借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

借金の取りたては怖い人が取り立てに来るのか

 

 

自己破産

借金の取りたては怖い人が取り立てに来るの?

 

自己破産

貸金法や暴対法などの改正によって、そういう人たちが減ったという事実があります。しかし、人間である限り完全にゼロになることはないでしょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

借金の取り立てが怖い人っていうのは、テレビドラマか漫画か何かの影響で、そう刷り込まれてるよね!だけど実際にそういう激しいことがまかり通っていた時代もあったんだ!

ぴよぴよ(うーむ、なるほど)!

暴走族の暴走行為とかもそうだけど、過去に時間を巻き戻せば、今では考えられないことがたくさんあるね!取り立てについて詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

かつて、一部の消費者金融の行き過ぎた督促が問題となった。しかし、法律は厳しくなった。

 

貸金業規則法第21条には、

『貸金業を営む者または貸金業を営む者の貸し付けの契約に基づく債権の取りたてについて、貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付の契約に基づく債権の取り立てをするに当たって、人を威迫し、または次の各号に掲げる言動その他の人の私生活もしくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない』

 

とある。また、同法48条には、

『これに違反した者は、6カ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する』

 

とある。

 

金融庁の『事務ガイドライン』に更に明確に記載されているが、早朝深夜の取り立てや、大声で怒鳴るといった行為は、全てこの『威迫』に該当することになる。督促をしていい時間というのは、朝8時から夜21時までと定められていて、本来、直接自宅に回収に行くことはほとんどない。そのような督促を行う業者は、まず闇金融まがいの業者と考えて間違いない。

 

借金

 

入金日から1ヶ月半くらいをすぎても未入金のままだと、カードが止められたり強制解約になるケースが多いので、支払日から1ヶ月というのは一つのラインである。その間も督促は行われるが、それはまだまだ序盤である。『初期督促』の段階だ。(督促の一番最初の段階。支払日が過ぎて一か月以内など、まだ未払い期間が短い場合に行われる)

 

それを過ぎると、中期督促とよばれる段階に移される。そこでは、法的手段など電話や督促状以外の回収方法を取る業者も出て来るので、更に追い込まれることになる。

 

また、暴対法などによって、暴力団員が犯罪行為を行うと、その犯人の罪が通常よりも重く科せられるばかりか、その暴力団組織そのものの存続も危うくなる。従って、暴力団が違法な取り立てをした場合は、法律を味方につけて断固として行動することが望ましい。

 

135.カードの未払い督促 届く 利用停止 強制解約 給与差し押さえ 流れ
59.借金 支払いを滞納した時 強制執行 不動産売却 流れ
134.債権者から給料を差し押さえられたとき 対処法

 

自己破産

基本的には違法なことは行ってはならないよね!でも、詐欺事件って、グラフで見るとむしろ右肩上がりになっちゃってるっていう現実があるよね!だから、現実は理屈通りにはいかないんだ!『理屈通りにはいかないのが現実』っていう考え方が正しいかもね!

ぴよぴよ(弱いっす親分、人間って弱いっす)!

 

 

この章のまとめ
  • かつて、一部の消費者金融の行き過ぎた督促が問題となった。
  • 法律の改正で、早朝深夜の取り立てや、大声で怒鳴るといった行為は、全て違法となった。
  • 督促には、初期督促と中期督促という段階がある。
  • 暴力団が違法な取り立てをした場合は、法律を味方につけて断固として行動することが望ましい。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    ブラックリストの存在と信用情報機関の実態

     

    借金

    身に覚えがないのに突然カードが使えなくなる原因とその対策

     

    借金

    手軽で便利な借金といえばクレジットカード。申し込みの年齢制限は?

     

    借金

    お金の貸し借りの契約には口約束、借用書、契約書などの選択肢がある

     

    借金

    賃貸住宅に引越しする時の初期費用に注意!借金の返済とのダブルパンチも!

     

    借金

    借金の支払いをつい優先し、家賃滞納をしてしまう一人暮らしの人へ

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP