借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

効率よく融資を受ける方法とは?複数の金融機関へ同時申込する裏技

 

目次

 

  • 融資審査を効率よく受ける方法とは
  •  1-1:同時申込みについて
  •  1-2:複数申込みが断られる理由
  •  1-3:効率よく融資を受ける方法とは
  •  

  • 融資複数同時申込みは時間差で同日内に行う
  •  2-1:複数申込みばマイナスイメージ
  •  2-2:申込みブラックについて
  •  2-3:同時申込みはいい事?悪い事?
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    融資審査を効率よく受ける方法とは


    なるべく早く資金を用意したい、時間がないという人もいるでしょう。そんな時にどうすれば、効率よく融資を受ける事が出来るのでしょうか?また融資は、1件目の審査結果が出ていない段階で、同時に複数の金融機関に申し込む事は可能なのでしょうか?

     

    融資

     

     

    同時申込みについて


    まず融資は金融機関によって、融資内容が異なります。

     

    Aという金融機関は、金利が低く融資を受けたいけれど、審査が厳しいと言われていたとしましょう。

     

    Bという金融機関は、金利が高いけど、比較的誰でも審査に通ると言われています。

     

    ではあなたなた、どちらの融資に申込みますか?

    Aに申し込んで、審査に落ちたらBに申し込む。この方法はあまり、いい方法とは言えません。

     

    融資

     

    なぜかというと、Aの審査に落ちてからBに申し込むのでは、資金調達に時間がかかってしまいます。またBに申し込む際には、Aの金融機関の審査に落ちたという事を、Bの金融機関も把握しているので、審査の心象が悪くなってしまうからです。他社で審査に落ちたのには、何か理由があると思われてしまうからです。

     

    Aの融資審査に落ちた事は、自分が黙っておけばバレる事はないと思うかもしれません。しかしながら、金融機関では融資審査を行う際に、必ず信用情報を確認します。信用情報とは全ての金融機関は法律上、融資審査の際に指定情報機関の信用情報を調査する義務があるのです。そのためその信用情報に融資申込みの記録が残ってしまうのです。

     

    融資

     

    ただ、この信用情報は翌日に更新されます。なので、もし同じ日にAとBの両方の金融機関の審査を申込みした場合にのみ信用情報にまだ記載されていないため、金融機関には同時に複数の金融機関の融資を申込みしているとはバレません。

     

     

    複数申込みが断られる理由


    融資の申込みは、同日申込みであれば、信用情報の記録に残る前に審査を行ってもらえます。しかし、申し込み日がズレてしまうと、複数申込みしているのが金融機関にバレてしまいます。そうなると、当然融資審査は不利になってしまいます。その理由は、まず融資額は年収の3分の1以上の貸付は違法行為となります。複数申込みして、そのうちに何件かの融資に通れば、違法行為に該当する可能性が高くなるため、金融機関は融資を断ってくるのです。

     

    融資

     

    また申込み件数が多いほど、時間に余裕がなく、早く融資をしてもらいたいと思っている証拠になります。切羽詰った状態の人には、金融機関は融資をしたくありません。なぜなら、逃亡など貸倒される可能性が高いからです。ですから、融資をしてもらいたいのであれば、余裕がない状況でもそれを相手に悟られてはいけません。

     

     

    効率よく融資を受ける方法とは


    では複数融資を申込む事が不利な状況につながるのであれば、効率よく融資を受けるためにはどうしたらいいのでしょうか?それはやみくもに申込みをするのではなく、融資される可能性が高そうな金融機関に絞って申込みをしましょう。

     

    ですが、金融機関は、融資審査の内容を外に漏らす事はありません。審査の通りやすさなど、どうすれば判断出来るの?と思う人もいるでしょう。その場合は、まずネットで匿名で出来る仮審査や簡易審査に通るかどうか確認してみましょう。後は口コミの情報で、どこの金融機関が審査に厳しく、どこの金融機関の審査が緩いのかある程度見えてきます。

     

    融資

     

    申込む金融機関を絞り込んだら、必ず信用情報の記録が更新されないうちに、同日に2社に申込みをして下さい。後から記録に残ってしまうので、同日に2社以上の申込みは避けた方が賢明です。そしてもし、2社とも融資審査に落ちてしまった場合は、申込み記録が信用情報に残ってしまいます。その場合、3社目の申込みでの融資審査はかなり不利な状況になってしまうので、審査に落ちた原因を極力改善した状態で、次の融資審査に臨むようにしましょう。

     

     

    融資複数同時申込みは時間差で同日内に行う


    例えばすぐにお金を必要としていて、融資を受ける場合、融資はなるべく金利が低く長期間借入しても負担にならない。そんな金融機関から融資を受けたいと思うでしょう。しかしながら条件のいいところほど、申込みする人が多く、人気があるため、融資審査が厳しくなってしまいます。

     

    融資

     

    融資審査の基準は明確に公表してくれません。なので、融資審査を受ける際には、審査に通るかどうか非常に心配になる人も少なくないでしょう。一刻も早くお金が必要な人にとっては、審査に通らず、他の金融機関に再度融資申込みをする時間や手間も惜しいはずです。ではそんな時に、どうすれば効率よく融資を受ける事が出来るのか?その方法を紹介していきたいと思います。

     

     

    複数申込みばマイナスイメージ


    融資審査では信用情報も必ず確認されます。信用情報とは、過去や現在金融機関で借入をしていないか、借入をした事があれば返済で延滞などをしていないかなど、今までの金融機関との関係性を調べます。実際に借入していなくても、金融機関に融資の申込みをしただけでも記録として信用情報に残されてしまいます。ですから、信用情報を見て、金融機関が不信に思った場合は、融資審査に通らない事が多いのです。

     

    融資

     

    融資の申込みの記録は、実際にお金を借りたわけではありません。ですが、融資審査に断られたのには、何か原因があるんだろうと、マイナスのイメージを金融機関に残してしまいます。

     

    そのため融資審査に申込みする場合に、条件のいい金融機関の融資を立て続けに申込みして全て落ちてしまった。そうなると、その信用情報を見て、条件がそれほどよくない金融機関も、この申込み者の評価は低いと判断されてしまいます。その結果、本来最初に申込みしておけば通ったかもしれない金融機関でも、融資審査に落ちてしまう状況に陥ってしまいます。この状態は申し込みブラックと呼ばれます。

     

     

    申込みブラックについて


    では、申込みブラックにならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

     

    融資

     

    それは、申込み件数を減らす事です。

     

    条件のいい融資に通りたい、その気持ちは理解出来ます。しかし自分の年収や借入金額などを考慮して、審査に通りそうな金融機関に申込みましょう。あまり高望みしても、いたずらに「融資審査に通らない」という記録を残してしまうだけだからです。自分が審査に通る可能性が高い金融機関を選んだら、次は同じ日に複数の融資申込みを行って下さい。

     

    同じ日に何件も融資申込みをするのは、大変だと思うかもしれません。しかし1日でも申込み日をズラしてしまうと、信用情報の記録が更新されてしまい、前日に別の金融機関に申込みした事がバレてしまうのです。同じ日であれば、まだ情報が更新されていないので、複数申込みをしている事を融資審査の段階で金融機関にバレる事はありません。

     

     

    同時申込みはいい事?悪い事?


    同じ日に時間差で、金融機関に融資を同時申込みする行為はあまり褒められた行為ではありません。これがもし別の日に申込みを行ったら、心象が悪くなる事を分かった上で信用情報が更新されない時間帯に同時に申込みすればバレないから審査に通りやすくなるわけです。

     

    金融機関を騙す行為である事は確かです。ですが、融資申込みをする状況で、お金が必要で時間に余裕がない。そんな状況であれば、少しでも効率よく融資を請けたいと思う事は、当然の心理だとも言えるでしょう。ですから、そんな騙すように融資を受けた以上は、ここで貸倒や返済遅延、自己破産などで融資が回収できないなんて事態で金融機関に迷惑をかける事だけは絶対しないようにしましょう。

     

    借りたお金は必ず返す。当たり前の事ですが、その当たり前の事が出来ない人はたくさん存在します。申込みブラックではなく、本当に信用情報のブラックリストに載らないように、融資で借りたお金は返済期日までに必ず返済していきましょう。

     

     

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    ブラックリストの存在と信用情報機関の実態

     

    借金

    身に覚えがないのに突然カードが使えなくなる原因とその対策

     

    借金

    借金の取りたては怖い人が取り立てに来るのか

     

    借金

    手軽で便利な借金といえばクレジットカード。申し込みの年齢制限は?

     

    借金

    お金の貸し借りの契約には口約束、借用書、契約書などの選択肢がある

     

    借金

    賃貸住宅に引越しする時の初期費用に注意!借金の返済とのダブルパンチも!

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP