TVCMが流れているため、消費者金融に関する知識がない人でもその名前は知っていますよね。ではプロミスを利用する場合の一連の流れと、利用上の注意点について紹介します。

 

 

モビットの融資はWEB完結申込みが可能で便利

お金に困っていて、融資を受けたいと考えている場合、消費者金融を利用する事に不安を覚える人もいるでしょう。しかし、消費者金融の中でも大手消費者金融で、知名度の高い金融機関なら信頼できると感じるのではないでしょうか?

 

 

ニチデンの融資はこんな人にオススメしたい

急にお金が必要となった場合、お金を借りる方法は、キャッシングと融資があります。キャッシングと融資の違いって何?と思う人もいるでしょう。金融機関によっては、キャッシングも融資も両方行っている金融機関も少なくありません。中小消費者金融のニチデンもキャッシングと融資を行っています。

 

 

ニチデンの融資を選ぶメリットとデメリット

消費者金融を利用する際に、大手消費者金融を利用する人は多いでしょう。消費者金融を初めて利用する事に対する不安が、知名度の高い大手消費者金融の方が安心感があると判断するためです。

 

 

ニチデンの融資を利用する流れと利用の際の注意点

ニチデンは、大阪に本社を置く地域密着型の中小消費者金融です。そのため、キャッシングサービスだけでなく顧客のニーズに応えられるよう、不動産担保ローンや事業者ローンなど、融資にも力を入れています。では、融資を利用する際の流れや注意点について紹介します。

 

 

ハローハッピーの目的別融資について

ハローハッピーは、目的に合わせていくつかの融資が用意されています。では、ハローハッピーの目的別ローンについて紹介します。

 

 

審査の時間はどのくらい?自動契約機での消費者金融申し込みの流れ

消費者金融で融資を考えているとき、審査にかかる手続きや担当員とのやりとりを考えると「めんどくさいなぁ」と思ってしまいがちです。もちろん自分に必要だから消費者金融の利用を考えているのであって、申し込みを面倒に感じていたら何も始まりません。

 

 

消費者金融の申し込みで嘘は厳禁!申し込みブラックは履歴にも残る!

多くのカードローンや銀行での目的別ローンの申し込みと同じように、消費者金融で融資を受ける際にも必ず審査があります。

 

 

消費者金融は審査が通りやすい?審査に必要な書類や審査基準を確認!

銀行で融資を受ける場合に比べ、消費者金融での融資は審査に通りやすいと思われているのが一般的です。しかし、本当にそうでしょうか?

 

 

利用目的によって消費者金融での融資・審査に違いは出るのか?

消費者金融の申し込みでは、必ず利用目的を問われます。それは一体なぜでしょうか?近い道を限定していないにもかかわらず、なぜ利用目的を聞いてくるのでしょうか?

 

 

消費者金融プロミスはこんな人にオススメ

消費者金融プロミスはTVCMも流れていて、消費者金融ランキングでは1位に選ばれる事が多い消費者金融です。そのため、消費者金融はどこを利用しようと思った際に、真っ先に思い浮かぶ消費者金融だと言えるでしょう。

 

 

消費者金融モビットはこんな人にオススメ

消費者金融で融資を受けたいと考えている人は少なくないと思います。消費者金融と一言でいっても、たくさん存在し、どの消費者金融を選んでいいのか分からないという人もいるでしょう。

 

 

消費者金融キャレントの申し込みの流れについて

消費者金融キャレントは、インターネット専用のキャッシングなので、知らない人も多いかもしれません。ですが、サービス内容は大手消費者金融にひけをとらない状態で、審査には通りやすいため、いざという時のために、知っておくと安心だと言えるでしょう。ではそんなキャレントの利用の流れについて紹介します。

 

 

消費者金融キャレントはこんな人にオススメ

消費者金融のキャレントは、インターネット専用のキャッシングサービスをおこなっています。カード発行が不要なので、14時までに申込み手続きが完了していれば、即日申込みも可能です。では、キャレントは、どんな人にオススメなのか、紹介します。

 

 

消費者金融ニチデンのネットキャッシングについて

ニチデンは大阪に本社がある、中小消費者金融業者です。どうしても中小消費者金融のサービスは、大手消費者金融のサービスに劣るというイメージがあるかもしれません。ですが、ニチデンに関して言えば、大手消費者金融よりも無利息期間が90日間と長く、上手に活用する事で大手消費者金融よりも、お得にキャッシングを利用する事が可能です。ではキャッシングサービスのニチデンについて紹介します。

 

 

消費者金融ニチデンの無利息期間は90日間

消費者金融を選ぶ際に、知っている消費者金融の方が安心感があるという理由で、アコムやプロミスを選ぶ人は多いでしょう。しかし、アコムやプロミスよりも、お得に借りれる消費者金融がある事を知っていますか?ネットキャッシングを行っている消費者金融ニチデンについて紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

カテゴリー

↑ PAGE TOP