借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  > >

 

口頭の提供が成立したのにも関わらず、債権者がお金を受け取らない場合は?

 

自己破産

お金を返す用意が出来たのにも関わらず、債権者がお金を受け取らない場合はどうしたらいいの?

 

自己破産

債務者は弁済の提供のときから、債務の不履行によって生ずべき一切の責任を免れることが出来ます。(つまり、その後に遅延損害金等を請求してくるような理不尽があっても、それを免れることが出来ます)

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

お金を借りていた人がお金を返せる用意が出来て、『返す』と言ったのに、貸した人がそれを受け取らないという状況があったとき、一体どうすればいいんだろうか?なんか変だよね!ここではそんな疑問に答えるために、詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 債権者遅滞とその効果について
  • 受領遅滞
  • 弁済の提供
  •  

    自己破産

     

     

    債権者遅滞とその効果について


    口頭での提供が成立したのに債権者がお金を受け取らない場合、債務者はどうすれば良いのでしょうか。契約当事者の一方が債権債務を履行しない場合、その後の行為にも大きく影響してきます。債権者がお金を受け取らない場合、民法上は受領遅滞の問題が生じます。

     

    借金

     

     

    受領遅滞


    受領遅滞は民法に規定があります。債務の弁済を行う時に、受領など債権者の協力が必要な場合があるのです。この場合、債務者がその債務の本旨に沿った弁済提供をしたにもかかわらず債権者が受け取らない、または協力しないことで履行遅滞に陥った状態をいいます。これは債権者遅滞と呼ばれることもあり、いずれにしても債権者がお金を受け取らないので、それ以降の法律行為ができなくなります。

     

    受領遅滞には、様々な効果があります。法的な性格を重視した場合、弁済提供の効果と同じになります。この場合は債権者遅滞の状態が発生するので、債務者は債務不履行の責任を負いません。

     

    この規定は民法492条に記されています。またその行為が弁済期前に行われた場合は、それ以後発生する約定利息の支払い義務もなくなります。債務者が支払いの提供をしたにもかかわらず、その後の利息までも負担させると、債務不履行責任免除の効果がなくなるからです。

     

    自己破産

    例えば、お金を貸していた人が『遅延損害金』を多く貰おうと画策して、わざと期日にお金を受け取らないことが考えられるね!でも、借りていた人はそのお金を返したかったんだ!お金も用意していた。

    ぴよ(ふむ)!

    にも関わらず相手がお金をわざと受け取らずに、遅延損害金を取ろうっていうのは、ちょっと卑怯だよね。だからそういうことが出来ないようになっているんだよ!

    ぴよぴよ(悪いことしちゃ駄目っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 債権者がお金を受け取らない場合、民法上は受領遅滞の問題が生じる。
  • 債権者遅滞の状態が発生するので、債務者は債務不履行の責任を負わない。
  • その行為が弁済期前に行われた場合は、それ以後発生する約定利息の支払い義務もなくなる。
  •  

     

    弁済の提供


    債務者が支払いの提示をしたにもかかわらず、債権者が受け取らなかった場合の効果は弁済の提供からも解釈できます。

     

    弁済提供の効果としては、上記と同じ民法492条が適用されます。これによると債務者は弁済の提供をした時から、債務の不履行によって発生する一切の責任を免れることになります。

     

    また民法533条では同時履行の抗弁権の規定があり、この場合は相手方の同時履行の抗弁権を奪うこともできます。さらに契約の時に規定した、約定利息も発生しません。債権者の受領遅滞が認められると、債務者の弁済の提供がされたのと同じ効果が生じます。そのため、債務者はそれ以後履行遅滞の責任を負う必要はなくなります。

     

    このように口頭の提供が成立したのにも関わらず、債権者が債務者が提示したお金を受け取らない時は債権者遅滞の効果が発生します。これにより債務者は、それ以後発生する法的負担を免れることになります。

     

    この場合、債権者に支払いの提示をする必要がありますので注意してください。債権者が債務者の提示したお金を受け取らない場合、それ以後の法律行為ができなくなります。しかし、債務者は債権者遅滞以後の負担を負うことはありませんので、特に心配する必要はありません。

     

    弁済の提供、あるいは口頭の提供が成立したのにも関わらず、債権者がお金を受け取らない(現実の提供を不成立させた)場合、債務者は弁済の提供のときから、債務の不履行によって生ずべき一切の責任を免れます。(つまり、その後に遅延損害金等を請求してくるような理不尽があっても、それを免れることが出来る)

     

    自己破産

    債権者(お金を貸した人)の変な悪だくみは通用しないようになっているよ!借りた側にも、貸した側にも、きちんとした責任があるんだね!その責任の中でやり取りをすることが求められているんだ!だから逆に、もし借りていた人が理不尽な行動を取れば、今度はその人が法律から見放されるよ!

    ぴよぴよ(神っすね親分、法律ってのはまるで神っすね)!

    それは違うぞ!でも、なんか感覚的にはそんな感じだぞ!

     

     

    この章のまとめ
  • 債務者は弁済の提供をした時から、債務の不履行によって発生する一切の責任を免れる。
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    『金銭消費貸借契約』は口約束だけでも成立する?

     

    借金

    公正証書があれば破産者から強制執行できる?

     

    借金

    自己破産後の保証人の責任は?

     

    借金

    不動産は担保に入っていたら売却できない?

     

    借金

    任意整理で担保のついていない不動産も売却するべき?

     

    借金

    不動産の任意売却の注意点は?

     

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    自己破産

    借金

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP