借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

お金がない時に貸してくれるキャッシングを利用する時の返済計画

 

自己破産

キャッシングをするときの注意点って何がある?

 

自己破産

無理のない返済計画を立てることが最大のポイントです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

お金に困った時、キャッシングサービスを利用すればとても便利だよね!でも、便利というよりも『楽』っていう感覚の方を忘れてはならなくて、やっぱり『楽』をするからにはその代償を払うことになるかもしれない!詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

お金がない時に貸してくれるキャッシングは、とても便利ですので利用する方も多いのではないでしょうか。しかし便利であるがゆえに、使い過ぎることもあります。あまり使い過ぎると、いずれ支払い不能に陥りますので注意したいところです。キャッシングを行う時は、しっかりした支払い計画を立てるようにしてください。

 

 

目次

 

  • 1:法律の専門家への相談
  • 2:目的の明確化
  • 3:無理のない支払い立案
  • 4:自分に合ったキャッシング
  •  

    自己破産

     

     

    法律の専門家への相談

    銀行や消費者金融などの金融機関では様々なキャッシングを提供していますが、便利なのでつい使い過ぎてしまう人もいるかもしれません。使い過ぎると返済不能、自己破産などに陥りかねませんので、注意する必要があります。

     

    キャッシングは複数の金融機関から借入できますので、使い過ぎると借金が膨らむ可能性があります。そのため毎月の支払いが不能になったり、自己破産の選択をしたりなど、最悪の結果になることもあるのです。

     

    しかし最悪の選択を行う前に弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談して、債務整理などの法律行為を行うのも一つの方法です。弁護士や司法書士であれば法律に精通していますので、あなたに合った方法を提示してくれます。

     

    また相談が無料の法律事務所が多いので、サービス、キャンペーンなどを上手く利用してみると良いでしょう。無料で相談できればその分経費を軽減できますので、法律行為の分に回すことができます。

     

    支払い不能に陥ると、自己破産の選択しかなくなる方も少なくありませんので、その前で何かしらの対策を講じる必要があります。近くに弁護士や司法書士がいない時、また選択に迷ったらインターネット上の比較サイトなどを利用すると良いでしょう。インターネット上の比較サイトであれば、全国の弁護士や司法書士を比較できますので、あなたに合った法律家を見つけることができます。

     

    法律のことは、まず専門家に相談することが大切です。しっかり相談して問題を解決してください。

     

    借金

     

    自己破産

    キャッシングによってもしお金を借り過ぎて、その返済が滞り、にっちもさっちもいかなくなった場合は、やむを得ずその借金を強制的にでも整理する必要があるよ!それを『債務整理』と言うけど、任意整理、民事再生、特定調停、自己破産とかって、たくさん整理の方法があることを覚えておこう!

    ぴよぴよ(弁護士に任せた方が早いっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • キャッシングは便利だが使い過ぎると返済不能、自己破産などに陥りかねない。
  • 最悪の選択を行う前に、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談して、債務整理などの法律行為を行うのも一つの方法。
  • 近くに弁護士や司法書士がいない時、また選択に迷ったらインターネット上の比較サイトなどを利用すると良い。
  •  

     

    目的の明確化

    キャッシングサービスを利用すれば、好きなもの、欲しいものがすぐに手に入ります。しかし、だからといって使い過ぎると、前述のように支払い不能、自己破産に陥ってしまうこともあります。そのためキャッシングを行う時は、事前にしっかりと返済の計画を立てる必要があります。

     

    まず目的を明確化してください。どうしてキャッシングをする必要があるのか、一度考えてみると良いでしょう。銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる目的を、しっかりとさせることが大切です。本当に借りないといけないのか、他に方法はないのか?今一度検討してみてください。

     

    そしてキャッシングしか方法がないと分かれば、借りる目的を明確化してください。

     

  • 車を購入するため
  • 結婚式のため
  • 卒業旅行、新婚旅行のため
  • 引っ越しのため
  • 生活のため
  •  

    借金

     

    など、一人一人それぞれ目的があると思います。目的を明確化することで、使い過ぎを防ぐこともできます。ただ何となく欲しいので購入したり、必要でないものを購入したりすると、後で支払いできなくなることもあります。しかし借りる目的が分かれば、それ以上キャッシングすることもありませんので、最悪の事態を防ぐことができます。

     

    キャッシングはとても便利ですので、つい目的なしに利用してしまう人が多いようです。もちろんクレジットカードによって限度額がありますので、限度額を超えての使用はできません。

     

    しかし承知のように、クレジットカードは複数作ることができますので、使い過ぎる人も出てくるのです。ただ欲望のままキャッシングを利用することなく、まずはしっかりと目的を定めるようにしてください。初回のキャッシングは当然ですが、追加でキャッシングを行う際も同様に、どうしてお金が必要なのかしっかり考えることが大切です。

     

    自己破産

    キャッシングをする際は、まずその利用目的をしっかりと定めるってことが大事だね!例えば『結婚式のため』であれば、式を挙げるためだけがその目的だから、式さえあげてしまえば、もうキャッシングをする必要はない。

    ぴよ(ふむ)!

    だから少しずつ時間をかけて無理なく返済することが出来るよ!でも計画がないと、そのままズルズル借金を増やしちゃうよ!

    ぴよぴよ(ご利用は計画的に)!

     

     

    この章のまとめ
  • キャッシングを行う時は、事前にしっかりと返済の計画を立てる必要がある。
  • キャッシングをする目的を明確化する。
  • クレジットカードは複数作ることができる。
  •  

     

    無理のない支払い立案

    キャッシングを利用する時は、無理のない支払い立案を立てる必要があります。支払い立案を立てることで、支払い不能を防ぐことができます。

     

    キャッシングサービスを提供している金融機関は多いので、複数のクレジットカードを保有している方も多いでしょう。そのため、クレジットカードごとに支払い立案を立てると良いでしょう。実際にキャッシングを行う前にどのようにして支払いをしていくのか、またどれくらいの期間支払いをするのか、頭の中に入れておいてください。

     

    もちろん数年後までのことをしっかりと立案するのが理想ですが、先のことは誰にも分かりません。2~3年後までの計画を立てる必要はありませんが、最低でも向こう1年間程度の立案はしておくことをおすすめします。

     

    借金

     

    毎月の支払い額を決めるのはもちろんですが、自分自身の収入と支出のバランスをしっかり確認することも大切です。毎月の収入を把握し、収入から毎月確実に出ていくお金を差し引き、その範囲内で無理のないように支払いを行います。

     

    中には借金を早く返したいという人もいるかもしれませんが、早く返したいといって無理矢理大きい額を支払うと生活に支障が出ることもあります。生活が苦しくなって、さらにキャッシングするような事態になると意味がありません。

     

    生活に支障が出てしまい、足りない部分を追加で借入してしまうと、結果的に借入の残高が増加してしまうことがあります。このようなことを防止するためにも、しっかりと支払いのシミュレーションをしておく必要があります。

     

    どの金融機関でも、キャッシングを行う前に支払いのシミュレーションができますので、一度利用してみると良いでしょう。自分の毎月の収入と支払い額に注意しながら、自分なりの計画を立ててみてください。

     

    自己破産

    簡単に言うと、計画だね!計画的に行動すれば何も問題はないってことさ!計画的に行動することは、慣れていない人は難しいと思うかもしれないけど、意外と慣れるもんさ!

    ぴよぴよ(計画っすね)!

    パソコンのブラインドタッチみたいなもんだよ!やる前は勝手に『高い壁』を想像するけど、覚えたら本当になんてことないんだ!慣れるが勝ちだね!恩恵も大きいよ!

    ぴよぴよ(ご利用は計画的に)!

    さっきも言ってたぞ!

     

     

    この章のまとめ
  • キャッシングを利用する時は、無理のない支払い立案を立てる必要がある。
  • 最低でも向こう1年間程度の立案はしておく。
  •  

     

    自分に合ったキャッシング

    銀行や消費者金融などで様々なキャッシングサービスを提供していますので、商品の選択に迷う人もいるかもしれません。このように、実際にキャッシング商品を取り扱っている金融機関はたくさんありますので、まず商品の選択から始めてください。

     

    金融機関によって金利や支払い期間、無利息期間なども異なりますので、その中から自分に合った商品を選ぶことが大切です。

     

    キャッシングはいくつか種類があります。まず「銀行系のキャッシング」です。銀行系のキャッシングは、

     

  • 大手銀行
  • 信用金庫
  • 地方銀行
  •  

    など多くの銀行が含まれます。これらの金融機関では、個人向けのキャッシングやカードローンを多数取り扱っています。また、他の金融機関と比べて低金利の商品が多いですが、それだけ審査も厳しくなります。さらに、初回の融資が実行されるまで時間がかかる銀行も存在していますので、申請する時は注意が必要です。

     

    借金

     

    自己破産

    銀行系の特徴は、個人向けのキャッシングやカードローンが多いっていうことや、低金利のものが多いってことだけど、やっぱりそういう便利な恩恵を得るためには、厳しい審査に通らなければならないよ!時間もかかる場合もあるね!

    ぴよぴよ(そうっすよね)!

    まあその辺は『銀行』っていうイメージ通りの感覚なんじゃないかな!固く、真面目で、融通が利かず、でも大勢の人に優しいっていうね!

    ぴよぴよ(たしかに銀行のイメージ通りっすね)!

     

    次に、「消費者金融系のキャッシング」です。消費者金融系のキャッシング商品は金利が17~18%と、他の銀行と比べて少し高めに設定されています。しかしその分サービスは充実しており、また審査も受かりやすいといわれています。

     

    即日融資はもちろんのこと、深夜借入、深夜返済も可能です。消費者金融系のキャッシングは返済方法の種類が多く、また口座振替やATM、ネットバンキングなど返済方法が多いのが魅力です。そのため自分のライフスタイルに合わせて、無理のない支払いを進めることが可能です。

     

    借金

     

    自己破産

    消費者金融系は、やっぱり銀行系と比べると利息が高いよ!その代わりのメリットもあるよね!固く真面目な銀行と違って、少し柔軟性が出て来る。深夜営業とかATMとかね!審査にも受かりやすい!

    ぴよぴよ(なるへそ、高い代わりに柔軟性っすね)!

     

    そして、「クレジットカード系のキャッシング」です。クレジットカード系のキャッシングの金利は、消費者金融と同程度と見ておいて良いでしょう。支払いは、毎月の請求と一緒に口座から引き落とされます。この中から自分に合ったキャッシングを選択してください。

     

    借金

     

    好きな時に利用できるのが、キャッシングです。しかし、使い過ぎると支払い不能に陥ることがありますので注意してください。キャッシングを利用する時は、事前に支払い計画を立てておくと良いでしょう。

     

    自己破産

    クレジットカード系は消費者金融系とほとんど同じだね!キャッシングは、知識があって、計画がある人が利用すればとても便利だけど、その逆で、知識がなくて、計画がない人が利用すると、最悪の事態を招くことだってあるよ!

    ぴよぴよ(うーむ、なるほど)!

    何か、『フグ』みたいな感じだね!本来、資格を持っている人じゃなきゃフグの毒を扱えない、みたいな!

    ぴよ…(…そ、そうっすね…)

     

     

    この章のまとめ
  • 金融機関によって金利や支払い期間、無利息期間なども異なるので、その中から自分に合った商品を選ぶことが大切です。
  • 「銀行系のキャッシング」「消費者金融系のキャッシング」「クレジットカード系のキャッシング」がある。
  • キャッシングは、知識がなくて、計画がない人が利用すると、最悪の事態を招くことがある。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    借金の返済を行う時は、まずはシミュレーションで支払額を計算する

     

    借金

    住宅ローン、クレジットカードにおけるボーナス払いの借金の返済

     

    借金

    借金によって裁判所から給与差し押さえ通知が届いた時の対処法

     

    借金

    親や身内の借金の支払い義務はあるか?保証人や相続のケースとは

     

    借金

    金融機関からの借金が返済不能になった場合、そのままにしておくとどうなる

     

    借金

    連帯保証人が死亡した場合、または死亡した人の連帯保証人になっていた場合のお金の問題は?

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP