借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

借金の情報

 

債務整理

 

ブラックリストの存在と信用情報機関の実態

借金

 

本来、『ブラックリスト』なるものは存在しない。自己破産したりカードを長期に滞納するとお金を貸してくれなくなるのは、信用情報機関延滞情報が載せられて、審査に通りにくくなるからだ。

 

>>詳細を見る

 

身に覚えがないのに突然カードが使えなくなる原因とその対策

借金

 

身に覚えがないのに突然カードが使えなくなる場合には、次のような原因が考えられる。

 

>>詳細を見る

 

借金の取りたては怖い人が取り立てに来るのか

借金

 

かつて、一部の消費者金融の行き過ぎた督促が問題となった。しかし、法律は厳しくなった。

 

>>詳細を見る

 

手軽で便利な借金といえばクレジットカード。申し込みの年齢制限は?

借金

 

クレジットカードを利用して、ショッピングなどを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。クレジットカードがあれば、必要な時に必要な金額だけ融資してもらえます。

 

>>詳細を見る

 

お金の貸し借りの契約には口約束、借用書、契約書などの選択肢がある

借金

 

私たちは人と約束を交わしたり、物品を売買したりすることがよくあります。このような場合、口頭だけで行ったり、きちんと書面を交わして契約を行ったりなど、人によって様々です。

 

>>詳細を見る

 

賃貸住宅に引越しする時の初期費用に注意!借金の返済とのダブルパンチも!

借金

 

進学、就職、転勤などで、賃貸住宅への引越しを予定している人も多いのではないでしょうか。賃貸住宅などに引越しをする場合、ある程度の費用がかかりますので、借金がある人は注意する必要があります。

 

>>詳細を見る

 

借金の支払いをつい優先し、家賃滞納をしてしまう一人暮らしの人へ

借金

 

必要な時に必要な額を融資してくれるキャッシングを、利用している人も多いのではないでしょうか。しかし使い過ぎると支払い不能に陥りますので、利用する時は計画的に行う必要があります。

 

>>詳細を見る

 

任意整理で整理する対象から外す必要がある借金とは

任意整理

 

任意整理の対象になる借金は、全てです。どういうことかというと、債務者が総額で200万円借りていた場合、その200万円全ての借金が整理の対象になるということです。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を弁護士や司法書士に依頼する場合の費用の相場とは

任意整理

 

意整理を弁護士や司法書士に依頼する場合には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。まず最初に覚えたいのは、弁護士費用というものは基本的に3つあり、着手金、事務所経費、成功報酬、に分かれているということです。

 

 

>>詳細を見る

 

債務整理事件処理の規律を定める規程。過払金返還請求のつまみ食いについて

任意整理

 

過払い金返還請求は、利益が大きいビジネスです。そのため、弁護士の中に『過払い金だけを引き受ける』という、『つまみ食い』のようなことをする者が現れました。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の弁護士依頼費用の相場とは

任意整理

 

その過払い金ビジネスが間違った方向に向かってしまっていた動きがありました。そこで、日本弁護士連合会が報酬の規制を設けたんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理が債務整理の中で人気の選択肢である理由

任意整理

 

債務整理で一番人気があるのは何?任意整理です。一番最初に考える債務整理であり、裁判所を通さないため、色々と敷居が低いのが理由です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理の後にお金に困ったら緊急小口融資が役に立つ

任意整理

 

任意整理をしたら、ブラック情報扱いされます。そうなると、5年以上は新たな借金が出来ないし、クレジットカードも作れません。それは当然ですね。債権者側になってみればわかることです。

 

 

>>詳細を見る

 

弁護士会が定めた任意整理の基準となる全国統一基準とは

任意整理

 

弁護士に依頼して任意整理をするといっても、様々な状況が考えられます。弁護士は山ほどいますからね。債務者も山ほどいます。債権者も山ほどいます。すると必然的に任意整理の数も山ほどあるということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理で行える弁護士の積立金制度の仕組みとは

任意整理

 

弁護士や司法書士によっては、『積立金』といった保証システムのような制度を導入しています。これを利用することによって、様々なメリットが得られることになります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理における貸金業者への取引履歴の開示請求方法とは

任意整理

 

『業者への取引履歴の開示請求』についてですね。債務者が債権者から、いつ、いくら借りたのか、いつ、いくら返したのかなどの取引の経過のすべてを記録した、取引履歴です。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理に年齢制限はある?

任意整理

 

年齢制限はありません。いくつであっても任意整理をすることができます。しかし、10歳の子供は借金をしませんからね。したとしても未成年の場合は保護者がその責任を負うことが多いですから、下は18歳、上は100歳ぐらいでしょうかね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をしても口座を新規開設することはできる?

任意整理

 

任意整理をしても口座を新規開設することはできます。ただし、その銀行口座が『任意整理の対象外』だった場合に限ります。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理を面談なしで引き受ける弁護士は危険!

任意整理

 

任意整理を含めた債務整理を弁護士や司法書士に依頼するとき、必ず面談をします。というか、しないのはおかしいですよね。しっかりとした話し合いをせずに取引してしまうなんて、どうかしてますね。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理をした後に起業することはできる?

任意整理

 

任意整理をした後でも起業は出来ます。『任意整理した人は起業できない』という法律はありません。その他の債務整理とて同じことです。ですから、たとえ自己破産をしたとしても起業は出来るんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

クレジットカードの支払いは任意整理できる?自己破産した方がいいケースとは

任意整理

 

クレジットカードにはリボ払いという少し複雑な支払方法があります。一見すると便利でお手軽なのですが、実は安易に考えてしまうのは危険であり、リスクもあることを知りましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

任意整理に免責はある?自己破産との違いは『支払う』かどうか

任意整理

 

少しでも借金が減るなら、それは免責であるということになってしまいます。そうすると、任意整理でもその他の債務整理でも、『免責がある』と表現することになってしまいますね。

 

 

>>詳細を見る

 

借金の督促を無視していても任意整理は可能?

任意整理

 

借金の支払いが滞ると、督促や取り立てが始まります。その際、違法な取り立ては通常ではありえませんので安心です。しかし、中にはそういうケースもあるでしょう。闇金融や暴力団から借りているケースも『借金』のひとくくりで考えますからね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生にかかる費用はいくら?弁護士報酬や裁判費用の相場

民事再生

 

そんな個人再生にかかる費用は、相場があります。しかし、自動販売機のドリンクのように、一律150円という風に決まっているわけではありません。それぞれの弁護士事務所によって料金体制は異なってくるということですね。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の対象から外せる別除権協定!合意がない場合は担保権消滅!

民事再生

 

まず考えるのは自己破産における『偏頗弁済』と『債権者平等の原則』です。偏頗弁済(へんぱべんさい)というのは、『えこひいき』のようなものです。自己破産の際に出て来る考え方です。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生委員への報酬はいくら?何をする人なの?

民事再生

 

大阪地裁や横浜地裁は弁護士に依頼した場合には、個人再生委員が選任されませんが、基本的には個人再生委員は自己破産における『破産管財人』のような立ち位置に居る人であり、『いたほうがいい人』ということになります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生のメリットとデメリットとは?

民事再生

 

個人再生のメリットやデメリットについては、下記の記事と合わせて確認していきましょう。基本的な部分はすべて下記の記事にわかりやすく簡潔に書きました。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の最低弁済額、清算価値保障、可処分所得の算出について

民事再生

 

清算価値の保証は、『売ってお金になる物』がある場合は、それを全て売ったときにできるお金よりも、高いお金を債権者に支払う必要があるというルールです。

 

 

>>詳細を見る

 

『小規模個人再生』と『給与所得者等再生』。それぞれのやり方とは

民事再生

 

小規模個人再生の場合、最低弁済額基準、清算価値、のうちどちらか高い金額を支払う必要があり、債権者の過半数以上、あるいは債権額の過半数の借入先が反対した場合は不認可となります。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生をすると官報に掲載される?

民事再生

 

個人再生をすることはメリットがあります。大きく分けると、借金を大幅に減額できる、住宅を手放さずに借金を返済できる、住宅以外の財産も処分しないで済む、ということが挙げられます。これはその他の債務整理である、

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生で減額できない共益債権や一般優先債権とは?

民事再生

 

慰謝料や養育費などがこの共益債権にあたる債権ということになりますね。その記事にも書いた様に、例えば自己破産には『非免責債権』、つまり『それは自己破産後も支払い続ける必要があるよ』というものがあり、

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生の債権者一覧表で債権者漏れが発覚した場合はどうなる?

民事再生

 

もし故意に『債権者隠し』をしてしまった場合、『虚偽の申告』に該当するため、最悪の場合、詐欺再生罪として十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金です。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金も過払い利息も税金がかからない?課税対象になるのはどっち?

過払い金請求

 

過払い金で返ってきたお金には税金はかかりません。しかし、過払い金に利息をつけて返金してもらった場合は、その利息分に関しては税金がかかります。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼!考えられるトラブルとは?

過払い金請求

 

過払い金に関して、弁護士や司法書士に依頼したときに考えられるトラブルというものは、まず普通に考えて、その人が悪徳弁護士、悪徳司法書士かどうかということがポイントになりますね。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金返還請求が得意な弁護士に依頼しよう!費用と報酬額もチェック

過払い金請求

 

弁護士にも得意不得意があります。大型電気量販店の1Fの担当者が、5Fのフロアにある商品情報を把握しているわけではありませんよね。弁護士の中にも、離婚に強い弁護士もいれば、債務整理に強い弁護士もいます。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金返還請求のメリットとデメリット

過払い金請求

 

メリットは、払い過ぎた利息を返してもらうことができる。デメリットは、過払い金を請求した会社からの借り入れが難しくなる、など他にも様々なポイントがあります。一つ一つ考えていきましょう。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金請求の勢いはいつまで続く?ブームが終わるのはいつか

過払い金請求

 

過払い金の請求ブームは、2016年を皮切りに衰退していくでしょう。当時はテレビで弁護士事務所の過払い金請求のCMがガンガン放映されていました。それは、その年が過払い金請求の時効の最終年だったからですね。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金返還請求のCMを打っている会社は信頼できる?

過払い金請求

 

CMを打つことができるのは優良企業というよりも、お金を持っている企業です。ある程度の審査はありますが、かつてCMを打っていたある商品が、有名な女優を起用していて大々的に宣伝していたにもかかわらず、被害者の会が立ち上げられました。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金返還請求の金額の推移をまとめました!

過払い金請求

 

過払い金の返還請求は年々減ってきています。それは、下記の記事に書きましたように、過払い金返還請求には消滅時効があるからですね。過払い金の請求権の時効は、『最後に取り引きしたときから数えて、10年』です。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金の請求の争点となる『取引の分断』、『一連充当計算』とは

過払い金請求

 

過払い金の請求の争点に、『取引の分断』があります。例えば、A社からお金を借りていて、一度完済します。しかし、その後またA社から借り入れをしたケースがあった場合、債務者はA社に二回借り入れをしているわけです。

 

 

>>詳細を見る

 

借入先を覚えていない、契約書や明細等がない場合でも過払い請求できる?

過払い金請求

 

借りていた貸金業者の名前や、その契約書や明細等がない場合でも、過払い金請求はできます。まず、業者を忘れていてる場合、履歴を調べればわかります。携帯電話では、履歴を調べれば相手の電話番号はわかりますね。

 

 

>>詳細を見る

 

連帯保証人は過払い金の返還を請求できる?『支払った本人』だけが請求できる?

過払い金請求

 

債務者とほぼ同じ責任にある連帯保証人は、債務者と同じように過払い金請求ができます。しかしそのためには、下記の条件を満たしている必要があります。債務者が過払い金を支払っている、連帯保証人が過払い金を支払っている、この2点です。

 

 

>>詳細を見る

 

奨学金が過払い請求できない理由は、過払い金がないから?

過払い金請求

 

奨学金というのは、立派な借金です。ですから、学校を卒業した後は、その借金の支払いをしていくことになります。そこで考えるのは、奨学金に過払い金があるかどうかについてです。答えは、Noです。

 

 

>>詳細を見る

 

悪質な弁護士は過払い金を着服する?つまみ食いや虚偽申告の横行

過払い金請求

 

悪質な弁護士が過払い金を着服することがあります。基本的なことは下記の記事に書きました。過払い金返還請求のつまみ食いや、着服、虚偽申告等が存在していたんですね。

 

 

>>詳細を見る

 

過払い金の請求をするなら少しでも早くしよう!時効もあるし!

過払い金請求

 

2006年1月にグレーゾーン金利の判決が出てから、2016年でもう10年が過ぎました。過払い金返還請求の時効は10年ですから、一日でも早くした方がいいですね。時効が過ぎていた場合は返金させることが出来ません。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停のメリットとデメリット(完全版)!

特定調停

 

メリットには、コストが安い、返済をしばらくストップできる。デメリットには、過払い金を必ずしも取り戻すことはできない、などが挙げられることになります。またその他にもメリットとデメリットも、下記に記載しました。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停の基礎知識!任意整理との違いは『裁判所を通す』か『通さない』か

特定調停

 

特定調停と任意整理の最も大きな違いは、『裁判所を通す』か『通さない』かにあります。任意整理は文字通り債務者と債権者が任意で行う話し合い。特定調停は、間に裁判所が用意した調停委員を入れて、半ば強制的に交渉をします。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停で出てくる『調停委員会』の役割を解説します!

特定調停

 

調停委員会とは、調停委員が2人と、裁判官という構成が基本ですが、決まりはありません。特定調停を申し立てると、この調停委員会が発足され、彼らが債務者と債権者の間に入って、交渉や書類作成など、様々な仕事をしてくれます。

 

 

>>詳細を見る

 

特定調停スキームとは?~中小企業が利用できる特定調停~

特定調停

 

『特定調停スキーム』とは、概ね『年商20億円以下、負債総額10億円以下の企業』の中小企業の再生を応援する対策として策定されたものです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人信用情報機関のブラック情報を確認する方法とは

債務整理

 

任意整理をすると信用情報機関にブラック登録されます。その個人情報は、開示請求をすれば確認することができます。これは、原則として本人のみができることです。これを『本人開示制度』と言います。

 

 

>>詳細を見る

 

官報の閲覧方法とは?債務整理の情報を調べられる?

債務整理

 

全国の政府刊行物取扱店の情報を確認できるサイトがありますので、そちらで販売店を確認することができます。また、現在は『インターネット版官報』というものがあって、インターネットで誰でも簡単に官報が見れるようになっています。

 

 

>>詳細を見る

 

カードローンやクレジットカードの借金を早く返済するコツと方法

債務整理

 

カードローンやクレジットカードの借金を早く返済する方法は、ズバリ、『早く返済すること』です。これはもうこの一言であり、これから書く説明文も、その理由はなぜかについて書くだけですから、正直ここで終わってしまってもいいくらいです。

 

 

>>詳細を見る

 

個人再生・自己破産・特定調停は裁判所を介した債務整理!その裁判費用は?

債務整理

 

特定調停が最も費用が安く、申立費用は、1社につき500円と郵便切手程度の費用で済みます。個人再生であれば、2.3万円~30万円。自己破産であれば、3.5万円~50万円程度の費用が掛かります。

 

 

>>詳細を見る

 

 

効率よく融資を受ける方法とは?複数の金融機関へ同時申込する裏技

なるべく早く資金を用意したい、時間がないという人もいるでしょう。そんな時にどうすれば、効率よく融資を受ける事が出来るのでしょうか?また融資は、1件目の審査結果が出ていない段階で、同時に複数の金融機関に申し込む事は可能なのでしょうか?

 

 

融資の種類はとても豊富。目的別で金利を抑えた利用を行うべき

あなたが金融機関から融資を受けたいと思っている場合、融資の種類について把握しておく必要があります。金融機関では目的に応じて、いろんなタイプの融資を用意しています。融資の種類によって、金利や返済期間などの条件が大きく変わってきますから、どの融資を受けるべきか、まずは検討してみましょう。

 

 

融資の目的外使用は契約違反?フリーローンと各種融資の違いとは

金融機関で融資を受ける場合、融資の目的によって、融資の種類が異なります。個人の場合であれば、住宅ローン、教育ローン、自動車ローン、フリーローンなどがあります。そして融資の種類によって、金利や借入金額の上限が異なります。

 

 

融資を申し込んだだけで履歴に残る?途中で取り下げた場合は?

あなたはお金を必要としていて、融資に申し込んだとしましょう。融資審査に通った場合は、借入する事が出来るので、何も問題はありません。では融資審査に落ちてしまった場合に、融資の申し込みをしたという履歴は残ってしまうのでしょうか?

 

 

企業融資と個人融資との違いは?それぞれの特徴と流れを確認

融資の種類はいろいろあります。当然ながら、企業融資と個人融資は異なります。では、何が異なるのか、その違いについて紹介していきたいと思います。

 

 

金融公庫と銀行では融資の申し込み方法や申込書の書き方は違う?

金融公庫と銀行とでは、融資を申込む際に申込書の書き方は異なるのでしょうか?それぞれの融資の申込書の書き方を調べ、比較してみました。

 

 

消費者金融での借入限度額は年収がカギ?主婦やアルバイトの場合は?

借入限度額と聞けば、読んで字のごとく借り入れ出来る最大金額の目安と捉える人も多いはずです。それは間違いではありません。しかし、銀行で融資を申し込む場合と消費者金融で融資を申し込む場合とでの明確な違いを挙げるとするのであれば、借入限度額と総量規制の有無が関係してきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

お金に関するその他の情報

クレジットカード

クレジットカード

クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

 

消費者金融

消費者金融

消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カードローン

カードローン

カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

キャッシング

キャッシング

キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

自己破産

自己破産

自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

お金/資産

お金

お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP