借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

住宅ローン、クレジットカードにおけるボーナス払いの借金の返済

 

自己破産

住宅ローンやクレジットカードをボーナス払いすることって、どういうメリットがあるの?

 

自己破産

例えばクレジットカードの場合、一般的に1回払い、2回払いの場合は金利手数料が無料になります。しかしデメリットもありますので、しっかりと確認しましょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

家を購入する時は、ローンを組んで買うことが多いよね!つまり、住宅ローンだ!では、その住宅ローンをボーナスで返済しようとすると、どんな問題があるのかな?このページで一つ一つ詳細を確認していこう!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

住宅を購入する時、多くの人たちが利用するのが住宅ローンではないでしょうか。資金に余裕があれば一括返済も可能できますが、住宅の価格自体が高いこともあり、なかなか困難といえます。住宅ローンを利用すると毎月一定額を支払うことになりますが、その中にはボーナス払い、併用払いを選択する人も少なくありません。住宅ローン、クレジットカードにおけるボーナス払いについて見てみます。

 

クレジットカード

クレジットカード

クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

 

 

 

目次

 

  • 1:ボーナスでの支払い
  • 2:手数料が無料になります
  • 3:支払い額の負担軽減
  • 4:支払い時期の先延ばし
  • 5:ボーナスの不確実性
  • 6:総支払い額の増加
  • 7:資産の減少
  •  

    自己破産

     

     

    ボーナスでの支払い

    住宅を購入する時に利用するのが住宅ローンであり、現在多くの人たちが利用しています。住宅ローンは支払い期間が長いので、変動金利の場合、途中で金利が変わることもあります。そのため利用者の中には、借換や一括返済を行う人も少なくありません。様々な方法がありますが、少しでも早く完済するために、ボーナス併用払いを選択する人もいるようです。

     

    借金

     

    通常、住宅ローンを申込む時は、

     

  • 毎月支払い
  • ボーナス併用払い
  •  

    のどちらかを選択することになります。毎月支払いであれば支払い期間が長くなりますが、ボーナス併用払いにすれば支払い期間を短縮できます。

     

    ボーナス併用払いを利用すれば毎月の支払い額はもちろん、住宅ローンの総支払い額も減ることがあります。ローンというのは時には重く感じることもあり、住宅ローンを組んでいる人の中には、「ローンを早く返したい」という人も少なくありません。

     

    そのため住宅ローンの申込みの時点で、ボーナス併用払いを考える人は多いようです。しかしボーナス併用払いはメリット、デメリットがありますので、事前にしっかり把握しておくことが大切です。メリットばかりに目がいくと、思わぬリスクにハマることもあります。

     

    自己破産

    住宅ローンは普通、『何十年ローンですよ』なんて言う人を多く見かけるように、長い時間をかけてローンを組んでいくことが多いよね!『変動金利』でローンを組んだ場合、その間に金利が変動してしまうことがあった場合に影響を受けることになるよ!

    ぴよ(ふむ)!

    『固定金利』だったら大丈夫なんだけどね!ただ、固定金利にすれば必ず得になるってわけでもないから、ちょっと複雑だよね!

    ぴよぴよ(自分にはわけわかんないっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 住宅ローンは支払い期間が長いので、変動金利の場合、途中で金利が変わることもある。
  • 住宅ローンを申込む時は、『毎月支払い』、『ボーナス併用払い』のどちらかを選択することになる。
  • ボーナス併用払いを利用すれば毎月の支払い額はもちろん、住宅ローンの総支払い額も減ることがある。
  •  

     

    手数料が無料になります

    まずは、メリットから見てみましょう。

     

    借金

     

    住宅ローンやクレジットカードを利用する時、ボーナス払いを利用すると効率的に支払うことができます。ボーナス併用払いには様々なメリットがありますが、その中の一つが手数料です。クレジットカードのボーナス併用払いを利用すれば、ローンの支払い手数料が無料になります。

     

    私たちがよく利用するものの中に、クレジットカードがあります。クレジットカードがあれば、必要な時に必要な額を借りることができます。またクレジットカードを利用すれば、欲しいものをすぐ入手できるだけでなく、支払いも後払いで済みます。さらに手数料や金利も無料で利用できますので、多くの人たちが利用しています。

     

    クレジットカードの場合、一般的に1回払い、2回払いの場合は金利手数料が無料になります。具体的な内容は各金融機関によって異なりますので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

     

    クレジットカードの場合、夏と冬のボーナスの時期に今まで借りた分の支払いを、ボーナスでまとめて行います。分割払いにすると手数料がかかりますが、ボーナス一括で払うと金利などの手数料が無料になりますのでお得です。

     

    自己破産

    クレジットカードの場合は、一括でドカッと払ってしまえば、金利手数料がつかないで済むんだね!逆に長引けば長引くほど、多くの金利を取られることになる。あっちも長期になるほどリスクが増えるからね!その分の利息を取ることになるんだ!

    ぴよぴよ(うーむ、なるほど)!

    闇金融の業界じゃ、それを『ジャンプ』って言うよ!『おい、あいつまたジャンプさせて利息だけ払わせろ!』なんて言って、元金を完済させないんだ!それで多くの利息を取ろうっていう魂胆さ!

    ぴよぴよ(怖いっす親分、俺闇金融とか怖いっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • クレジットカードのボーナス併用払いを利用すれば、ローンの支払い手数料が無料になる。
  • クレジットカードの場合、一般的に1回払い、2回払いの場合は金利手数料が無料になる。
  •  

     

    支払い額の負担軽減

    住宅ローンやクレジットカードを利用する時、ボーナス併用払いを利用すると毎月の返済額を減らすことができます。特に住宅ローンは支払い回数が多いので、通常の分割払いでは毎月の負担も高くなります。しかしボーナスを併用することで、支払い回数や負担する金利も減り、その分の支払い額を軽減できます。

     

    毎月の支払い額が少しでも減れば、生活にもゆとりが出てきます。住宅ローンやクレジットカードを利用する場合、通常払いとボーナス併用払い、それぞれを事前にシミュレーションしておくと良いでしょう。

     

    借金

     

    金融機関では、無料でシミュレーションやアドバイスをしてくれるところもありますので、確認してみてください。またインターネット上にも、無料でシミュレーションができるツールがありますので、利用してみるのも良いかもしれません。いずれにしても自分にプラスになるようであれば、ボーナス併用払いを選択肢に入れてみるのも良いかもしれません。

     

    自己破産

    ボーナスを併用すれば、支払い回数や負担する金利も減って、その分の支払い額を軽減出来るし、精神的な負担も同時に軽減できるよね!住宅ローンは金額が金額なだけに期間が長いから、その間の精神的負担は少しでも軽い方が心身にとってもいいよね!

    ぴよぴよ(体が資本っすからね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 金融機関では、無料でシミュレーションやアドバイスをしてくれるところもある。
  • インターネット上にも、無料でシミュレーションができるツールがある。
  •  

     

    支払い時期の先延ばし

    クレジットカードでローンを組む場合、ボーナス払いを行うとタイミングによっては、支払いを先延ばしにできる可能性があります。前述のように、ボーナスでの支払いは、夏と冬のボーナス時期の支払いになります。

     

    このようにボーナス時期に支払うことになりますので、それまで支払いを先延ばしできます。通常の分割払いであれば毎月支払うことになりますが、ボーナスでの支払いであれば年2回になりますので、精神面でのゆとりもできます。

     

    住宅ローンやクレジットカードを申込む時、ボーナスでの支払う月についての確認があります。その時に、支払いについての額や回数などをしっかり確認しておいてください。

     

    自己破産

    毎月の給料でコツコツ、ではなくて、ボーナスでドカッと、っていう返済方法になるわけだから、支払日が年2回となって、その分気が楽になる場合もあるよ!毎月だとちょっと息苦しいって人もいるからね!様々な面を分析して判断していこう!

    ぴよぴよ(自分に合った方法がいいっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • ボーナス払いを行うタイミングによっては、支払いを先延ばしにできる可能性がある。
  •  

     

    ボーナスの不確実性

    住宅ローンやクレジットカードを利用する時、ボーナスでの支払いを選択すると様々なメリットを受けることができます。しかしメリットだけでなくデメリットもありますので、しっかりと確認しておいてください。

     

    ボーナスというものは、毎回必ず出るものとは限りません。会社の業績や景気などによって大きく変わりますので、場合によっては出ないこともあります。

     

    借金

     

    給料は労働内容、労働を行った日数によって支給される報酬になりますが、ボーナスはあくまでも賞与です。会社の業績によって大きく作用され、一人一人の功績に報いるために会社が特別に支給する報酬になります。

     

    また今年支給されたからといって、来年もまた支給されるという保証はありません。そのため、住宅ローンやクレジットカードなどでボーナスでの支払いを選択した時、ボーナスが出なかった時は他の方法で工面する必要があります。このようにボーナスには不確実性がありますので、ローンを組む時はその辺の事情をしっかり考慮しておく必要があります。

     

    自己破産

    ボーナスが毎年必ず、絶対に出る会社なんてほぼないよ!2017年の今、最近でもある大企業が、『平社員のボーナスを今年もカット』というニュースが一面に出たよ!

    ぴよぴよ(すごいことっすか)?

    普通、業績の悪化や不祥事なんかでボーナスをカットするのは、トップか幹部たちだけどね!こういう事態がいつ起こるかわからない。会社って言うのは、『大海原を航海する船』だと考えるべきだね!

    ぴよぴよ(いつ沈没するかわからないっていうことを、親分は言いたいんす)!

     

     

    この章のまとめ
  • ボーナスには不確実性がありますので、ローンを組む時はその辺の事情をしっかり考慮しておく必要がありる。
  •  

     

    総支払い額の増加

    クレジットカードでボーナス払いのローンを組んだ時、総支払い額が増加する場合があります。ボーナスでの支払いは、ボーナスがあることが前提となっています。ボーナスでの支払いを返済計画に組み込むことによって年間支払い額は変わりませんが、半年分をまとめて支払うことになりますので、その分利息も上乗せされます。

     

    そのため融資額によっては、ボーナスでの支払いの方が分割払いと比べて総支払い額が多くなることもあるようです。ボーナスの場合、一般的に半年に一度の支給ですので、元金を大きく減らせるのも半年に一度になります。そのため利用額によって変わってくるようです。

     

    自己破産

    ボーナス場合の場合は、上で考えたように『年二回』で済むっていう精神的負担の軽減のメリットはあるけど、デメリットとしては、『その不確定性のあるボーナス払いを許諾するんだから、ちょっと利息を多めに取ります』という貸し手側の意見を許諾する必要があるってことだね!

    ぴよぴよ(自分に合うプランはどんなものっすかね)!

     

     

    この章のまとめ
  • クレジットカードでボーナス払いのローンを組んだ時、まとめて支払うことになるので、その分利息も上乗せされる。
  •  

     

    資産の減少

    住宅ローンやクレジットカードでボーナス併用払いをすることで、毎月の負担を軽減できるかもしれませんが、その分総資産も減少することになります。

     

    普段なら、貯蓄に回せるボーナスをローンの支払いにあてることになりますので、それだけ貯蓄が減少します。特に出費がなければ問題ありませんが、いつどんなことが起こるか誰にも分かりません。そのため貯蓄にゆとりがない方は、事前にじっくり検討する必要があります。ボーナスをローンの支払いにあてても問題ないか、シミュレーションなどをして確かめておくと良いでしょう。

     

    借金

     

    また金融機関などでは、ローンについての無料相談なども行っていますので、活用してみてください。金融機関以外、例えばインターネット上にも住宅ローンやクレジットカードなどのまとめサイトがあります。このようなまとめサイトでは、ボーナス併用払いなどの説明もありますので参照してみると良いでしょう。

     

    住宅ローンやクレジットカードを利用する場合、ボーナスでの支払いを考えている人もいるでしょう。前述のように、ボーナスでの支払いにはメリット、デメリットがありますので事前に確認しておくと良いでしょう。いずれを選択するにしても、しっかりと情報を収集してからにした方が懸命です。

     

    自己破産

    総資産額はもちろん減るよね!ボーナスっていうものを資産と考えると!ただまあ、借り入れをしている状況だから、あまり『資産』がどうとかっていう話はまだ早いかもしれないね!まずは完済してからだね!元々住宅ローンというもの自体が『負債』だと考える人もいるからね!

    ぴよぴよ(負債)?

    この辺の考え方については、 『金持ち父さん貧乏父さん』を読むといいよ!

    ぴよぴよ(親分が下にリンクを貼っておいたっす)!

     

     

     

    この章のまとめ
  • ボーナス併用払いをすることで、その分総資産も減少することになる。
  • 金融機関などでは、ローンについての無料相談なども行っている。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    お金がない時に貸してくれるキャッシングを利用する時の返済計画

     

    借金

    借金の返済を行う時は、まずはシミュレーションで支払額を計算する

     

    借金

    借金によって裁判所から給与差し押さえ通知が届いた時の対処法

     

    借金

    親や身内の借金の支払い義務はあるか?保証人や相続のケースとは

     

    借金

    金融機関からの借金が返済不能になった場合、そのままにしておくとどうなる

     

    借金

    連帯保証人が死亡した場合、または死亡した人の連帯保証人になっていた場合のお金の問題は?

     

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    自己破産

    借金

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP