借金のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

借金の返済

 

債務整理

 

個人の借金は情報機関に載る?完済まで気を抜けないし、完済しても…

借金

 

銀行系カードローンや消費者金融で借金をした事がある人なら、借入時に審査が行われています。この審査とはその人の属性と信用情報を確認する作業です。属性とは、あなたがどこで勤務していて、年収はどれぐらいか、扶養家族が何人いるのか?などのあなた自身の情報です。そして信用情報とは、日常生活の中ではあまり耳にしない言葉です。

 

>>詳細を見る

 

払いすぎた借金は取り戻せる!過払い金の請求方法と弁護士相談の必要性

借金

 

銀行系カードローンで年利5%、消費者金融だと年利18%前後の利息を借金返済時に支払わなければいけません。借金の利息は高すぎると思った事がある人は多いでしょう。しかし、利息が高い事を分かった上で、借金の借入を申込んだわけですから、借入金額+利息分を耳を揃えて返済する義務が債務者にはあります。ですが、もしかすると、その利息、払いすぎている可能性があります。

 

>>詳細を見る

 

抵当権消滅請求(滌除(てきじょ))8つの法律

借金

 

抵当権の消滅を請求する為に必要な8つの法律を確認し、法的スキルを身につけ、自分のものにましょう。

 

>>詳細を見る

 

知らなきゃ損する!借金にまつわる10のお得な話!

借金

 

お金の貸し借りは口約束だけでも成立する?借金は親子であれば身代わりしなければならない?知って得する借金にまつわる10のお話。

 

>>詳細を見る

 

  • 1:『金銭消費貸借契約』は口約束だけでも成立する?
  • 2:借金は親子であれば身代わりしなければならない?
  • 3:お金を返済する際にかかる交通費等の費用は誰が負担する?
  • 4:お金を返すときは必ず領収書をもらうことが必要
  • 5:口頭の提供が成立したのにも関わらず、債権者がお金を受け取らない場合は?
  • 6:公正証書があれば破産者に強制執行できる?
  • 7:自己破産後の保証人の責任は?
  • 8:不動産は担保に入っていたら売却できない?
  • 9:任意整理で担保のついていない不動産も売却するべき?
  • 10:不動産の任意売却の注意点は?
  •  

     

    金銭消費貸借契約書に記載する5つの項目

    借金

     

    お金の貸し借り全般のことを指す金銭消費貸借。そしてその際に使用する契約書が金銭消費貸借契約書。ここでは、その金銭消費貸借契約書に記載するべき5つの項目を紹介します。

     

    >>詳細を見る

     

    担保?物的担保?抵当権ってなに?保証と根保証と連帯保証の違いは?

    借金

     

    借金における、担保、物的担保、抵当権、あるいは、保証、根保証、連帯保証とはどういうものなのでしょうか。専門用語が多すぎてよくわからないという人もいるかもしれませんが、案外簡単にまとめるとわかりやすいものです。普通に『リンゴ』や『みかん』を覚えた感覚でその名称と内容を覚えればいいだけです。

     

    >>詳細を見る

     

    サービサー(債権回収業者)に残債務の10%ほど払えば借金はなくなる?

    借金

     

    債権回収業者が存在する理由は、貸付金の回収が滞ることが多い事実を裏打ちしています。つまり、お金を借りた人がお金をちゃんと返していれば、別にこれらの業者は生まれることはありませんでした。ここでは、そのサービサー(債権回収業者)についての情報を掲載しております。

     

    >>詳細を見る

     

    グレーゾーン金利の過払い金請求!返還をスムーズに行う為に見る8の秘訣

    借金

     

    グレーゾーン金利(20%~29.2%)の範囲内で金利を設定している場合は、法的には罰則されなくても、その金利分は『過払い金』として請求をすることが出来る。過払い金請求は必ず勝てる。過去の最高裁の判決で、みなし弁済規定は関係なく、過払い金の請求が認められた。これで貸金業者は過払い金請求を起こされた場合、必ず払わなければならないようになった。

     

    >>詳細を見る

     

    銀行・複数の金融機関からの借金を一本化するメリットとデメリット

    借金

     

    複数の金融機関から借金を借りているなど、債務が多い人の中には支払いに悩んでいる人もいるでしょう。

     

    >>詳細を見る

     

    お金がない時に貸してくれるキャッシングを利用する時の返済計画

    借金

     

    お金がない時に貸してくれるキャッシングは、とても便利ですので利用する方も多いのではないでしょうか。しかし便利であるがゆえに、使い過ぎることもあります。

     

    >>詳細を見る

     

    借金の返済を行う時は、まずはシミュレーションで支払額を計算する

    借金

     

    複数の金融機関から、キャッシングをしている方も多いのではないでしょうか。キャッシングはとても便利ですので、つい計画なしに使ってしまう人もいるようです。

     

    >>詳細を見る

     

    住宅ローン、クレジットカードにおけるボーナス払いの借金の返済

    借金

     

    住宅を購入する時、多くの人たちが利用するのが住宅ローンではないでしょうか。資金に余裕があれば一括返済も可能できますが、住宅の価格自体が高いこともあり、なかなか困難といえます。

     

    >>詳細を見る

     

    借金によって裁判所から給与差し押さえ通知が届いた時の対処法

    借金

     

    クレジットカードがあれば、すぐに必要な額の融資をしてもらえます。また即日融資に対応したキャッシング会社であれば、申請した当日にお金を融資してもらうこともできます。

     

    >>詳細を見る

     

    親や身内の借金の支払い義務はあるか?保証人や相続のケースとは

    借金

     

    親、子供、兄弟、また親戚などの身内が借金を背負っている場合、自分に支払い義務があるのか悩む人も多いのではないでしょうか。

     

    >>詳細を見る

     

    金融機関からの借金が返済不能になった場合、そのままにしておくとどうなる

    借金

     

    複数の金融機関からお金を借り、返済不能になった場合、そのままにしておくとどうなるのでしょうか?滞納の通知書、支払請求書、借金支払の督促状、家庭や会社への電話、直接の取り立てなど、様々なことが考えられます。

     

    >>詳細を見る

     

    連帯保証人が死亡した場合、または死亡した人の連帯保証人になっていた場合のお金の問題は?

    借金

     

    カードローンやクレジットカードを使い過ぎて、返済不能に陥る人も少なくありません。そのためカードを利用する時は、返済計画をしっかり立てておくことが大切です。

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理を申し出た時の借入先の対応とは?

    任意整理

     

    任意整理とは例えば、A社:(低利)、B社:(低利)、C社:(低利)、D社:(高利)、とあった場合に、高金利のD社だけを整理して、全体的な支払いが楽になるようにする債務整理のことです。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理後に一括返済の請求をされたらどう対応すればいい?

    任意整理

     

    任意整理後に一括返済の請求をされたら、どのように対応すればいいのでしょうか。それは、単純に、お金がある→応じる、お金がない→応じない、ということになりますね。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理の途中で一括返済する理由とは

    任意整理

     

    債権者にしてみると一括返済の方が安心だし都合がいいので、最初に一括返済を選ぶと負債額を1〜3割程度減額してくれることがあります。しかし後者の場合は注意が必要です。必ず弁護士に相談してから一括返済をしましょう。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理の返済期間を設定するときは条件を守る必要がある

    任意整理

     

    任意整理というのは大体3~5年で分割して返済していく債務整理です。36~60ヵ月ですね。そして、利息をカットしてもらうことになります。その利息というのは、経過利息、将来利息、損害遅延金(延滞利息)、の3つですね。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理の支払いは領収証が発行される?

    任意整理

     

    任意整理をして分割払いにしてもらう約束をすれば、その後その支払いをしていきます。その際、支払う方法は様々です。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理の返済計画作成ポイント

    任意整理

     

    任意整理を成立させるためには、和解案を作成する必要があります。その和解案を債権者に提出し、合意してもらえれば任意整理は成立するということです。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理の分割返済は何回まで可能?

    任意整理

     

    任意整理の分割返済は何回まで可能?原則は36回です。最大なら今まで、7年(84回払い)という分割払いが認められたことがあります。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理の返済期間中に新規借入はできる?

    任意整理

     

    任意整理の返済期間中に、新しく借り入れは出来ます。しかししない方がいいですし、しないことを原則として考えるべきですね。まず、任意整理をする際にたくさん考えたはずですからね。

     

     

    >>詳細を見る

     

    任意整理の返済が困難になった!支払えないと無効になります…

    任意整理

     

    任意整理で利息カットと分割払いの約束をして和解をしたのに、その和解案通りに支払いができなくなると、任意整理は無効になります。無効になると、せっかく任意整理によって定めたことがすべて無駄になります。

     

     

    >>詳細を見る

     

    個人再生の平均返済期間と最長弁済期間はどれくらい?

    民事再生

     

    個人再生の返済期間は3年が原則です。そして特例として、2年の延長が認められ、5年が最長弁済期間ということになります。

     

     

    >>詳細を見る

     

    個人再生後に支払い期間を延長したり再生計画を変更することはできる?

    民事再生

     

    もし、再生計画の認可決定後に、やむを得ない理由でその再生計画通りに返済が出来そうもないと判断された場合は、その旨を裁判所に申し立てることで再生計画の変更が可能です。

     

     

    >>詳細を見る

     

    個人再生手続きの後にお金ができたら一括返済や繰り上げ返済はできる?

    民事再生

     

    個人再生で手続きを進めるとなると、往々にして3年で返済していく形になるわけですが、では、もし途中で『お金が用意出来た』として、一括返済や繰り上げ返済をすることはできるのでしょうか。

     

     

    >>詳細を見る

     

    特定調停の注意点とは?『払い過ぎを戻してもらう場ではない』

    特定調停

     

    特定調停は手続きと調停本番とを含めて、簡易裁判所に計3、4回は足を運ぶ必要があり、債権者の合意を得られないと調停が不成立となるので、手間と負担がかかります。

     

     

    >>詳細を見る

     

    借金が減らないのには理由がある!計算できない人は返済方式を複雑化するな!

    債務整理

     

    借金をしてそれを返済しているつもりなのにいつまで経っても借金が減らない理由は、単純に『計算ができないから』です。それで終わりです。計算ができる人はそういうことにはなりません。まずはその決定的な事実を真正面から受け入れましょう。

     

     

    >>詳細を見る

     

    友人から借金返済を迫られて困る?借用書(契約書)を作成しておこう!

    債務整理

     

    友人との間でお金を貸し借りすることがありますね。やはり友人の場合は、金融業者よりも圧倒的にハードルが低く、それまで積み上げてきた信頼があるため、口約束で簡単にお金の貸し借りが行われやすいんですね。

     

     

    >>詳細を見る

     

    借金が返済できない?カードローンが払えない?そんな時は…

    債務整理

     

    借金が返済できない!カードローンが払えない!そんな時は様々な選択肢があります。一本化する、家族や知人に借りる、支払い方法を変える、債務整理をする、任意売却をする、一つ一つ考えて最適な選択肢を選びましょう。

     

     

    >>詳細を見る

     

    借金返済の計画を立て、時には完済不能だと判断することも大事。

    債務整理

     

    借金の返済計画を立てる場合は、時に完済不能であると判断することも大切なことです。そもそも、それは借りる前にしておかなければならないことでした。

     

     

    >>詳細を見る

     

    債務整理なら多重債務の問題を解決できる?一本化がいい?それぞれの特徴とは

    債務整理

     

    多重債務に陥っている場合、そこにいる債務者は『多重債務者』ということになります。多重債務者になると自転車操業になりやすくなり、そうすると一気に返済が困難となり、パンクする可能性が高くなります。

     

     

    >>詳細を見る

     

    債務整理すると借金を返さなくてもいい?減額されるだけ?

    債務整理

     

    債務整理によって違います。借金を返さないで済むのは過払い請求と自己破産だけです。過払い請求はむしろ『払いすぎた利息』を返してもらいますので、これだけは行ってもブラックリストに載りません。

     

     

    >>詳細を見る

     

    借金の返済相談をする前に家計収支表をまとめよう!実はとても重要!

    債務整理

     

    家計収支表をまとめることは、多くのメリットがあるんですね。『家計収支表』は家計簿のようなものです。家族全員の収入と支出を記載したものですね。自分のものだけではないことがポイントです。

     

     

    >>詳細を見る

     

     

    消費者金融の過払い金問題とは?仕組みと請求方法をわかりやすく!

    テレビCMや法律事務所の案内で過払い金問題について周知されるようになってきました。過払い金とは、一口に言えば「払い過ぎた利息」のことを指しますが、過払い金について詳しく説明出来る人はどれくらいいるのでしょうか?

     

     

    スポンサーリンク

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP