借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

知らなきゃ損する!借金にまつわる10のお得な話!

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

この記事では、借金に関する様々な豆知識を一覧にして掲載しているよ!これを知っておけば、なんだかちょっぴりお得な気持ちになるかも!ものしりの私に近づくことが出来るぞ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

借金

 

目次

 

  • 1:『金銭消費貸借契約』は口約束だけでも成立する?
  • 2:借金は親子であれば身代わりしなければならない?
  • 3:お金を返済する際にかかる交通費等の費用は誰が負担する?
  • 4:お金を返すときは必ず領収書をもらうことが必要
  • 5:口頭の提供が成立したのにも関わらず、債権者がお金を受け取らない場合は?
  • 6:公正証書があれば破産者から強制執行できる?
  • 7:自己破産後の保証人の責任は?
  • 8:不動産は担保に入っていたら売却できない?
  • 9:任意整理で担保のついていない不動産も売却するべき?
  • 10:不動産の任意売却の注意点は?
  •  

    自己破産

     

     

    『金銭消費貸借契約』は口約束だけでも成立する?

    借金の契約書自体に本来法的な効果はない。金の貸し借りの契約のことを『金銭消費貸借契約』というが、それは口約束だけでも成立するのである。しかし、その後のトラブルを避けるため、また、返済までの道のりをスムーズにする為に、契約書を用意することは必要な事である。

     

     

    借金は親子であれば身代わりしなければならない?

    借金は、たとえ親子関係にあってもその身代わりとして返済する義務は法律上ない。義務が発生するのは、保証人になったときや、相続人になった場合のみである。

     

     

    お金を返済する際にかかる交通費等の費用は誰が負担する?

    持参債務の原則によって借主が貸主にお金を持っていくときにかかる交通費、あるいは、振込手数料や郵送費用等の+αの費用は、原則、全て借主が負担する必要がある。ただし貸主が元の場所から引っ越してしまった場合、その余分にかかった費用を貸主に請求することが出来る。

     

     

    お金を返すときは必ず領収書をもらうことが必要

    お金を返すときは必ず領収書をもらうことが必要。念書等の書面があるならそれもすべて返却してもらうようにする。振り込みの際の振込伝票や、口頭だけのやりとりを信用していると、あとで二重返済のトラブルに巻き込まれる可能性がある

     

     

    口頭の提供が成立したのにも関わらず、債権者がお金を受け取らない場合は?

    弁済の提供、あるいは口頭の提供が成立したのにも関わらず、債権者がお金を受け取らない(現実の提供を不成立させた)場合、債務者は弁済の提供のときから、債務の不履行によって生ずべき一切の責任を免れることが出来る。(つまり、その後に遅延損害金等を請求してくるような理不尽があっても、それを免れることが出来る)

     

     

    公正証書があれば破産者に強制執行できる?

    法的に強制執行が可能になる公正証書があっても、破産手続きが行われている間は、破産者の債権者が破産者に対して強制執行をすることはできない。手続きが終了すると、免責決定前の審査期間中であっても、強制執行の禁止が解除される。

     

     

    自己破産後の保証人の責任は?

    自己破産をしても、保証人の責任に影響はなく、引き続き保証人はその責任を負わなければならない。従って、自己破産をする際は必ず保証人と話し合いをする必要がある。借入先の金融機関が、保証人に借金の請求をし、取り立てが行われることがあるからである。

     

  • 担保?物的担保?抵当権ってなに?保証と根保証と連帯保証の違いは?
  •  

    自己破産

    借金

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    不動産は担保に入っていたら売却できない?

    不動産は担保に入っていても売却できる。出来ないと言う人がいるが、実際はできる。ただし、『抵当権設定済みの不動産は抵当権者の同意がないと売却が難しい』という事実はある

     

     

    任意整理で担保のついていない不動産も売却するべき?

    任意整理において、担保のついていない不動産を売却する必要はない。債権者が担保設定を要求しても、断固として拒否することができる。

     

     

    不動産の任意売却の注意点は?

    不動産に任意売却には注意が必要。なぜなら、『倒産ビジネス』の実態があるからである。ローン滞納不動産の任意馬脚は、倒産ビジネスにかかわる人々の収益源の一つ。不動産を動かせば仲介業者には売買代金の3~6%ほどの仲介手数料が入る。それだけではなく、コンサルタント料も得られるので、とても『おいしい』。おいしい話には悪い業者が集まってくるのだ。

     

    自己破産

    様々なマメ知識があったね!マメ知識っていうか、これは借金に関係している人だったら皆が覚えておかなければならないことかもね!簡潔にまとめてあるから、スラスラ読めちゃうよ!

    ぴよ(親分、さすがっす)!

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    金銭消費貸借契約書に記載する5つの項目

     

    借金

    担保?物的担保?抵当権ってなに?保証と根保証と連帯保証の違いは?

     

    借金

    サービサー(債権回収業者)に残債務の10%ほど払えば借金はなくなる?

     

    借金

    グレーゾーン金利の過払い金請求!返還をスムーズに行う為に見る8の秘訣

     

    借金

    銀行・複数の金融機関からの借金を一本化するメリットとデメリット

     

    借金

    お金がない時に貸してくれるキャッシングを利用する時の返済計画

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP