借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

借金の債務整理

 

債務整理

 

任意整理

任意整理『裁判所を通さずにお互いの話し合いで解決する。利息をカットし、3~5年の分割払いで返済する』

 

民事再生(個人再生)

民事再生(個人再生)『借金を5分の1以上に減額し、住宅ローンがある場合は住宅を処分しないで済む』

 

特定調停

特定調停『裁判所を通した任意整理。費用が格安で、手続きに負担がかかる』

 

過払い金請求

過払い金請求『払いすぎた利息がある場合は、それを貸金業者に返金請求できる』

 

自己破産

自己破産『財産のほとんどを処分する代わりに、借金を帳消しにする』(※自己破産は別サイトで特化してまとめています。)

 

 

 

債務整理の記事一覧

 

債務整理の弁護士選びで失敗しない為の4つのポイント

借金

 

利息制限法に引き直した残債務の計算をきちんとやってもらえるか。貸金業者とグルになっていないかどうか。費用は明確か。等、注意点を確認しましょう。

 

>>詳細を見る

 

特定調停の4つのメリットと5つのデメリットとは!+7つの必要書類

借金

 

特定調停とは、債務者が簡易裁判所に手続きを申し立てて、簡易裁判所の調停委員2名が仲裁者となり、当事者間の合意を成立させることで、債務整理を行う手続きです。では、その特定調停にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。また、必要な書類はどのようなものなのでしょうか。

 

>>詳細を見る

 

民事再生の手続きや流れ、必要書類を徹底検証!費用は?メリットは?

借金

 

負債額が5,000万円を超えない場合で、不動産屋自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人。あるいは自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人は、民事再生という選択肢があります。

 

>>詳細を見る

 

債務整理をする前に確認する注意点!+任意整理の徹底検証

借金

 

債務整理には、『任意整理』、『特定調停』、『民事再生』、『自己破産』の4つの種類と選択肢があります。ここではそれら債務整理の流れと『任意整理』についての詳細をご紹介しております。

 

>>詳細を見る

 

強制執行や公正証書とは?不服申し立ては出来るのか?

借金

 

強制執行、内容証明、公正証書とは一体どのようなものなのでしょうか。また、強制執行に対する不服の申立が出来るとしたらどのようなケースが挙げられるのでしょうか。

 

>>詳細を見る

 

借金の返済不能問題で最も有効な手段『債務整理』にかかる弁護士費用

借金

 

借金がかさむと、毎月の支払いにも影響が出てきます。そして支払いが滞れば債権者のからの取り立てが始まり、やがては自己破産へと進む人も出てきます。

 

>>詳細を見る

 

個人信用情報機関のブラック情報を確認する方法とは

債務整理

 

任意整理をすると信用情報機関にブラック登録されます。その個人情報は、開示請求をすれば確認することができます。これは、原則として本人のみができることです。これを『本人開示制度』と言います。

 

 

>>詳細を見る

 

官報の閲覧方法とは?債務整理の情報を調べられる?

債務整理

 

全国の政府刊行物取扱店の情報を確認できるサイトがありますので、そちらで販売店を確認することができます。また、現在は『インターネット版官報』というものがあって、インターネットで誰でも簡単に官報が見れるようになっています。

 

 

>>詳細を見る

 

保証人と連帯保証人の違いは?保証人への請求と求償権について

債務整理

 

保証人よりも連帯保証人の方が重い責任を負っているということですね。もう、ほぼ債務者という扱いになるのが連帯保証人です。

 

 

>>詳細を見る

 

借金の消滅時効とは?時効の援用と中断について

債務整理

 

借金にも時効があります。サラ金業者が会社の場合は、『商行為によって生じた債権』として5年間、個人の場合は、民法の規定による10年間となります。

 

 

>>詳細を見る

 

借金の支払いを滞納した場合は強制執行?不動産売却?その流れとは

債務整理

 

借金をして支払いを滞納した場合は強制執行をかけられ、不動産を持っている場合は不動産を売却されることもあります。もちろんそれはケースバイケースです。最初から不動産を担保にして借金をしていた場合はそういう流れになることもあるでしょう。

 

 

>>詳細を見る

 

家や自動車を担保に入れて借入をする方法!担保物権とは

債務整理

 

家や自動車を担保に入れてお金を借り入れすることができます。例えば住宅ローンであれば使途が限定されずに利用できたり不動産が担保になるため、通常の担保がない借金のケースと比べて金利は低めで返済期間も長めで借りれるということです。

 

 

>>詳細を見る

 

リボ払いの際の元金と利息ってどうなってるの?元利均等返済と元金均等返済

債務整理

 

リボ払いの注意点は、知らず知らずのうちに借金が増えてしまわないように管理をするということです。元利均等返済と元金均等返済の返済方法がありますから、それぞれの特徴と注意点を確認しましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理の支払いに困ったら法テラスの民事法律扶助制度を利用しよう!

債務整理

 

債務整理の支払いに困ったら法テラスの民事法律扶助制度を利用しましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

貸金業規制法でみなし弁済は廃止!改正貸金業法では総量規制がスタート!

債務整理

 

みなし弁済とは簡単に言うと、『債務者の意思で支払っていたのなら、高い金利でもそれは違法ではないとみなす』という意味です。これは2010年の貸金業法改正で廃止されました。

 

 

>>詳細を見る

 

多重債務者は借金の一本化と任意整理のどっちがいい?

債務整理

 

一本化をすることは、デメリットもあります。『借金を減らす』ことができるのは、債務整理だけです。債務整理の中で最も簡単で人気があるのは、任意整理です。

 

 

>>詳細を見る

 

利息制限法と出資法の金利の違いとは?違反すると行政処分を受ける?

債務整理

 

出資法:貸主の立場から見た考え方、利息制限法:借主の立場から見た考え方。利息制限法で定めて上限利息を超えた契約は無効になるだけではなく、貸金業の登録取り消しや業務停止などの行政処分の対象になります。

 

 

>>詳細を見る

 

借金がある人の結婚。借金を整理するのは結婚をする前?後?どっちがいい?

債務整理

 

借金がある人が結婚をするとき、借金の整理をするのは結婚の前にすればいいのか、それとも後にすればいいのか、考えていきましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

生活保護で支給されたお金で借金を支払ってもいい?

債務整理

 

生活保護で支給されたお金で借金を支払ってはいけません。それを許してしまうと、結局ただ『国が債権者にお金を渡している』ことになってしまいますからね。

 

 

>>詳細を見る

 

クレジットカード料金の支払いができない場合はどうすればいい?どこに相談すればいい?

債務整理

 

一括で支払えない場合は分割払いかリボ払いにすればいいでしょう。そうすると結果的に利息をつけて支払うことになり、支払総額は増えてしまいますが、『クレジットカードの料金が払えない』状況にあるわけですからね。

 

 

>>詳細を見る

 

ヤミ金問題に強いおすすめの弁護士や司法書士とは?

債務整理

 

闇金融対策として弁護士を選ぶ際は、『闇金融に強い弁護士』を選ぶことを前提とすることがポイントです。

 

 

>>詳細を見る

 

借金が減らないのには理由がある!計算できない人は返済方式を複雑化するな!

債務整理

 

借金をしてそれを返済しているつもりなのにいつまで経っても借金が減らない理由は、単純に『計算ができないから』です。それで終わりです。計算ができる人はそういうことにはなりません。まずはその決定的な事実を真正面から受け入れましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

多重債務は一本化したほうがいい?おまとめローンよりも債務整理!

債務整理

 

確かにおまとめローン等で、多重債務を一本化するという選択肢もあります。しかし、一本化は下手をしたら支払い額の合計が増える等の、様々なデメリットもあります。

 

 

>>詳細を見る

 

友人から借金返済を迫られて困る?借用書(契約書)を作成しておこう!

債務整理

 

友人との間でお金を貸し借りすることがありますね。やはり友人の場合は、金融業者よりも圧倒的にハードルが低く、それまで積み上げてきた信頼があるため、口約束で簡単にお金の貸し借りが行われやすいんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

カードローンやクレジットカードの借金を早く返済するコツと方法

債務整理

 

カードローンやクレジットカードの借金を早く返済する方法は、ズバリ、『早く返済すること』です。これはもうこの一言であり、これから書く説明文も、その理由はなぜかについて書くだけですから、正直ここで終わってしまってもいいくらいです。

 

 

>>詳細を見る

 

収入が減少して借金が返済できないときの対処法とは?

債務整理

 

借金をしたのはいいけれど、収入が減少して借金が返せなくなった場合はどうすればいいでしょうか。借金の返済というものは、そういうことがないように『早く返済する』べきでしたね。

 

 

>>詳細を見る

 

離婚時に住宅ローンが残っている場合の財産分与の注意点

債務整理

 

離婚時に住宅ローンが残っている場合は、基本的には夫婦でその残りのローンを支払っていくことになります。これは住宅ローンだけに限った話ではありません。住宅ローンを含めた借金や、現金を含めた財産の両方が、財産分与の対象になります。

 

 

>>詳細を見る

 

借金のトラブルに巻き込まれないためにやれること!適切な対処法とは

債務整理

 

まず第一に考えらえるのが、闇金融の世界ですね。闇金融についての基本的な情報は下記に書きました。まずはこの基礎知識を入れて、対処しましょう。傾向や法律、相談窓口などが書いてあります。

 

 

>>詳細を見る

 

借金を踏み倒しても詐欺罪にはならずに逮捕されない?

債務整理

 

借金の踏み倒し行為をすることで、逮捕されることはありません。警察は民事不介入だからですね。借金の踏み倒し行為は『民事事件』なのです。民法の第402~422条に、『債務不履行の責任等』について記載してあります。

 

 

>>詳細を見る

 

借金の取立てや闇金融とのトラブルは公的機関に相談できる?

債務整理

 

全国にある借金の相談や、闇金融業者のトラブル等において相談できる公的機関と、司法書士会、弁護士会、法テラスの電話番号の一覧を下記に記載しました。これらの基本的な情報を押さえておけば、まずは心強いはずです。

 

 

>>詳細を見る

 

借金していると会社にバレる?職場への借金取立てはある?

債務整理

 

借金をしていることが会社にばれることはあるでしょうか。それはケースバイケースですね。借金といっても色々なケースがあり、人間には色々な人がいますから。答えは一つではありません。会社にばれてしまうケースを挙げてみましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

連帯保証人や身元保証人を頼まれた場合の対処法とは?

債務整理

 

連帯保証人はほぼ債務者に等しいんです。ですから、それを頼むその人の人間性をまず疑うべきですね。友人だったら人をトラブルに巻き込みません。

 

 

>>詳細を見る

 

未成年の子供がした借金は返済義務がある?契約の取消はできる?

債務整理

 

未成年者は基本的に借金が出来ません。未成年者の契約は、法定代理人の同意を得ない場合は取り消すことができます。親に内緒で勝手に未成年が借金をしても、それは取り消すことができるんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

家族や友人が、知らぬ間に自分の名義で借金していたらどうなる?

債務整理

 

勝手に自分名義で借金をされた場合はどうしたらいいでしょうか。その場合は、まず勝手に自分の名義が使われたことを証明する必要があります。それが証明できた場合は、その支払い義務を免れることができるというのが、原則的な考え方です。

 

 

>>詳細を見る

 

債権者から給料を差し押さえられたときにはどうすればいい?

債務整理

 

借金をして、その借金を返さなければ債権者は損をしてしまいます。そして債務者だけが得をします。100万円貸して、50万円返してもらった場合、債権者はまだ50万円損しています。そして、債務者は50万円分使っているので、得をしています。

 

 

>>詳細を見る

 

カードの未払い督促が届くと利用停止?強制解約?給与差し押さえ?その流れとは

債務整理

 

全て実行されます。しかし、順を追って少しずつです。ですから最初の督促の段階で対応していれば、問題悪化を未然に防ぐことができます。支払いは遅れないことが大原則ですね。

 

 

>>詳細を見る

 

借金が返済できない?カードローンが払えない?そんな時は…

債務整理

 

借金が返済できない!カードローンが払えない!そんな時は様々な選択肢があります。一本化する、家族や知人に借りる、支払い方法を変える、債務整理をする、任意売却をする、一つ一つ考えて最適な選択肢を選びましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

借金返済の計画を立て、時には完済不能だと判断することも大事。

債務整理

 

借金の返済計画を立てる場合は、時に完済不能であると判断することも大切なことです。そもそも、それは借りる前にしておかなければならないことでした。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理なら多重債務の問題を解決できる?一本化がいい?それぞれの特徴とは

債務整理

 

多重債務に陥っている場合、そこにいる債務者は『多重債務者』ということになります。多重債務者になると自転車操業になりやすくなり、そうすると一気に返済が困難となり、パンクする可能性が高くなります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生・自己破産・特定調停は裁判所を介した債務整理!その裁判費用は?

債務整理

 

特定調停が最も費用が安く、申立費用は、1社につき500円と郵便切手程度の費用で済みます。個人再生であれば、2.3万円~30万円。自己破産であれば、3.5万円~50万円程度の費用が掛かります。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理をするとブラックリストに載る?それぞれの期間はどのくらい?

債務整理

 

債務整理をすると信用情報機関にブラックリスト登録されます。厳密には『ブラックリスト』というリストは存在ませんが、ほぼそのようなものがあり、そう解釈してもあまり差支えはないので、その表現が浸透しています。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理すると借金を返さなくてもいい?減額されるだけ?

債務整理

 

債務整理によって違います。借金を返さないで済むのは過払い請求と自己破産だけです。過払い請求はむしろ『払いすぎた利息』を返してもらいますので、これだけは行ってもブラックリストに載りません。

 

 

>>詳細を見る

 

借金の返済相談をする前に家計収支表をまとめよう!実はとても重要!

債務整理

 

家計収支表をまとめることは、多くのメリットがあるんですね。『家計収支表』は家計簿のようなものです。家族全員の収入と支出を記載したものですね。自分のものだけではないことがポイントです。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理で車を手元に残す方法はある?

債務整理

 

債務整理で車を手元に残す方法はあります。過払い請求をすれば、車を保有しておくことができます。車には何の影響も及ぼさない債務整理ですからね。

 

 

>>詳細を見る

 

ギャンブル依存症の実態。債務整理は単なる『応急処置』

債務整理

 

一般的に男はギャンブルや酒、女は買い物に走る傾向があるといわれています。しかしこれは『傾向がある』というだけで、女性にもギャンブルや酒に依存する人はいるし、男にも買い物に走る人はいます。

 

 

>>詳細を見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

お金に関するその他の情報

クレジットカード

クレジットカード

クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

 

消費者金融

消費者金融

消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カードローン

カードローン

カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

キャッシング

キャッシング

キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

自己破産

自己破産

自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

お金/資産

お金

お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP