借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

抵当権消滅請求(滌除(てきじょ))8つの法律

 

自己破産

抵当権消滅請求に関連する法律ってどんなものがあるの?

 

自己破産

8つほど挙げることが出来ます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

今回は抵当権における消滅請求に関連する8つの法律を簡潔にまとめたよ!抵当権のことについて疑問を抱いている人は、これを見れば法律の知識を自分のものにできるよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

借金

 

 

1)民法第379条『抵当権消滅請求』

抵当不動産の第三取得者は、第383条の定めるところにより抵当権消滅請求をすることができる

 

 

2)民法第380条『抵当権消滅請求をすることができない者』

主たる債務者、保証人およびこれらの者の承継人は、抵当権消滅請求をすることができない

 

 

3)民法第381条『同前』

抵当不動産の停止条件付第三取得者は、その停止条件の成否が未定である間は、抵当権消滅請求をすることができない

 

 

4)民法第382条『抵当権消滅請求の時間』

抵当不動産の第三取得者は、抵当権の実行としての競売による差し押さえの効力が発生する前に、抵当権消滅請求をしなければならない

 

 

5)民法第383条『抵当権消滅請求の手続』

抵当不動産の第三取得者は、抵当権消滅請求をするときには、登記をした各債権者に対し、次に掲げる書面を送付しなければならない

 

一、取得の原因および年月日、譲渡人および取得者の氏名および取得者の氏名および住所並びに抵当不動産の性質、所在および代価その他取得者の負担を記載した書面

 

二、抵当不動産に関する登記事項証明書(現に効力を有する登記事項のすべてを証明したものに限る)

 

三、債権者が二カ月以内に抵当権を実行して競売の申立をしないときは、抵当不動産の第三取得者が第一号に規定する代価または特に指定した金額を債権の順位に従って弁済し、または供託すべき旨を記載した書面

 

 

6)民法第384条『債権者のみなし承諾』

次に掲げる場合には、前条各号に掲げる書面の送付を受けた債権者は、抵当不動産の第三取得者が同条第三号に掲げる書面に記載されたところにより提供した同号の代価または金額を承諾したものとみなす。

 

一、その債権者が前号の申立を取り下げたとき

 

二、第一号の申立に基づく競売の手続きを取り消す旨の決定(民事執行法第188条において準用する同法第63条3項もしくは第68条の3第3項の規定または同法第183条第1項第5号の謄本が提出された場合における同上第2項の規定による決定を除く)が確定したとき

 

 

7)民法第385条『競売の申立の通知』

第383条各号に掲げる書面の送付を受けた債権者は、前条第1号の申立をするときは、同号の期間内に債務者および抵当不動産の譲渡人にその旨を通知しなければならない

 

 

8)民法第386条『抵当権消滅請求の効果』

登記をしたすべての債権者が抵当不動産の第三取得者の提供した代価または金額を承諾し、かつ、抵当不動産の第三取得者がその承諾を得た代価又は金額を払い渡し又は供託したときは、抵当権は、消滅する。

 

 

 

Check!!
  • 担保?物的担保?抵当権ってなに?保証と根保証と連帯保証の違いは?
  •  

    自己破産

    借金問題を取り扱う時は、『抵当権』や『競売』などのキーワードがよく出て来ることがあるからね!法律を押さえておくと、かなり優位な立場に立てるから、しっかりと把握しておこう!

    ぴよ(わかりやすいっす)!

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

    借金

    知らなきゃ損する!借金にまつわる10のお得な話!

     

    借金

    金銭消費貸借契約書に記載する5つの項目

     

    借金

    担保?物的担保?抵当権ってなに?保証と根保証と連帯保証の違いは?

     

    借金

    サービサー(債権回収業者)に残債務の10%ほど払えば借金はなくなる?

     

    借金

    グレーゾーン金利の過払い金請求!返還をスムーズに行う為に見る8の秘訣

     

    借金

    銀行・複数の金融機関からの借金を一本化するメリットとデメリット

     

    借金

    お金がない時に貸してくれるキャッシングを利用する時の返済計画

     

    借金

    借金の返済を行う時は、まずはシミュレーションで支払額を計算する

     

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP